心の風景

認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2016年07月30日 に書かれた記事

2017-07-31 | Weblog
2016年07月30日 に書かれた記事をお届けします。

心を元気にするキーワード」ポジティブマインド作り

●気持ちを元気にする(ポジティブ感情に溢れる。未来志向になる。生き生きしている。)   ・幸福感①・楽観④・競争⑦・ポジティブ感情⑩
●頭を元気にする(ふつふつと思いが湧いてくる。どんどん答が思いつく。時間を忘れる。どんどんうまくなる)          ・連想②・希望⑤・判断保留⑧・ポジティブ認知⑪
●周りを元......
>続きを読む


医学的常識

ダークツーリズムが流行とのニュース。ハンセン病施設見学が紹介されていた。これほどひどいと、取り返しのつかない誤った医学的常識の被害は重大である。ほかにも大小取り混ぜて、あやまった医学的常識はたくさんあるように思う。身近では、汗をかいたスポーツ中の水分厳禁かつては、1滴もだめだった。それが180度変わった。どん......
>続きを読む


会話の機能

会話には3つの機能があります。 
一つは、心の中に溜まっていた思いを吐き出させる「カタルシス機能」です。話してすっきりした、聞いてもらってありがとう、という気持ちにつながります。 

2つは、「親しみを高める機能」です。会話の頻度と親しみとはほぼ比例関係にあります。 

3つは、「情報交換と発想触発の機能」です。うわさ......
>続きを読む


●目撃者証言」心理学基本用語

目撃者証言(記憶情報は、VTRの記録情報とは違う)・見たものしか覚えていない・感情にふさわしい情景だけを思いだす・記憶している間に、一貫性(物語)のある方向へ、記憶情報が変容する・思い出す手掛かりによって思い出されることが変わってくる (誘導尋問効果)・何度も思い出しているうちに、実際と仮想(覚えている世界)......
>続きを読む


「官製最低賃金」今日の一言

「官製最賃」>>今回は24円と大幅アップが定着すれば、連合の存在感が薄まるのは必至。(日経、2016年7月29日)

賃上げを労働組合が要求しなくなったのだろうなーこれではデフレ脱却は無理というもの。


2015年07月29日 に書かれた記事

2015年07月29日 に書かれた記事をお届けします。

部屋は片付けないとカオス状態になる2年半の間一人で使ってきた部屋研究室ではないので私物はないそれでも、だんだんカオス状態段ボール3箱に捨ててもよい書類がたまっているコンピュータに保存されている書類も半端ではないでもこちらは、簡単に捨てられるしかし、段ボール......
>続きを読む


2015年07月30日 に書かれた記事

2015年07月30日 に書かれた記事をお届けします。

人生70年、幸運にめぐまれた」自分史人生70年、幸運にめぐまれた 古希を超えた今、昔を振り返れば、よくぞここまでの感懐に浸ることがしばしばです。 災害、犯罪に出くわさなかった幸運が第一ですが、日々の生活、仕事でも、あのときもしあの幸運に恵まれなかったら、......
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4か月の総括」退生シリーズ | トップ | 白ワインと赤ワイン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事