心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2016年07月07日 に書かれた記事

2017-07-08 | Weblog
2016年07月07日 に書かれた記事をお届けします。

義憤」ポジティブマインド作り

 「義憤」やや古臭くて、精神主義のにおいぷんぷんでやや扱いにくい言葉ですが、ここ1月くらいの就眠読書をした2冊「平将門(竜門冬二)」「下町ロケット(池井戸潤)」に触発されました。
広辞苑によると、「義憤」とは「正義・人道の行われないことを憤ること」。「平将門」は、親族による土地不当な収奪や国府役人の腐敗ぶりに義......
>続きを読む


他人に対して善を行うときは」名言の心理学

他人に対して善を行うときは、人間は自己に対して最善を行っているのである」フランクリン)@@善を行えば、まわりはポジティブになる。それが翻って自分をポジティブにする。さらになさけは人のためならず」ということもある。自分で自発的におこなうボランティアがおすすめ


NEWTON

コンビニの本棚にニュートンがあるのに気が付いた。へー、コンビニでもねーと思ってた。家に帰り、書斎の本棚をみたら、1冊だけニュートンのあのなじみの表紙が目についた。取り出してみたら、2001年10月号「ほんとうにやってくるロボット時代」特集。MITの研究者のインタビューで構成。そこになつかしいブルックスの名前。......
>続きを読む


試験」名言の心理学

一発試験の受験制度は「たった1日の試験にさえ合格すれば、人生変えられる(芦田の毎日ブログより)
@@
だから試験は、公平なのだ。だから試験は、選抜ミスをするのだ。だから社会が、活性化するのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝言ゲーム | トップ | 七夕映像 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事