What did you do today? Did you study English? I did it.

I study English using free contents on the website.

近くにあったメタセコイア

2016-12-07 13:29:05 | ウォーキング

先日テレビで、100万前に絶滅したと思われていたメタセコイアという木を各地で見ることができるというのを紹介していました。
関西では大阪市立大学付属植物園に植えられているそうです。
一度見に行きたいと思っていたところでした。

75年前に三木茂博士は木の葉っぱの化石を見つけられました。
最初セコイアという種類と考えられていましたが、実は新種でメタセコイア(和名 アケボノスギ)と命名されたそうです。
その5年後、中国の四川省で原生していることがわかり、日本に100本の苗木が持ち込まれたそうです。
その木がいま全国にあちらこちらに植えられて、保存会の方の普及活動にもよっても増えて広まっているそうです。

今日たまたま通りかかった公園でテレビで見たあの木ではないかと思われる木を見たのです。
ネットで調べると当たっていました。
こんな身近にあったとはびっくりです。
以前から大きな木だなあとは思っては見ていたのです。
天神祭りの花火を見るのに、ちょっとあの木がちょっと邪魔だなとか・・・

もうこれからは成長と四季の織り成す変化を楽しみます。
いまとてもきれいに紅葉しています。
生きた化石と言われるこのメタセコイアはJR桜ノ宮駅の近くにあります。
近くの源八橋から眺めると木の大きさ・高さが際立っているのですぐわかります。
葉っぱが対象についています。


追記
買い物の帰り、ふと大きな木を見上げて、
「ひょっとしてこれメタセコイア?」
なんて思いながら樹木名表示に目をやるとピンポン!
またまた見つかりました。
こちらは都島橋の交差点近くです。
あなたの身近にも植わっているかもしれません。

夫に昨夜、
「メタセコイアっていう木、知ってる?」と聞くと、
どこで見たか忘れたけれど見たことあるよとと言うではないですか・・・
植物に関心の薄い夫にも名前を記憶に留めているくらい印象を与えているのかとびっくりぽんでした。

追記その2
今日12月18日、鶴見緑地公園に行くと「メタセコイアの並木道」がありました。
何度も来ていたけれどしげしげと見たのは初めてでした。
うず高く積まれた落ち葉に子供が寝っ転がって遊んでいました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜中に目が覚めて | トップ | 水いぼ治療その後2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウォーキング」カテゴリの最新記事