中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

自転車整備 MTB編 Ⅰ

2016-10-31 19:21:55 | 自転車
夏に知り合いからMTBを頂いておりました。

近所の探索にこのMTBを使用するつもりだったけど整備をしないと使えない情況
だったので今迄放置しておりました。

近所の探索は3速のママチャリを使用しているが山坂が多いので大変なんです、
だからといってツーリング用は盗難が気になって落ち着かないし。

ぽろいMTBが何かと都合が良いと思っておりました。

寒くてサイクリングという気分ではないので整備に着手します。


たぶん1990年あたりの製品だと思われます、年式は古いが距離は走っていない
車体です。

当時の定価は5万円台あたりでしょうかね、割りと良いパーツが付いております。


磨きこんでもしょうがないので回転系の整備だけに留めておこう。

クランクはガタあり・・・ペダルも同様。


RDのシフターは壊れて無いので作動は確認できないが問題は無いと思う。


ハブのグリスは死んでるだろうね。


このタイヤは駄目です。


こちらはOK。


とりあえずRハブをバラしたらグリスは乾いてベアリングが遊んでいる状態、フリーボディも
同じ情況、ハブはDURAグリスをぶちこんでフリーボディはスプレーグリスをぶちこんでおく。

とりあえず駆動系だけは綺麗にしておこう。


そしてこうなる・・・目だった磨耗は見られないのでパーツ交換は無しでいけそう。


本日はRハブ周りで終了。

Ⅱに続く


サイクリング ブログランキングへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

80-200mmは何に使う?

2016-10-28 20:18:39 | カメラ
今週末からまた雪が積もるそうな、秋が通り過ぎようとしておりますね。

そろそろタイヤ交換しなきゃ・・・ジムニーのタイヤは重くて結構大変。



売り飛ばそうと思っていた80-200mmズームですが、なんだかんだ言っても高級&高性
能なレンズなので高倍率の18-200㎜より描写は優れる。

持っていればいつかは役に立つとは思う。

なかなか出番の無い「Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm f/2.8D 」ですが、いまだに
カタログに載っている凄いレンズなんですよね。(90年代からあった)

私のはピントが外れる癖(ボディ側の可能性あり)があるけれどピントさえ外さなきゃ
写りに関して文句はありません。

高いレンズだけど同スペックの最新レンズと比べると格安です。(AFが使える機種は限られる)
Nikon 望遠ズームレンズ Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm f/2.8D フルサイズ対応
クリエーター情報なし
ニコン


こちらはテレコンバーター、これを付けると倍率が2倍になる便利グッズです。(AFは作動しない)
Nikon MF 2x テレコンバーター TC-201
クリエーター情報なし
ニコン


200mmはAPS-Cサイズで使用すると300mmになる、それの倍だから600㎜相当だ。

家から三角山を狙うとこんな感じ。


山頂部分を切り抜くとこんな感じ、クマが居たらはっきり分かる解像力。


こちらは距離のある手稲山。


切り抜くとさすがにモヤる、天気がよければもう少しシャープに写せるとは思うけど。


オオワシとかクマとか撮りに行きたいけどね・・・撮影以前にハードルが高すぎですね。


写真日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飼育中のミヤマクワガタ

2016-10-24 19:45:44 | クワガタの飼育 他
ほとんど話題にしないけどミヤマクワガタを飼っております。

自家養殖のミヤマクワガタで現在生存しているのは雄1匹と雌は3匹中1匹は
確認している他は不明といったところ。

札幌では雪が積もる季節になった、室内飼育とはいえそろそろ寿命が近づい
ていると思われる。

見た目は若いよね。








写真日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アシリベツの滝と白扇の滝とレンズ修理

2016-10-23 19:18:32 | 草花・自然等
友人から借りっぱなしである「Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)」
(しかし、なんて長い名称なんだ)をそろそろ返さなきゃね。

友人は「使わないからずっと使っていていい」と言うけど、道具はいつかは壊れる
ものだし壊れたら修理代は当然自分持ちになる訳だし、修理代は数万円になる
訳だし、なんて考えていたら借物をいつまでも使っているのは怖くなってきました。

そこで、全く同じレンズを買うことに決めたんですよね。

このレンズは旧型と新型がありまして、自分が買うのは当然旧型の方、しかも
中古でございます。

こちらが旧型です。
Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF) ニコンDXフォーマット専用
クリエーター情報なし
ニコン


