チャリ乗り文造の備忘録

~ロードとフォールディングとベガルタと~

HIROSHIMA

2017年05月18日 14時35分12秒 | 四方山話
昨日から出張で広島に来ています。
広島・・・・・しまなみ海道始めチャリ旅では度々訪れてます。
しかし、齢56歳、日本人として恥ずかしい事なのですが、原子爆弾関連の施設に足を踏み入れた事は有りませんでした。
小・中学生当時、もう45年くらい前なので、日教組がバリバリ強かった時代なんですが、修学旅行とかに組み込まれる事は無かったですね。

出張中、少々時間が有ったので立ち寄ってみました。
もう、説明不要ですね。






昼からも時間を作り”平和祈念資料館”へ。

館内はフラッシュを焚かなければ写真撮影OKだそうです。
が、写真撮影する気にはなれませんね。
ココは東館だそうで、4月27日にリニューアルされたそうです。
コレだけは撮影。

ニュースでやってるのを見た記憶が有ります。
CG?プロジェクションマップ?で再現された、広島の街並みや原爆投下シーン。



午前中の原爆ドームの時から涙腺が緩んでました。
午後の平和祈念資料館では、もっと詳しく見ないとダメなんでしょうが・・・・
命を奪われた子供達の持ち物、服とか見てると
遂に涙腺崩壊。

写真でも判る通り、修学旅行の小・中学生が沢山来館してました。
この子達が大人になっても平和の大切さを感じていて欲しいですね。


私見ですが・・・・・



でもね、だからと言って、既に法制化された平和安全法制や国家機密法、今国会で審議入りするテロ等準備罪に反対って訳ではないんです。
今の、そしてこれからの日本、丸裸って訳にはいかない訳で。
できる限りの危機管理は必要な訳で。
昨日、精神保健福祉法が成立しました。
コレ、あの相模原の無差別殺人を機に成立した法。
何か有ってからでは遅い。
あの時、やってれば・・・・は、我々には良く有る話。
でも、国家間の紛争やテロに関して、あの時やってれば、は決して許されない話。

でも、まあ、私が、今日広島で出会った子供達のの年齢の時には考えられない位、嫌な世の中になってしまいましたね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出張で・・・・・ | トップ | 今日2食目の広島焼き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む