海保博之

認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2016年06月15日 に書かれた記事

2017-06-16 | Weblog
2016年06月15日 に書かれた記事をお届けします。

--子という名前」女性ウオッチング

司馬遼太郎によると、女性の名前で、子とつくのは、公家風で軽い尊称だったらしい。日野富子 平徳子などこの貴族の習慣が、明治後一般化され女性の名前に子がつくという流行を生んだ

きらきらネーム隆盛のおり、ちょっと気になったので。なんとなんと森鴎外の子供の名前がーーーー於菟(おと)茉莉(まり)不律(ふりつ)杏奴(あんぬ)......
>続きを読む


宗教と真善美

宗教についてメモ
宗教に真実を求めるのは無理
教義は、真実よりも信念の世界でも、それも信者からすれば真実となる
宗教は、真善美を実現してくれるものとなる
信ずるものは救われる
信ずるものは心元気
信ずるものは善意に満ちている
信ずるものは美を求める


老いを愉しむ言葉]名言の心理学

「死ぬ間際まで、ほめられたいなどと色気を出す必要はない。うんうんと苦しんで死んでいけ」(保坂隆「老いを愉しむ言葉」朝日新書より)

@@
死ぬときにまで、恰好づけはやめておけ、という戒めだろうが、意外に死に時のありさまについては、気になる。「穏やかになくなりました」と聞くとほっとし「手をつくしましたがだめでした」と......
>続きを読む


あるがまま」ポジティブマインド作り

 夏目漱石  「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 」 

「則天去私」あるがままとは、「知(智)を働かすな、情に棹さすな、意地を通すな」そして、結局「己をすてて天に従え」ということです。


幸福とは」ポジティブマインドづくり

○幸福の秘訣は、こういうことだ。あなたの興味をできるかぎり幅広くせよ。そして、あなたの興味を惹く人や物に対する反応を敵意あるものではなく、できるかぎり友好的なものにせよ(ラッセル)
○幸せは考え出すものではなく、発見するものだ。発見するためには行動したほうがいい。じっとして何もしないよりも、たくさんの幸せを見つ......
>続きを読む


教わったっものはーー」名言の心理学

教わったものは、自分のもじゃないからな。教えるのは親切のようにみえるだろう。でも、結局、身につかないんだ。(西岡常一;宮大工)

道具の使い方、大工としての勘、立ち居振る舞いなど、棟梁のすべてを体に写しとった。(小川三夫)
@@
これらの言説は、いまでも通用しているらしい。弟子入り希望が絶えないらしい。いや、今だから......
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年寄の操作音痴」あっはっは... | トップ |  ◆超記憶/直観像/閃光記憶]... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む