ちなみにこちらは新型です。
Nikon 高倍率ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II ニコンDXフォーマット専用
クリエーター情報なし
ニコン


新型と旧型の違いですが、ざっと調べたところレンズコーティングが新しくなり逆光
に強くなったこととレンズを下向き&上向きにすると勝手に伸び縮みするトラブル
(トラブルと言うほど問題ではないけど)が解消されているらしい。

VR(手振れ補正)が強くなったと勘違いしていたが旧型も新型もシステムは一緒のよう、
個人的には十分な性能だと思っている。

という訳で程度の良い中古を見つけたので注文を入れておりました、それが届いた
のが昨日の夕方でした。

早速部屋の中でチェックしたところAFの不良とVR(手振れ補正)の不良が見つかり
ました、ようするに不良品を買ってしまったんだね。

AFは50㎝まで寄れるところが1mちょっとから寄れません、VRも効いている感じが
しないというものでした。

「カメラのキタムラ」ネットの品物なので本日修理に持って行きました、返品も考え
たけど例の不具合以外は綺麗な品物だし修理代金は無料だということなので。

ニコンの品質も地に落ちたと感じるがこれも時代だと諦めている。


という訳で、本日も借物の18-200㎜で撮影に出かけました。


自転車でも行ける距離にある「滝野すずらん丘陵公園」ですが本日も車です。


朝はどんより曇り空で雨もちらほら降ってたけどお昼頃は晴れてましたね。

紅葉も丁度いい感じでありました。






でもねぇ・・・少々寒さが厳しいようで。


日が照ると暖かくて嬉しいね。


アシリベツの滝です。






レンズ性能はたいしたことはないらしいが自分的には満足してます。










公園内の食堂で食べた熱い蕎麦は美味かった・・・


生き返ったので恵庭まで足を延ばすことにした。


「ラルマナイの滝」へ向かいます。


ラルマナイの滝も紅葉と相まって見ごたえがありますな。






そして「白扇の滝」へ向かいます。

このレンズの弱点は逆光に弱いこと・・・霊(ゴースト)が出ておりますね。


白扇の滝です、なんとシャッター速度1/4秒で手持ちで普通に撮れてます、VR(手振れ補正)
は分かり易い高性能ですよね。



写真日記 ブログランキングへ

自然観察 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星置の滝

2016-10-22 18:59:48 | 草花・自然等
天気がよろしくありません。

自転車で出るには厳しそうなので車で出ました。

星置の滝は手稲区金山にあるので車で15分くらいでしょうかね、少々道が混んで
いたのでもっとかかったかもしれないけど。


到着時にポツポツと雨が落ちてきたので急いで撮影します。

設定がちょっと悪かったようでいまいち。(ニコン18-200㎜)


紅葉もいまいち・・・


雨に追われるように帰って来ました。



写真日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪積もった

2016-10-21 19:31:58 | 雑多なもの
昨日から雪雲が流れ込んできて雷が凄かったです、直ぐ近くで特大の雷が来た
ようで家は揺れるし窓ガラスはビリビリ鳴るしちょっと怖かったです。

今朝は一面銀世界でありました。

手稲山です。


平地でもこんなに積もっている、いきなり積もるのは30数年ぶりだとか。




紅葉が一番いい時期だがこれでは色褪せてしまうかもしれない。



写真日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい色になってきました

2016-10-19 19:51:52 | 雑多なもの
ここ数日で一気に紅葉が進んできました。

琴似発寒川のサイクリングロードで撮りました。(12時過ぎです)




画像加工は一切していないけどこんなに鮮やかです。








キリギリスはまだ現役だったけど今週一杯が限界でしょうかね。




写真日記 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宮丘公園 紅葉とか

2016-10-17 20:05:39 | 山&ウォーキング
日曜日に宮丘公園を歩いてきました。

PM2.5で霞んでいたけどこの時期にしては気温も高く散歩には最適でした。


以下、画像です。(ニコンD7000&60mmf2.8D)














































写真日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定山渓へ行く (後編)

