海保博之

認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

感情に対応する顔面表情があるのは、なぜなのでしょうか

2017-04-19 | 健康・スポーツ心理学
感情に対応する表情があるのは、なぜなのでしょうか。
 
それは、人間が社会的動物であり、自らの心を周りに伝える必要があるからです。
 
認知状態は、言語とイメージ(映像)によって、周りに伝えることができます。それと同じで、感情も表情によって、周りに伝えるのです。
笑顔で、自分の快感情、幸福感情を相手に伝えます。
怒りで、自分の不快感情、不幸感情を相手に伝えます。

感情表現は、感情伝達のための有力かつ効果的な手段なのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「傾聴の会話術を身につける... | トップ | もう、いや!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む