東村山ボランティアセンター 災害関連情報

災害支援ボランティア情報など、災害に関連した情報を随時お知らせいたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成28年熊本地震災害義援金 募集

2016年04月22日 | 情報
熊本地震により被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

東村山市社会福祉協議会の窓口にて、義援金募集を行っております。

4月16日(土)の社協大会で募集しました義援金は、53,165円となりました。

今後も事務所窓口および行事において、義援金を募集いたしますので、ご協力をよろしくお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加

常総市災害支援ボランティアバスツアー報告 第3弾

2015年12月28日 | 支援活動報告

皆さまあけましておめでとうございます
今年も、東村山ボランティアセンターの災害ブログを
どうぞよろしくお願いいたします

今年も、ボランティアと共に、
いわき市を中心とした支援を続けていきます。

今回は、茨城県常総市の支援活動レポート、
第3弾をお届けします!

↓↓

久しぶりの災害支援(復興作業)ボランティアに参加しました。

スタボラ会は災害発生時の
「東村山市災害ボランティアセンター」の
スタッフを支援するボランティア団体です。
ツァーの話を聞き「常総市災害支援ボランティアセンター」
を見学する軽い気持ちで申込みました。

鬼怒川の堤防決壊から1ヶ月半強で、
家屋をなくした人々以外は、
全てが通常の生活と勝手に思っていました。
一見した町並みからは「水害の被害地」とは感じられませんが、
作業し周囲を見て、個人の直接被害についてのある程度の復興は
出来ていても、家屋の修理や公共的な場所の汚泥等は
まだまだと感じました。
災害以降の諸々の支援活動等で現状に回復したが、
まだ支援活動の必要性を強く感じました。

私たちがもし支援活動を受けた時には、
注意したいと思うことがありました。
支援のボランティアに、体験した
「被害の状況」「こんな苦労した」「うれしかったこと」
等々伝えたら、今後の具体的な支援と
災害に対する準備の参考になるのではないか、
と思いました。

また、福島にも行きましたが「ボランティアの人々」への対応、
特に感謝の気持ちの伝え方で支援のボランティアは
支援意欲が違うと(感じたのは小生ばかりではなかったようだが)
強く考えさせられました。



被害が発生した際の支援活動について、ツァー企画のPRを含めた
全活動について改めて検討を関係者で行い、万全な対応を確立したいものです。

(災害スタボラ会 橋本研二)





この記事をはてなブックマークに追加

常総市災害支援ボランティアバスツアー報告 第2弾

2015年12月21日 | 支援活動報告

11月6日(金)、
ボランティアと職員で、
茨城県常総市の支援に行ってきました。

前回のレポートはご覧いただけたでしょうか。

今回は、レポート第2弾です!

↓↓


お城の手前に石下サテライトボランティアセンターがあります。
看板はボランティアによる手作りです。



お城の横の大きな広場には、
災害で出た大型ごみが山積みにされています。

ボランティアの名札を、どこの誰かが分かるように
「ひらがな」で名前を書いて、良く見えるところに貼ります。
確か東村山市社協で災害ボランティア立ち上げ訓練をした時には、
ガムテープに名前を書いて貼っただけのものでした。
ちゃんと「常総市」と名札に入っているので、わかりやすく見やすいと感じました。

ボランティアをする現地近くのサテライトで、
高圧洗浄で道路を清掃する班(力作業のはずだった?)と
土嚢詰め(女性でもできる軽作業のはずだった?)の班に分かれました。

用水路に溜まった泥は、粘土質でとても重たかったです。
それを土嚢に詰めて道路脇に並べました。


それこそ作業着を泥だらけにしての「溝さらい」でしたが、
用水路にどじょうやザリガニがいて癒されました。

いいお天気に恵まれ、汗をかきかきの土嚢詰め作業は、
結構足腰にきます。
しかし、用水路に水が流れるようになって誰からともなく
「やったね!」の声があがりました。

我々ができたのは少しの距離でしたが、
前に来られたボランティアの方々が並べた土嚢が
ずっと続いています。



災害支援ボランティアの「継続の大切さ」を感じました。

(災害スタボラ会 奥谷浩一)



この記事をはてなブックマークに追加

常総市災害支援ボランティアバスツアー報告 第1弾

2015年12月03日 | 支援活動報告

9月に発生した台風18号は、
茨城県を中心として大きな被害をもたらしました。

社会福祉協議会では、11月6日(金)に、
ボランティアと職員総勢22名で、
茨城県常総市の支援に行ってきました。

道路の泥かき班と、
通学路の清掃班に分かれて活動。

常総市の状況や活動の様子について、
参加者からのレポートをお届けします。
今回は、レポート第1弾です!

↓↓

今回、初めて社協主催のボランティアに
参加する機会をいただきました。
ご準備いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました!

ふだん、近隣でお会いしている方々と
力を合わせて作業するという経験は
とても新鮮で、地域の底力を感じました。

これからも積極的にボランティアに
参加していきたいですし、
この充実感を一人でも多くの方に
お伝えしてまいります。

(秋津町 渡辺さん)



作業中の一コマ

この記事をはてなブックマークに追加

常総市災害支援ボランティアバスツアーのお知らせ

2015年10月24日 | 災害ボランティア情報
平日のボランティア数が少ないということなので、企画しました。
ご参加お待ちしております。

日 時 11月6日(金)7:00~18:00
   ※7:00集合 東村山市社会福祉協議会 駐車場(東村山市野口町1-25-15)

行 先 茨城県常総市災害ボランティアセンター(常総市水海道天満町2472)

内 容 被災家屋のがれき撤去、泥のかき出し、清掃など
    常総市災害ボランティアセンター到着後、いくつかのグループに分か
れて活動します。

持ち物 各自で準備してください
    ・防塵マスク、ヘルメット(帽子)、軍手、ゴム手袋、雨合羽、長靴
    ・昼食、飲料水

参加費 2,000円(参加人数により多少の変更が生じる場合があります)
    ※ボランティア保険に未加入の方は、必ず出発前日までに加入して下さい。(自己負担)

募 集 18歳以上 30名(先着順・10月31日締切)

その他 雨天中止

申込み 東村山ボランティアセンター TEL 042-396-1533
    氏名、生年月日、住所、電話番号が必要です。

この記事をはてなブックマークに追加