海保博之

認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2016年04月22日 に書かれた記事

2017-04-23 | Weblog
2016年04月22日 に書かれた記事をお届けします。

効果的なほめ言葉の使い方]ほンわかあ」一日10回運動

効果的なほめ言葉の使い方
①ほめるタイミングが大事 ほめるタイミングは、その時その場で、が原則。
②ほめ言葉を言葉単独で無雑作に使わない相手の心をまったく動かすことのできないほめ言葉ほどむなしいものはありません。
③いつもいつもほめ言葉はだめ 「7つほめて、3つ叱る」です。
④ほめ言葉よりもほめる心が大事
⑤ほめ言葉の......
>続きを読む


まだまだ花粉症が続く

かなりマスク姿は減ってきているようだが、自分は、なんだか今が最盛期のような感じテニスでもマスクはとても苦しいが、テニス中の突然死はひそかに狙っているのでがまん 笑い、いや笑いごとではない


チームワークを底(見えないところ)で支えている人への配慮を忘れない

チームワークを底(見えないところ)で支えている人への配慮を忘れない目立たない、でも、その人がいないと実はチームが機能しない、そんな人がチームには必ずいます。へたをすると、割をくってしまうような人といっていいかもしれません。あえて、誰が、あるいは、どんな人が、とは言いませんが、そんな人への感謝を折に触れて表現す......
>続きを読む


コミュニケーションは、相互作用の賜物

コミュニケーションは、相互作用の賜物だという認識を持つ必要があります。社会心理学のおもしろい実験を一つ紹介してみます。教室で、先生が講義を始めます。サクラとなっている学生は、先生の話を熱心に聴いているふりをします。先生は、熱弁をふるいます。途中から、サクラの学生は、不熱心な聴講態度になります。そうすると、先生......
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コグニサイズ | トップ | やすらぎの郷、余話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む