おとんの独り言

「おとんとおかんのタンデム放浪記」「otonn.com」

おかんとタンデムで中津渓谷へ

2017年10月09日 21時27分00秒 | 2017年ツーリング
おかんは中津渓谷に行った事が無いので10月8日にタンデムでお出掛けです。
一年中で一番バイクツーが気持ちの良い時期に走らないとね!

最高のツー日和です。


国道32号沿いの大歩危峡ではラフティングの世界大会決勝が開催されております。


沿道にはおとんが見た事もない人数の外国人で溢れております。
我が郷土の吉野川に若者が集まってくれるのはとても嬉しいですよ!


今日はバイクツーも多いね!
「こんな日に走らないと何時走るの?」って・・・


何時もの道の駅「土佐さめうら」で初回休憩な


ど新車のカワサキ乗りから話しかけられ暫しバイク談義
カワサキもええバイクを国内販売したなぁ~
日本市場は見捨てて海外だけを相手に商売してたのかと思ってましたがニンジャ650など
逆車でしか買えなかったのを国内販売してくれて嬉しいな
ニンジャ650はおとんでも乗れそうなので一寸気になります。


与作を快走して夢の森温泉到着


四輪で駐車場は一杯でしたがバイクは何とか駐輪出来ました。


中津渓谷入口の売店で腹ごしらえ・・・


おとんは月見うどん
普通に美味しかったです。


おかんが注文したのは「焼きそば」
何とインスタント焼きそばでした!
「ここでインスタント焼きそばが出てくるなんて!」って怒ってましたが気が弱いので
文句は言わずに完食!
一寸気の毒なおかんでした。


おとんは今日で3回目なのですがのんびり散策するには気持ちの良い場所なので
おかんにも喜んでもらおうと連れて来ました。

















毎度ながら綺麗です。
まぁ~過去のツーレポと同じ様な写真ばかりですが・・・


紅葉の時は凄いだろうなぁ~


おかんも喜んでます。


























今回も満足出来ました。


大好きな四国の山奥ルート


気持ち良く走れます。


元気な若者達!


道の駅「633美の里」で休憩

ここで大岡さんの息子さんと遭遇

お友達2人と3台でグルメツーに行ってたとの事
皆さん、個性あるバイクですね!


おかんが「凄い!」って言って写真を写してました。
「若い」ってええなぁ~
もう、おとんもおかんもこんな強烈なメットを被って走れんぞ!


秋の気配を感じながらの気持ちの良いツーを満喫


帰りの大歩危峡ウエスト・ウエストではラフティング世界大会の閉会式中


世の中は連休らしいのでキャンプ用品満載のライダーも多く見かけ羨ましく思うおとん・・・
でも240kmの気持ちの良い日帰りタンデムツーを楽しみました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャンツーの打ち合わせ | トップ | 息子のツーレポ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒロキチ)
2017-10-10 06:35:19
走るには今しかないくらい良い天気だったですね。
私は三連休を野宿さんと同様九州入りを予定してたのに風邪
バカなのに風邪ひいちゃったわ(^^;
今は咳がでるので、辛い😢🌊です。

中津渓谷は私も散策していないので興味津々
入口をバイクで通過するときにも景色良さそうだよね。
また天空の道とキャンプセットで歩きたいと思います🎵
ヒロキチさんへ (おとん)
2017-10-10 06:46:06
今の時期の風邪は辛いですね。
早く治る事を願ってます!
それにしてもnojyukuさんの元気な事!
見習いたいです。

温泉もセットに加えて楽しんでください!
景色は最高ですよ。
こんにちは。 (クロモジ)
2017-10-14 18:52:32
こんばんは。 初めまして。

同じ四国内と言うのと、同じく身長に恵まれていないって事で
なんか親近感を覚えてお邪魔しました。

中津渓谷の景観は良いですよね。
雨の後なのか、水が濁っているのが残念ですが。
家族でのツーリングは羨ましい限りです。(*^^*)

体格が恵まれていたら・・・・。
乗って見たいバイクって有りますよね~?
クロモジさんへ (おとん)
2017-10-14 19:41:37
初コメントに感謝です。
クロモジさんのブログを少し拝見して同じ四国内を楽しみながら走り回ってるお仲間と感じました。
「四国は四季を通じてバイク天国ですよ!」って自慢したいですね。

身長153cmのドチビなおっさんがタンデムでヨタヨタ走ってるのを見かけたら是非声を掛けてくださいね!

コメントを投稿

2017年ツーリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL