サロン・風変わりな人材開発の宴 

人の育成について、色々な視点から書いていきます。これは、体験記であると同時に、次の人材開発施策に対するトライアルです。

「ラインと上司のどちらが大事だ? 君たちは」と問われたら、回答は?

2017年04月20日 18時00分24秒 | 人事部門
突然、経営者たちが怒りだした。「ラインと上司のどちらが大事だ? 君たちは」と言われた管理間接部門はないでしょうか。

この同じ質問をラインに「顧客と上司でどちらが大事だ」と聞くと、「そりゃ、顧客でしょう」と、いとも簡単に答えが返ってくる。勇ましいというか、望ましいです。むろん、それが「お客の言いなり」でなければ。

管理間接部門は、だいたい心の中で「上司」を選ぶ。そのくせ、上司を尊敬しているわけではない。ただのサラリーマン・サラリーウーマン。そんな管理間接部門の人たちの市場価値は低い。一部の専門家を除けば。

一生懸命やっている価値観の前提にあるものは、「上司の判断」なんでしょうか。

たしかに、盲従する部下を引き上げる上司は実際のところいます。
しかし、そういう部下がヒラメで、実は大した仕事はできないということは上司だって見抜く。

実は、上司も困る。その困りごとに敢然と立ち向かっていくのが優れた上司であるし、「まぁいいや」の上司は、本人がダメだから、部下もダメなまま。

意外と多い。どの会社でも、

ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若手が育たぬ細分化と標準化... | トップ | 仕事で自己啓発することのす... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。