中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

お花めぐりは体力勝負

2011-06-30 21:10:39 | 草花・自然等
日曜日の画像ですが・・・

こうやって遊歩道を見てみると結構ハードですよね。

ここのところ運動不足なもんでちょっとばかし息が上がりました。

中にはね、「俺もう駄目」みたいなバイク乗りとか、顔面蒼白の
お姉ちゃんとかがいるんですよね。

意外と中高年は元気だったりします。

元気な人しかこないという理由もあるかもしれんが。

同年代のグループをぶち抜いて、スピードアップしたら後ろから
「速っ・・・」 て聞こえた、ちょっと優越感があったが、実は結構
苦しかったのだ、汗もかいたし。

ランニング再開した方がいいかもね。



お花めぐりは体力勝負だったりするのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイベスト

2011-06-29 21:40:05 | 釣り道具
いつかの釣り風景。








ルアーの釣りはフライよりか趣味性が高いような気がする。

阿寒湖の場合、モンカゲが飛んでいようがスプーンを使う。(自分は)

フライなら当然モンカゲパターンを使うだろう。

モンカゲルアーが無いからしょうがないとも言えるけど、皆好きなものを
付けているのではないでしょうか。

ルアーマンが10名いたら全員違うものを付けてることは普通だったりする。

そして誰もがマイベストを持っているようです。

自分のベストルアーはスカジットのディンプルスプーンなんだけど、これ
既に廃盤なんだと思います。

それ以外も廃盤で手に入らないものばかりなんですね。

廃盤になる理由は売れないからだと思うけど、売れないと釣れないは
別物のようですね。

ディンプルは凄い釣れます。

無いと困るんだけどどうにかならないの?


しょうがないからこれを試してみようと思う、「忠さんスプーン」 です。


有名な忠さんスプーンだけど、今まで使ったことが無いのです。


有名だけどあまり見たことが無いんだよね。

使えるのか?  失礼な物言いでスマンです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中年ライダー必見

2011-06-28 20:00:19 | 雑多なもの
とあるブログで見つけた動画です。


自分も確実に老いる・・・


だけども、しょぼくれた生き方はすまい。


Dream Rangers 何のために生きるのか(日本語字幕) ライダー必見
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニセコ~積丹 花を求めて 後編

2011-06-27 21:35:10 | ツーリング2010~2011
ニセコパノラマラインを岩内方面へマッタリと下りました。

下界に降りると暖かいですね。

山は天気はいいけど寒くてブルブルでしたよ、トンネルに入るとさらに
冷え込みます。


海岸線をマッタリ流して神威岬に到着しました。


まずは腹ごしらえ・・・食欲が無いのでこんなもので済ます。


神威岬へ向かいます。

パーキングから既に 「ゼンテイカ」 が見えてました。




あちらこちらと言うよりか何処を見ても咲いておりました。


画像だと分かりにくいけどオレンジの点はゼンテイカです。








「エゾスカシユリ」 も少しだけありました。



神威岬です・・・でも撮影位置がいつもと違いますね。


これは何?

