今日のブログ 明日のグラブロ
前回のブラウブロ!
 



凄ぇ。

この神キャスティングアニメは遂に林原めぐみ閣下
まで引っ張り出しやがった。

・・いや、正直今の林原にどれだけの価値
(って言い方もナニだけど)があるのかは
わからんけど、この人がTVシリーズのゲストキャラを
演るというのは年に一度あるか無いか、いやオレの記憶の
限りでは2003年版アトムの宇宙人が最後だから年一どころじゃ
ない位のレアケースであると言うコト、そして全盛期の
林原を知り、ものの見事にすっ転んでいた身としては
コレほどの衝撃は無いっすよ。

つーか、何者なんだろうねえ?森さんも予告で言っていたよーに
植木の関係者であるコトは明白なんだけど。
姉にしては年齢が離れすぎているし母親ならば植木姓なのは
おかしい(まあ、千葉繁の親父が婿入りした可能性も・・って
それじゃ碇ユイだよ(汗))し・・・まあ、次回のお楽しみ、と。

で、話は前後するけど過去編のきっかけになった神様の
思惑に関しては予想の範囲内ですな。いくらなんでも神様が
そこまで知らないワケはないし。
作品としての構成上アノンとの対決を先送りにしたいと言う
目的の理由付けとしては珍しく(苦笑)自然ではなかったかと。


そして更に話は前後しまくって(苦笑)バロウ戦の決着。
バロウの過去にしろレベル2を活用した頭脳的決着のつけ方に
しろ本作のこれまでのバトルのパターンを踏襲しており、
また実質的なクライマックスは前回でありソレが盛り上がり
すぎた所為もあってか特筆すべきトコロはなかったものの
作画は良かったし堅実に纏まってはいたな、と。
後、バロウの母親は雪野の兼ね役だった、とメモしとく。


つーか、次回休みかよ。あれか?わっわっわ~輪が五つ~♪
のアレなのか?ちいっ。

この記事は

にトラックバックしてます。

[検索用]うえきの法則

コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )



« 今日の「能登... 今日の「Canva... »
 
コメント
 
 
 
わたしてきには ()
2006-02-08 21:32:30
植木母だと思っています。

実言うと、原作でもはっきりしていなかったし。

植木父の妹、とかよりは婿養子のほうがいいな。

というか、アニメは春子さん、写真でてましたよね。

本物と偽物の法則で。
 
 
 
>本物と偽物の法則 (ともえ)
2006-02-09 00:47:36
見直しました。写真出てました。

「ハルコさん」言ってました。



妹だったら「さん」付けは不自然だし、

状況的には母親と考えるのが妥当でしょうかね。

まあ、あえて濁したまま終わる、と言うのも有りだとは

思いますが。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
うえきの法則 第45話 「過去からの攻撃の法則」 ( はちみつ水。)
今日って 佐野の お誕生日らしいよ! おめでとー:*.;\".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.\";.*: そんなこんなで、感想は書いてないけど、毎週ばっちり録画しとりますうえき!てか最近すげくね?こないだ子安と石田さんと保志さんとが共演した時は泣いたね。し
 
 
 
第45話「過去からの攻撃の法則」 (*peridot)
 第23話「植木VS十団の法則」以来の、絵コンテ・演出・作画監督の布陣。  前半のバロウ戦のアクションもさることながら、バロウの回想シーンの演出、ラスト近く春子さん登場時の軽快