サロン・風変わりな人材開発の宴 

人の育成について、色々な視点から書いていきます。これは、体験記であると同時に、次の人材開発施策に対するトライアルです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

造語「ボッチハラ」 人をひとりにしてはいけない。

2017年04月06日 06時17分11秒 | コミュニケーション
パワハラ、セクハラ。マタハラ。色々な嫌がらせがあります。
これ私が作った造語です。「ボッチハラ」。???

なんのことかわかりますか? 要するに、一人にして、だれも声をかけないようにしてしまうこと。
本人に非があるとは思います。

そうでない場合、つまり本人に非がないと言えるような場合、この組織に属する人たち、そしてこの組織の長は無能と言い切って間違いないです。

たいした組織成果を挙げるとは言い難い。

こんな組織はけっこうございます。残念ながら。。。

コミュニケーション? コーチング?
申しわけないですが、関係ないですよ。
人間そのものが冷たいのだから。

残業時間の支払いの有無も大事ですが、関係者の存在が見えていない組織、仲間の存在が見えていない組織は、いずれ衰退していきます。これ、本当にそうなんですよ。
















ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「心の修業」はできるでしょうか | トップ | 仮説 教育に真剣な会社は、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コミュニケーション」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。