心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

仕事」名言の心理学

2017-03-30 | 名言の心理学
やりたいこと
憧れの仕事ができたらいうことなしです。
さらに、なんらかの使命感に駆り立てられた仕事ができたらいうことなしです。
でも、こんなことを言う人もいます。
「やりたいことや憧れの仕事に振り回されて、
現状に不満を感じたり、暗い気持ちで毎日を過ごすよりは、
やるべきことを一生懸命やるほうが、
はるかに充実感が得られるのではないでしょうか。
(小池龍之介)。」
あるいは、哲学者ニーチェの言葉も示唆にとみますので紹介しておきます。
「自分の職業に専念することは、よけいな事柄を考えないようにさせてくれるものだ。人生や生活上の憂いに襲われたとき、慣れた職業に没頭することによって、現実問題がもたらす圧迫や心配事からそっぽを向いて引きこもることができる。」([人間的な、あまりに人間的な」より}超訳 ニーチェの言葉」(Discover)

生活のために仕事をしなければならないことのほうが多いのが現実です。
でも、その生活のための仕事が、あなたを救うこともあります。
ふとしたきっかけから、
あるいは
その仕事に慣れていくうちに、
その仕事が好きになったり、使命感が生まれたりということもあります。

つらくとも、つまらなくとも、大変でも、5年間は頑張ってみてください。

では、「美しい停滞を求める」日本の社会のなかで、諸君のこれからの活躍を祈念して、学長告辞とさせていただきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年03月29日 に書かれた記事 | トップ | 義憤」名言の心理学 再掲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

名言の心理学」カテゴリの最新記事