心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2015年12月07日 に書かれた記事

2016-12-07 | Weblog
2015年12月07日 に書かれた記事をお届けします。
どうなる?廃棄TV

どうなる?廃棄TV団地のゴミ捨て場に一台のTV一枚の黄色の紙がはられ「これはお引取りください」とあるその状態でほぼ1月。そして、その紙がはがされて、TVはそのまま捨て置かれて1月。さーどうなるのか。興味深々の見えない攻防線。脇を通るたびにゴミ問題、環境問題に思いが行く。生きた教材だ!


熱中

熱中熱中は、頭の元気さが最高潮に達している状態です。だからこそ、結果として、発明発見につながるのです。 さらに、こんな引用はどうでしょうか。「―――画家たちが仕事に没頭しきっていることでした。文字通り、周りのすべてを忘れているように見えました。---略---絵筆を握っている手は疲れを知らないように思えました。......
>続きを読む


即日配達と不在配達

即日配達と不在配達荷物の届くのが最近、ものすごく速くなっている。即日配達なんてざら。それに対して、不在のため配達できないケースも増えているらしい。なんだか無用なエネルギーを社会全体で使っているような気がするが、経済が発展するってこういうことなのかも。それにしても、郵便局は気楽なもの。配達できないから取りにおい......
>続きを読む


視聴者無視、いや蔑視

最近、CMも含めて、視聴者無視、いや蔑視の制作が目立つ。CMの中断効果だけでなく、タイトルだけアナウンスしてCMたとえば、「億単位の税金の行方は?」>ながながとCM>そして本番へ視聴者を興味喚起して引きつけようという魂胆なのだが、あまりに最近、多すぎないか。視聴者軽視、蔑視、無視、TVからの視聴者離れを加速す......
>続きを読む


こんなことってあり?!

宅急便屋さんからの留守電。冷凍の荷物が、きょうで配達期限がきましたので、先方に戻します」とのことうーん、不在配達もないのになー最近は、申し訳ないので、不在配達があるときは、かならず、電話するようにしているのだが。誰からのものかも不明もうしわけない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年12月06日 に書かれた記事 | トップ | 見えないためのミス,見えにく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事