中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

支笏湖と洞爺湖

2017-10-20 19:41:38 | お出かけ
昨日は久しぶりにドライブに出ました。

一応、自動車は所有しておりましてね・・・

半年に一度点検に出しているけど、半年で2000キロまで走っていないという
車離れな状態です。

支笏湖周辺の紅葉は終盤だろうけどまだまだ綺麗だったね。


支笏湖 (nikon D7000 旧18-200㎜)


少々霞んでいるけどいい感じ。


支笏湖ではトイレタイムだけで洞爺湖に向かいます。

途中、「三階滝公園」に寄ります。

滝の下流側だが紅葉どころか葉っぱが少ない。


三階滝、落葉しちゃって残念である。


湧き水で喉を潤す。


晩秋な雰囲気だな。


壮瞥町で果物を買い、洞爺湖で米を買うという使命は忘れない。

こちらは「壮瞥滝」の紅葉。


壮瞥滝


洞爺湖の湖畔道路は紅葉がいい感じであったが少々早いかもしれなかった。

あまり乗らないので洗車は今年一回しかした覚えはない、それほど乗らない
のにエンジンは常に一発始動なのは凄いと思う。


「洞爺水の駅」の裏です。


雲がちょっと多いのは残念、しかし風も無く暖かい。


小春日和ですね。


湖畔道路を進む。


反対側は洞爺湖温泉街だ。


見事な紅葉が見られる。






こちらは「サイロ展望台」から。


サイロ展望台の紅葉も綺麗だった。


帰りの中山峠は路肩に雪が残っている、朝通らなくて正解であった。




写真日記ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手稲山の雪

2017-10-18 19:00:09 | 雑多なもの
昨晩の雷は近くてちょっと怖かったね、光ってから0.5秒くらいで
鳴ってた。


今朝の手稲山


15センチくらい積もったかも。


結構積もったが数日中には全部融けるとは思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スピーカーを換える

2017-10-17 20:08:31 | オーディオ
しばらくDIATONEのDS-800Zをメインに据えていたけど、ちょっと気分を
変えたくてYAMAHAのNS-05に換えてみる。

DS-800Zが気に入らない訳ではなくあくまで気分的なもの。

DS-800Zの30cmウーファーからNS-05の12cmウーファーに変わるので、鈍い
人でもはっきり分かる音の違い。

小さい細い、なんともたよりない。


しかし、お金のかかっているスピーカーユニットゆえセッティングが出れば
上質の音を奏でる・・・はず。

当時の定価は58,000円だ、専用の台は4,500円だったっけ。


接続端子がぶっ壊れているのでスピーカーコードと直結する。

これをぶった切ってハンダで直結した。


試聴は映画にしたが、思ったより低域も出てていいみたい。

音楽を聴き倒すよりか映画向きだと思う、なんか広がり感がいい感じだ。

しかーし・・・高域の左右バランスが悪いと思ったら左側のツイーターが
鳴っていないではないか。


ここまでやってお蔵入りにするのもなんだからツイーターを注文しました、
同じものは無いけど互換品があったのでそれで。

物はあるみたいなので数日で来るだろう、値段は一個1000円もしなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西岡あたりから戻る

2017-10-15 18:00:51 | サイクリング2017
微妙な天気だがとりあえず家を出た、行き先は滝野公園。

気温は10度ほど、寒い時用の釣り手袋で家を出たが出ている指先三本が
冷たい、体はそれなりの装備なので寒くはないが顔に当たる風が刺さる
ように感じる。

北西の風やや強し、行きは追い風、帰りは向い風となる。

円山公園に到着、ここまで約4キロ。


枯葉は多いけど紅葉はそれほど綺麗ではないかな。


円山もこんな感じだ。


当初の予定では羊ヶ丘通りで清田まで進み滝野公園に行くつもりであった。

電車通りを進む。


HTBの横を通り羊ヶ丘通りに合流する。


羊ヶ丘通りに合流して少し進んだが雲行きが怪しい、晴れ間もあるが黒い雲が
なんともいやらしいのだ、風も強くなってきた。

雨具は持ってきたがこの時期に雨に当たるのは辛いものだ。

最短距離の西岡方向へコースを変えて様子を見ることにする。

ここで右折して帰るか迷ったがとりあえず直進した。


数百メートル進んだところでセブンがあったので昼食を買おうと思い停車、
このタイミングで雨がポツリと来た。

ということで進むのを諦めて帰ることにしました、先ほどの交差点まで
戻り真駒内方向へ下ります。

雨は一瞬だったので裏道を繋いで進むことにします。

精進川沿いの遊歩道を横切る。




地下鉄自衛隊前から遊歩道に入ります。


名も無きダート道の遊歩道に侵入する、出た所は複合商業施設の裏だった。


そこから少し走るとミュンヘン大橋に出る。


黒雲がなんとも怪しい。


MTBのホイールなので裏道探索サイクリングは得意科目です。


藻岩山




藻岩発電所の放水口だったかな?


