サロン・風変わりな人材開発の宴 

人の育成について、色々な視点から書いていきます。これは、体験記であると同時に、次の人材開発施策に対するトライアルです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

退職した人に「ご苦労様でした」は、人によってはムカつく言葉

2017年05月20日 20時01分40秒 | コミュニケーション
退職した人に、よく使う言葉。例えば、「長い間、社業ご貢献され、。ご苦労様でした(またはお疲れさまでした)がございますね。

これ、退職した人のキャラクターや、会社に対する思いによっては、非常に不愉快な言葉に聞こえるそうです。

この場合、まず最初は「どうもありがとうございます」から入りるとよいと聞いたことがございます。むろん、いきなり「どうもありがとうございました」は変ですよね。ですから、
「今回、ご退職とお伺いいたしました。〇〇さんがご退職と聞いて、真っ先に浮かんだことは、、、、」と過去のご指導、お世話になったことを挙げると、相手の方は嬉しいそうです。

そういうのもなく、誰でも書ける「ご苦労様」文章は、退職された人からは、「ありきたりなこと書いてさ。儀礼じゃないか」程度しか思わない人も。

会社を去っていくということは一大決心なのですから、感謝の気持ちから入るとよいですね。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人手不足? 実際は若手不足が... | トップ | 本当にその人は人材だったのか »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コミュニケーション」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。