おとんの独り言

「おとんとおかんのタンデム放浪記」「otonn.com」

6日は松山観光・・・そして我家の今年のお正月が終了

2017年01月08日 14時56分08秒 | 2017年お出掛け
6日、お城が大好きな息子と松山城見学に行って来ました。

娘は仕事なのでおかんと三人での観光です。



2008年5月3日のタンデムツーで来た時は反対側から遊歩道を大汗かきながら登ったのですが

今回は楽チン、ロープウェイで登ります。







登って行くと立派な城郭が見えて来て期待感が膨らみますなぁ~











四国内では一番立派な城郭です。



晴れ男!











現存12天守の一つ





さぁ~お城に入りますか!









城下を見下ろし













松山城のお勉強中








重い?  軽い?













毎度の急な階段を喜ぶおかん・・・

立派なお城でしたね。





帰りはリフトに乗ってみます。



久し振りの観光でしたが楽しめました。



次は「坂の上の雲ミュージアム」な







息子は建築家・安藤忠雄の大ファンです。





建物の設計は安藤忠雄氏

展示内容は司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」



明治の時代を生き抜いたこの三人の物語・・・





昭和40年代に産経新聞に掲載されてたようです。

おとんはNHKのドラマで観たけどな・・・





特徴的な「空中階段」







次は隣の重要文化財「萬翠荘」

















注意書き
「椅子が壊れるので長時間座らないでください」って








幸せなカップルがおりましたよ!

羨ましいなぁ~





次は坊っちゃん列車が走ってたので道後温泉へGO!





国指定重要文化財「道後温泉本館」


屋根が銅板葺きの建物は皇室専用の温泉!

平民はこっちからな・・・


三階個室は満室だったので二階席「霊の湯」にします。



「神の湯」は何度か入った事が有りますが「霊の湯」は初めてです。

おかんはこちら・・・
「霊の湯」と「神の湯」の両方を楽しんでまったり過ごします。


風呂上りは浴衣で休憩な

お茶と煎餅付き


入浴後はガイド付きで館内を見学出来、撮影禁止でしたが皇室専用のお風呂を見る事が出来ました。


三階の「坊ちゃんの間」は撮影OK!



夜の雰囲気もええねぇ~

松山観光を楽しんだら高速バビュ~ンと帰宅


7日

興味が有ると直ぐに立ち上がるネギ!

可愛い!



息子が東京に戻る為マロとネギをケースに入れますがマロは滅茶嫌がったそうな・・・
おかんと息子の二人で何とか押し込んだそうです。
(おとんと娘は出勤しておりません)

ネギは素直に入ったとの事。


猫は手荷物扱い



帰って行きました。
今度マロとネギに会えるのは一年後かぁ~
息子は今年、北海道にバイクツーを予定してる様ですが都合が付けば9月の馬路村キャンプツーにも
参加したいとの事。
都合を付けてね!

例年だと娘も大阪で働いてたので正月を過ぎるとおかんと二人だけの寂しい生活になってたのに
今年からは娘が家に戻ったので一気に寂しくなる事は無いのですが二匹の猫がいなくなると
やっぱり何か物足りないぞ!

以上で我家の今年の正月は終了
まだ赤いの(F700GS)も黒いの(N MAX)乗って無いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マロ(スコティシュホールド... | トップ | 初走り! F700GSは荘... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(^^) (良さん)
2017-01-08 17:38:16
ネギがミーアキャットに見えます(^^)
坂の上の雲、NHKの全編録画してDVDに
しましたがいつ観るのか?
ロシア人のアリアズナが好き(^^)
Unknown (ヒロキチ)
2017-01-08 17:39:05
嵐が去った静けさになりましたか!

松山も知らない所ばかりや~
実はあのお風呂も入ってないのです。
近くの共同浴場には入ったけどね。
良さんへ (おとん)
2017-01-08 17:50:07
そうそう!そう見えますね。
それはもうすくっと立って可愛いです。
坂の上の雲は録画して無かったなぁ~
ええ作品でした。
ヒロキチさんへ (おとん)
2017-01-08 17:53:07
静かですが寂しいね!
松山は色々見所も在り楽しいですよ。
道後温泉本館は耐震改修工事を控えて得るので
楽しむなら今のうちです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL