万歩径

一万歩

 「新庄ぎおん祭り」夜見世

2017-07-14 09:32:15 | 日記

田辺市無形民俗文化財

「新庄(名喜里)ぎおん祭り」

 

江戸時代中期(1700年代)ころから

御霊や疫神のたたりを避けるために始められた

新庄祇園社の祭り

現在は合祀され大潟神社の祭りとなっています

 

 

 

毎年 7月14日に行われる「ぎおん祭り」の宵宮13日夜に

神社に向かう沿道の軒先や玄関先に

季節の野菜(ナス、カボチャ、キュウリ、ニンジンなど)、

草花など身近な素材で作った動物や人形などを飾った

「夜見世」で観覧者を楽しませています

 

<軒先 玄関先の夜見世>

 

 

 

<町角の展示コーナー>

 

 

 

<子供たちの作品>

幼稚園、小学校、子供会、中学校単位の作品がいっぱい!

 

 

<町の賑わい>

普段は人気も少ない通りなのに

今夜は浴衣姿の子供、家族で溢れかえっています

 

 

 

この地の人たちは毎年宵宮に向けて早くから構想を練り、

当日、その出来栄えの意見交換をするそうです

 

都会人が忘れ去った年中行事

無形民俗文化財として

いつまでも残してもらいたいものです

 

当地の次の祭りは7月24日25日の

世界遺産 闘鶏神社の「田辺祭り」です

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田辺銀座七夕まつり | トップ | 上富田 大賀ハス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。