その横。


円山公園まで戻ってきた、ついでだから散策してみよう。

やっぱり枯葉は多いが紅葉はいまいちな雰囲気かな。


円山登山口です。


こちらはいつも通る中心部です。


いつもは撮らない池とか。


いい色になっているのもあるが・・・これからなのかな。


丁度12時に帰宅。

本日の走行距離32キロ、平均時速14.7キロ。



サイクリングランキング


写真日記ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮丘公園 紅葉

2017-10-14 17:22:58 | 山&ウォーキング
朝から天気が良かったのだが野暮用があり遠出は無理だった。

天気予報では昼から曇るとなっていたが夕方まで晴れていた、天気などどう
でもよい本日に限って晴れ渡るとは嫌味も甚だしい。

昼近くに近場の公園を歩いてきました。

宮丘公園」です。(nikon D7000 旧18-200㎜)


一見、緑だが紅葉はいい感じに進んでいる。

紅葉の綺麗な所はこの奥にあるがとりあえず迂回して進みます。


上の画像の道は進まず手前を右折します。

特別珍しいものはないがこの道を歩くのは好きだ、この道の他に森の中に分け入る
枝道もあるが本日は外周を歩くだけにする。






東側に回りこむと一瞬だけ札幌市内が見える、展望台が数箇所あるにはあるが
展望に関しては良いとは言えません。


紅葉が綺麗なのはここから先だ。

以下、画像が続く。
























ここでまったりすると時間を忘れる。




カメラ(レンズ)が冷えるとピントが合わない病が発生し出したが、ピントが合って
なくてもシャッターが切れるように設定したから問題なし。

ここでピントが合わないとはなんのこっちゃだね。


新型の18-200㎜が欲しいところだが写りに関して特別優位とも思えないので
踏み切れないのである、新型の新型が出そうな噂もちらほら聞こえてくるのも
気になってる。



写真日記ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊平峡ダム ④ 最終回

2017-10-10 19:00:41 | サイクリング2017
13:50分に豊平峡ダムを出発し14:10分に定山渓に到着、真面目に走れば15分で
到着する距離であるが体がふにゃふにゃなのでこんなもの。


定山渓です。


緑の女神


定山渓ダム下に向かう道に紅葉ポイントがあるので寄ってみた。

人が写りこんでいる画像は画質を落としている。


カメラ(レンズ)が不調なのである、旧型18-200㎜を使用しているのだが気温が
下がると広角無限遠でピントが合わないという癖がある、望遠系レンズは∞マ
ークに余裕をもたせ多目に回るようになっているものだが、カメラはそこより
先にピントがあると判断して動作するので∞マークの限界に当たりピントを合
わせることが出来ないらしい。

AF微調整を-5あたりにすると合うようになるが、そうすると望遠側無限遠の
ピントが甘くなるように感じるのでどうしたものか、レリーズ優先にしてしま
えばシャッターは切れるのでそれで妥協するしかないか。

豊平川支流の白井川




もう少し進み、定山渓ダム下にある橋より。

豊平川支流の小樽内川






定山渓付近も紅葉が見頃でした。






錦橋より、豊平川本流である。




さて、帰ることにしよう。

いまだに渋滞しているとはね。


八剣山下にヤギがいた。


簾舞の藻岩ダムで休憩する。

おにぎり一個しか食べてないので小さなパンを2個食べておく。


いつもの装備、フロントバッグはnikon D7000と18-200㎜のセットで満杯、サイド
バッグはライトダウンやウインドブレーカーが入る、三角バッグは予備チューブが
入る、リアキャリアに乗っているのは食料が入る、黒い缶は工具一式。

駆動系は激坂を想定してMTBのものを入れている。

ハンドルを少し前上げにしてサドル高とハンドル高を同一にしているがとても
楽チンで気に入っている、最初からそうすれば良かったと思っているほどだ。


やや向い風だったがいいペースで市内まで帰ってこれた。

円山公園到着、自動点灯のランプが点灯する暗さだった。(16:20)