2016-10-16 19:31:12 | サイクリング2016
10月15日の(後編)です、(前編)はこちら


定山渓の紅葉はこれからという雰囲気ではあったけど快晴で空気も澄んでおり
景色は綺麗でありました。

坂を下って月見橋へ向かいます。


到着・・・




そして二見公園へ向かいます。

普段人気の少ない公園ですが本日は観光客がたくさん訪れておりました。










AF微調整でピントもいいようです。


18-200㎜は手振れ補正が付いているので気軽に200㎜で撮影できますね。





坂を上り下流の橋に向かいます。

ここからの眺めも素晴らしいです。


で、ここから200㎜で撮るとこんな絵が撮れるんですよね、200㎜が手持ちで普通に
使えるとは嬉しいね。



そうだ、ダム下を見に行こう。






こちらも紅葉はもう一息だが素晴らしいです。















温泉街に戻って「白糸の滝」を見に行きました。

ビューホテルの横から激坂を下るとあります。


正直言って沢の溝から落ちてるだけの小さな滝です、しかも人工物っぽい。


アップにして紅葉(紅葉してないけど)を入れると雰囲気が出るね。


「白糸の滝」横の橋を渡ります。






激坂上りで汗をかき・・・

錦橋からの景色です。


反対側はガードレール越しでアレだけど川下りですかね。



さて、定山渓を後にします。


こちらは林道に掛かる橋から上流方向。


簾舞の藻岩ダムで休憩。


フロントバッグはカメラで埋まるのでサイドバッグ装備です、フリースが入って
いるだけなのでスカスカです。


お土産に梨を買いました。



小林峠を越えて帰ります。

噂の激坂を上ってみたいので藻岩山観光道路に繋がる道に入ります。


噂どおりの激坂だったけどノンストップ達成しました。

ちょっと下ってトンネル工事現場。

小林峠は近いうちにトンネルに切り替わるので自転車で上るのは今回が最後に
なる可能性が高い。




一気に頂上・・・ここから家までほぼ下りです。



本日の走行距離75キロ、平均速度16.6キロ。



サイクリング ブログランキングへ


写真日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定山渓へ行く (前編)

2016-10-15 21:19:14 | サイクリング2016
定山渓の紅葉を見てきました。

ほんとは支笏湖とか朝里峠とか行こうと思っていたけど朝早いと寒いからね。




8時半に出発。

顔に当たる空気が冷たいこと・・・

円山公園はご覧のとおりの緑ですが紅葉もちらほら見られます。


こちらは円山下の龍興寺の横です、円山は緑だけど街路樹だけ紅葉しとります。

この木だけ毎年紅葉が早いのです。


豊平川沿いのサイクリングロードに入ります、ちょっと向かい風なんだよね。


真駒内公園では結構紅葉が見られました。




石山緑地


国道230号線に合流し豊滝あたりから見る八剣山。




やや向かい風だけど気温はわりかし高く快適である。


トンネルの手前あたりから渋滞気味、明日は凄い渋滞になりそう。

自転車に渋滞は関係無い。


そしてお昼前に定山渓に到着しました。

月見橋・二見公園を見に行きます。




さて、今日のカメラはニコンD7000と借物の18-200㎜です。
Nikon デジタル一眼レフカメラ D7000 ボディー
クリエーター情報なし
ニコン


Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED18-200mm F3.5-5.6G(IF) ニコンDXフォーマット専用
クリエーター情報なし
ニコン


D7000のピントが所有している全てのレンズで奥に外れる癖があるみたいなので
調整してみました、厳密にやると膨大な手間がかかるので簡易的な方法でやりま
した。

やり方は正しいかどうかは知らんけど、三脚に固定し平面のコントラストの高い
写真なりイラストなりを用意する、カメラのモニターで拡大してピントを合わせる、
その後にモニターから通常に切り替える、そしてシャッター半押しするとレンズが
どう動くか見る、動かなければそれでよし。

ここで動くとズレ(ピントが外れる)てます。

距離窓が付いてるレンズなら動くのが見えるが窓が無いタイプなら撮り比べる
のがよろしい。

奥にズレてたらカメラのAF微調整で手前に来るように調整すればいいだけ。

上記の方法で動かなくなるまで詰めて行けば良しとする。(自分基準)

尚、撮影距離は60mmマクロは30センチ程度、35mmと50㎜は1メートル程度、
18-105㎜・18-200㎜・80-200㎜は3メートル程度でやってます、距離の根拠は
なんとなくそのくらいです。

「80-200㎜ f2.8D」以外の調整量はほぼ一緒でした、ということはレンズは正常
だがD7000がおかしいという証明ではないのか?

カメラをニコンに調整に出すのが先決なんだろうね。

80-200㎜は調整し切れないほどズレておりました。(修理に出したら正常という
ことで帰って来たが)


ということで撮りまくった後編に続く。


サイクリング ブログランキングへ

写真日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加