サロン・風変わりな人材開発の宴 

人の育成について、色々な視点から書いていきます。これは、体験記であると同時に、次の人材開発施策に対するトライアルです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「日本の会社は改革者を冷遇する」というコンサルタントの嘆き

2017年03月30日 06時32分45秒 | 企業革新・経営革新
また、コンサルタントの皆さんの嘆きが聞こえまてきました。

「日本の会社って、本当の改革者を冷遇するよね」と。
これ、コンサルタントたちにしてみると困るのです。なぜならば、せっかくクライアントの中にヤル気のある人をみつけて。改革のドライブを仕かけているのに、社内の誰かが足を引っ張る。或は中途半端な気持ちで取り組まれて頓挫する。

既得権力を有する人たちからみたら改革者は邪魔者。そのひとたちはマジョリティにの中にいます。

改革者を守ってあげるのは上司や経営者。もし、その経営者が認可したことであるならば、改革者を守ってあげるのが尚更でしょう。しかし、マジョリティに押されて経営者たちも改革者を遠くから看過する。

そして、どうでもよい旧態然とした保守派というか、自分のことしか考えていないバランス感覚の持ち主が牛耳って、会社を衰退に追い込む。

なんとも情けない話し。

こういう会社は、コンサルタントを嫌います。多分、「口だけでわかってない」とでもいうんでしょう。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歴史に「if」は禁物ですが、... | トップ | 気付いていない人事部門。人... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

企業革新・経営革新」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。