市内の紅葉はもう少し先だね。


本日の走行距離77.1キロ、平均時速16.6キロ。


サイクリングランキング

サイクリングランキング
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

豊平峡ダム ③

2017-10-09 18:08:25 | サイクリング2017
腹痛でトイレに走るというトラブルに見舞われやる気を無くしたが、もう一度
展望台に向かいます。


先ほど引き返した地点より先の景色です。


紅葉の森の中を歩くのは気持ちがよいものだ。






しかし・・・また腹の調子が。

やばいです・・・

展望台に到着したが一枚撮ったら速攻で戻ります。


それでも頑張って何枚か撮ったけども。





いかん、下痢してる。

出すもの出したら力も抜けた、帰ります。


帰りも歩きだが遠く感じる。


そう言えば自転車の鍵が見当たらない、右のポケットに入れたつもりだが無い
のである。

こういうこともあるだろうと予備の鍵を持ち合わせているのでセーフなのだが。

自転車に戻ると、なんと鍵は付けっぱなしだったのだ、つまり鍵を抜いていない
状態である、鍵を掛けた意味が無かったのだ。

駐輪場に停めてあったツーリング車。


重装備で上るのは大変だっただろう。


体調はイマイチだが帰りはほぼ下りなので気は楽だ。


④の定山渓編へ続く



サイクリングランキング


写真日記ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊平峡ダム ②

2017-10-09 16:47:42 | サイクリング2017
入口から豊平峡ダムまでの距離は2キロくらいだったか、全工程の8割ほどが
トンネルとなる。

歩道部分が狭くて交差に気を使うこともある。


トンネルは2本あるがその間がなかなかの絶景。


昔は下の林道からトンネル横に出れたけど今は通行止めだ、その当時は自転車で
ダムまで来れた。(観光地じゃなかった時代の話)

青空じゃないところが残念だね。


反対側に「九段の滝」がある、歩きじゃないと綺麗に撮れないのだ。


2本目のトンネルを越えると到着する。(カメムシ大発生)


濁りが気になる、昔は澄んでいたのだが。


釣りでも入ったことがあるがニジマスが釣れたっけ。(昔の話)

観光放水しております。










レストランがあります。


こちらは奥の展望台。




レストラン周辺もカメムシが大発生です。












レストラン横のベンチでおにぎり一個食べて奥の展望台に向かいます。


どうも腹の調子が悪い・・・トイレに行きたい。

中間地点の展望ポイントから急遽戻ります。





③に続く


サイクリングランキング

写真日記ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊平峡ダム ①

2017-10-08 20:27:38 | サイクリング2017
紅葉が見ごろとのことなので行って来ました。

本日は風も弱く暖かく、最初で最後のチャンスかもしれない絶好の紅葉
サイクリング日和でございました。


8時過ぎに出発、久しぶりに盤渓経由で進みます。

盤渓のバスターミナルにて。


家を出てから小林峠のトンネルまでは緩いながらも上りです、途中でウインド
ブレーカーは脱いだが結構汗だく。

下りはちょっと冷えたかも・・・

裏道に侵入し、川沿あたりの公園でトイレタイム。

市内も紅葉が始まってます。


国道230号線、交通量は目立つほど多くはないか・・・


簾舞のセイコマに入り買い物が済んで外に出たら渋滞が始まっていた。

定山渓まで繋がっているはず。


八剣山


自転車の方が確実に速いです。


全車、紅葉ドライブなのでしょうか?


小金湯さくらの森」のコスモスです。


トイレ休憩に便利です、他の自転車乗りも寄ってましたね。


定山渓に到着。


豊平峡ダムはさらに奥。


入口まで35分の渋滞となっていたがそんなもので済むとは到底思えず。


自転車だからすんなり到着、ここから先は電気バスか歩き意外は入れません。


迷わず、歩いて進みます。(11:18)


ここまでの走行距離は38キロくらいです。


②に続く


サイクリングランキング

写真日記ランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初冠雪

2017-10-06 17:38:11 | 雑多なもの
雪虫が飛ぶ季節になりました。

こいつが雪虫ですが、飛んでる姿を撮るのは困難を極めます。



雪虫が飛ぶと山では雪が降る。

昨日の朝ですが手稲山が初冠雪です。


こちらは今朝の手稲山、雪はすっかり消えました。




昨日は中富良野に居たのですが、夕方近くの十勝岳方向です、昨晩雪がどっさり
降ったみたいで真っ白でした。

走っている車中から撮ったけどまあまあ良く撮れているね。(PENTAX MX-1)


素晴らしい景色です、一眼で撮影できなかったのは残念無念。



写真日記ランキング
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加