はじめの戦車模型づくり

老眼に悩みながらもとにかく完成させることを目指します!

マジですか

2016-03-13 23:20:17 | 日記

SU-76Mがタミヤから3月30日に発売されるようです。

ヨド○シcomでそれを知りましたが、

販売価格をみてびっくり。

定価4,104円で、

販売価格4,100円 4円の値引き!!!!

(ポイント410ポイント還元)

マジですか!!!

こんな値引き金額を堂々と表記する根性。


以前は、最初から20%位はプライスダウン(ポイントは10%還元)していた気がします。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1/35 LEOPARD2 A5(TAMIYA) #3 ペリスコープ

2016-03-07 23:13:07 | 現用 ドイツ

砲塔を組立中。ペリスコープには1.5mm巾のマスキングテープを貼りました。

恒例(悲)の花粉症が悪化中。今日は雨が降ったので少し楽です。

最近、夕食後に睡魔に襲われて模型づくりが停滞中です。気持ちは早く進めたいんだけど。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1/35 LEOPARD2 A5(TAMIYA) #2 組立中

2016-02-25 22:15:41 | 現用 ドイツ

亀のペースで組立てております(笑)

ワイヤーロープはやや長めにしました。以前にM60A1+で組立説明書の通りの長さにしたところ、塗装したら縮んでしまった覚えがあったので……、でも少し長過ぎた気もします(汗)。

ピンボケですが、後部カメラに0.4mm真鍮線のアンテナを付けました。

車体の組立は終わって砲塔の組立ててに入りましたが、砲身をとりまく増加装甲板の作りが独特でおもしろいです。

まだ取り付けていませんが、砲塔前部はくさび形の増加装甲となります。

このくさび形が私には大戦中の8輪装甲車(sdKfz232)の形状を思い起こさせてしかたありません。

やっぱりDNAなんでしょうかねえ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1/35 LEOPARD2 A5(TAMIYA) #1 組立開始

2016-02-13 19:48:28 | 現用 ドイツ

欧州標準戦車、ドイツ連邦軍のレオパルト2 A5の組立を始めました。

A5は44口径120mm滑空砲、A6は55口径120mm滑空砲を搭載しています。

当然長砲身の55口径の方が有効射程は伸びますが、長砲身のため取り回しは難しくなります。

ま、私が運転するわけではありませんが、市街戦を考慮すると取り回しのよい44口径がバランスが良いのではないでしょうか(笑)

組立説明書に従って車体が大体組み上がってきました。

基本素組ですが、フック類を真鍮線及びホッチキスの針へ置き換えました。

他にディテールアップとしてタミヤのエッチングパーツ、あと今回はフックとスモークディスチャージャー用の鎖を用意しました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

びっくりぽんや

2016-02-10 18:00:05 | 日記

相変わらず中華系の模型の値段は上昇の一途をたどっているようで。

ヨドバシを覗いて見つけた一台↓

1/35スケールで定価8,424円 販売価格6,660円 定価ですが、8,000円越えです。

1/72スケールの一例で↓

定価3,888円 販売価格3,200円!!!

このキット、消費税5%時代(2007年)ですが、

わたくし定価1,365円を1,092円で購入しております。

約3倍の値上がり!!!

びっくりぽんや!!!

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

なんか悪くて

2016-02-01 20:59:44 | 通販・買い物

マスキングテープが無くなってしまったのでいつも使っているヨドバシの通販で購入しました。

ただ、定価150円で販売価格が124円。しかも送料無料。

なんか悪くて 何か他に欲しいものはないかと物色してみました。

で、選んだのは……

日本人らしい顔立ちのなかなか良い箱絵です。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

1/35 CENTURION Mk.III(TAMIYA) #11 完成

2016-01-31 20:27:18 | 現用 イギリス

ウォッシングによって剥がれてしまった前部の修正は無事に終わりました。

そのあと油彩セピアで錆だれをつけ、6Bの鉛筆でエッジ部を軽くこすって完成といたしました。

スカート部の汚しがちょっと不自然なところが反省点です。

まずは印象的なボックスアートにあわせて配置。

実物はもっと暗いグリーンです。写真はむずかしいですね。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

1/35 CENTURION Mk.III(TAMIYA) #10

2016-01-29 20:32:02 | 現用 イギリス

ちょっと忙しくてセンチュリオンの塗装が止まっておりました。

いざ、始めようと思ったら、

度重なるウォッシングで、

車体前面部分の接着が剥がれてしまっていました。

流し込み接着剤で再度接着し、マスキングテープで押さえています。

マスキングテープを貼っている部分は、恐らくピグメントが剥がれるので再作業が必要となるでしょう。

やはり、エナメル程ではないにしろ、ペトロールやターペンタインなどの揮発性油も少なからずプラや接着剤に影響を及ぼすようです。

一晩以上放置して再開したいと思います。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

1/35 CENTURION Mk.III(TAMIYA) #9

2016-01-17 17:09:52 | 現用 イギリス

ピグメントによる泥、埃の汚れ付けをします。

最初は履帯から。ベースにP033、次にP025をランダムにまぶします。

大体こんな感じになって、ここにP028、P232、P234を上にのせるようにしてまぶしていきます。

少し時間をおいて綿棒で突起部分をこすってピグメントを落とします。

落としたピグメントは捨てずにかき集めて今度は転輪を汚します。

同じくスカート部に泥汚れを付けます。アクリル溶剤をつけた筆でスカートの下端に溶剤を軽くつけてそこに先ほどのピグメントを置いていきます。少し時間を置いて綿棒で上下方向にこすってピグメントを落とします。

大体こんな感じになりました。

車体下部にも同じようにして泥汚れを表現しています。

使用したピグメントは5種類です。

封印していた(?)コマンダーのマスキングを取ってみました。

次回、錆びダレを若干つけ、全体の調子を整えて完成の予定です。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1/72 CHALLENGER 2 #2 組立終了

2016-01-13 22:29:12 | 現用 イギリス

これも約2年間放置中でした。一体どれだけお手つきがあるんだよってつっこみはご勘弁を。

前回、危惧した通り、やはり履帯は短かった(怒)

幸いスカートがあるので隠れる部分で車体に接着してなんとかなるでしょう。

それとワイヤーロープも短かった(大怒)。手で伸ばして瞬間接着剤で強印に止めました。

そして、何と片方を無くしたみたいで、仕方なく糸とプラ片でそれらしく自作しました(泣)

やっぱりお手つきして放置してあるキットは何かが起こるようです(泣)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加