オランダ風車は転法輪

オランダでの生活日記

蘭国遊学記

2017-06-22 08:06:58 | 雑記
僧ということについて、または出家ということについて

まず戒、定、慧この三つが揃って行われることが仏道であることは間違いないであろう。とくに釈迦なき現在に於いては定と慧がより重視されてしかるべきと思うし、この二つを行うためには自ずから戒が守られてくるはずである。なによりも仏教に於ける戒は絶対守るべきものと言うことではないと思う。修行すればするほど自己の弱さもろさがわかってくるわけで自ずと戒の大切さと守らなければならないことが自然にわかってくるものであろう。慧と定を深めていけば戒抜きには行ずることは出来ず慧と定抜きには戒の理解を深めることはできない。そしてこの三つがお互いそれぞれに相互に補完しながら行持てゆくことこそ修行であって戒は慧、慧は戒、定は慧、慧は定、定は戒であって戒は定となるのであって慧戒定で戒慧定、定戒慧となり転轉して行持続けることが仏道、仏の行といわねばならない。これは最終的には出家することを意味するだろうし、出家して行持なければ十二時中行持続けることは在家にあっては非常に難しいことだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘭国遊学記 | トップ | 蘭国遊学記 »

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。