心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2016年04月05日 に書かれた記事

2017-04-06 | Weblog
2016年04月05日 に書かれた記事をお届けします。
小学校段階]自分史

「小学校段階(昭和24年~昭和30年)」 徒歩で40分の小学校に通いました。今の近隣の子どもは、バス通学だそうです。悪がきと山川を駆け回った。その頃は、学校でも寒稽古などもあったから体力作りは万全だった。しかし、荒っぽかった。すねに傷、絆創膏は当たり前だった。この中で自然に身に着けたリスク感覚は貴重だったと思......
>続きを読む


階段

階段は歩行訓練には恰好の仕掛けだと思う。だから、できるだけ自力で上り下りするように習慣づけている。ただ、駅など人ごみの階段は、怖いのでできるだけ、エスカレータやエレベーターにしている。幾分、楽だからということもあるので、そのたびに、階段はあぶないからね! と自分に言い聞かせている。笑い


◆インターフェースの心理学]心理学基本用語

◆インターフェースの心理学(psychology of interface)〔1993年版 心理学〕人間と機械のかかわり(インターフェース)が、コンピュータの出現によって大きく変わってきた。機械の前に座ってさて機械に何をさせようかというような機械は、かつては存在しなかった。コンピュータが、人間の頭脳のごとく、......
>続きを読む


名残おしい桜



2015年04月05日 に書かれた記事

2015年04月05日 に書かれた記事をお届けします。頭をつかえなぜなら、生き物は行動の習慣化を図ることで危機や好機への瞬発力を高め、かつ、効率よく頭を使う習性があるからである。頭を使うということは、日常生活のなかから習慣化した行動、なにもしない時間を減らすことであり、しかも、それを継続しなければいけない。......
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●心理学の研究領域」心理学基... | トップ | ボランティア、デビュー、成功 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事