灯台の設備なんですね。


実は灯台の中に入ったのです。


年に一度だけ入れるそうな、ラッキーでしたよ。



「オオバナノミミナグサ」 ですかいな? 数は多いです。


遊歩道は照り返しで暑いです、ニセコの山と10度以上違うのではないでしょうか、
結構汗だくになりました。


帰ります。


古平手前で渋滞に遭いました。

どうも低速でフラツキます、ケツが上がってるのが原因だと思います。

荷物が軽いとバランスが悪いです、それ以外は絶好調でした。


まずは良き一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニセコ~積丹 花を求めて 前編

2011-06-26 21:28:59 | ツーリング2010~2011
天気がいいのでツーリングに出ました。

今回は雨には当たらないと思う・・・

しかーし・・・寒いんだよね、山は15度無いかも。

太ももがプルプル震えます、手も冷たいし。


ニセコ方面の今時期はどんななのか興味がありましてね。

羊蹄山です。


別名、蝦夷富士。

ここまで富士山に似ている山はそう無いと思いますよ。



ニセコパノラマラインのパーキングです、今日はライダーが次から
次へとやってきます。



神仙沼へ向かう遊歩道です。


「ツクバネソウ」


「エゾイチゲ」 なんでしょうか、他では見たこと無いような。


何かの種


「ミツバオウレン」 がたくさんありました。




もう少しで神仙沼。


「ミツガシワ」 がありました、実はこの場で写真を撮っていた女性に
聞いたのです、初めて見ました。


「チングルマ」 は群生しておりました。


「ツマトリソウ」 が一本だけ。


神仙沼です。


なかなか見ごたえありました。


こちらは反対側の展望台です、岩内の町が見えます。


その後、積丹へ向かう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラワンブキ とか

2011-06-25 21:43:35 | 草花・自然等
阿寒湖からの帰り道編、最終回です。


オンネトーを後にしました。

螺湾(ラワン)川沿いに下る664号線を走ります。

砂利道区間があるのでロードバイクの方は考えた方がいいです、
私のジムニーは生き返りますね。


国道脇にも普通に咲いてましたがアヤメです。


牧場もあります。


観賞ラワン蕗圃場です。


クサノオウでしょうか。


【ラワン蕗の説明】


説明にあるような4メートルものは無かったけど2メートル
オーバーはありました。


あたり一面フキだらけ。




コバネヒメギスの幼生でしょうか。


エゾスカシユリは道路脇に点々と咲いておりました。


【足寄の石田牧場】




ゼンテイカ(エゾカンゾウ)だと思います。


終わりでございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯ノ滝と虫

2011-06-24 21:19:31 | 草花・自然等
腹は減るし喉が渇くし、少々バテ気味。


湯ノ滝に到着です。

タチイヌノフグリはここの芝生に生えてます、普通の人は
気が付きゃしないです。


水量が少ないのでどうかと思う。


学術的に貴重である。


大雨の後ならもう少しましだと思います。


湯ノ滝というくらいだから年中暖かい、数年前まで温泉として
入浴できたらしいのです。(ここよりちょっと上)

この貴重な水域に 「ティラピア」 が生息しています、何のためかは知らないが
この池に放した奴がおるのですね。

マンガンの生成に悪影響が出てるそうなので駆除対象になってます。


ナマズでも放せば駆除できると思うけどねぇ・・・



帰り道で出会った 「センチコガネ」 糞虫は綺麗な奴が多いです。

ウンチコガネでもいいと思うけど。




「ツチハンミョウ」 です、猛毒注意。


車に張り付いていた 「サカハチチョウ」 の春型



とにかく腹が減ってて力が出ないのであった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オンネトー ~ 湯ノ滝

2011-06-23 21:07:58 | 草花・自然等
阿寒湖から真っ直ぐ帰る私達ではありません、天気もいいので
「オンネトー」 に寄りました。

阿寒湖から15kmくらいでしょうか。


相変わらず青い水面が神秘的ですよね、温泉成分だったかで魚類は
居ないそうです。               (カメラはリコーGX200です)




細い道を奥に進みます。



湯ノ滝に向かう遊歩道に入りました。

1.5kmくらいで湯ノ滝に到着します。

こんな道をのんびり歩くのもいいもんです。



遊歩道脇にいろいろ咲いております。


「ズダヤクシュ」 です。




「ツマトリソウ」 がいたるところにあります、丁度満開の時期のようでした。




「ミツバオウレン」 でしょうか、だとしたら初めて見る花です。


「ギンリョウソウ」 です、葉緑素をもたない菌寄生植物だそうです。


「目玉の親父」 とはこのこと。


「ゴゼンタチバナ」 もたくさんありました。




「ヒメイチゲ」 の種、ドリアンみたいだね。


「タチイヌノフグリ」 ここのは極小なんで撮影が難しいですね、
花の直径は3mmくらいかな。


空腹でちょっとバテました。

次回はいよいよ湯の滝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿寒湖 2011.6.19 ②

2011-06-22 21:43:04 | 阿寒湖の釣り
キャンプ場に戻ってからも雨は降ったり止んだりを繰り返して
おりました。

雨は予想していたのでカッパとゴム長靴で武装しております、
開き直ってしまうと全然気にならないですね。

夜飯も焼き物でそれなりに楽しめました。


思いのほか熟睡できたので元気です。


朝は晴れておりました。


やはり反応は渋いです・・・こうなったらルアーのサイズを
落として 「とりあえず一匹」を 狙うことにします。

狙いは的中でしたが・・・


ウグイさんでした。


スプーンは2.5グラムです、このサイズを中心に粘ること
数分・・・

とりあえずアメマスが出ました、小さいけども。


その後40センチクラスを目の前でバラしてしまった、ニジマスと思う。


妻は今回釣れませんでしたね。



何虫だったっけか、後で調べます。

「ヨツボシヒラタシデムシ」と判明。



シノ氏と合流・・・彼も不調のようでした。

その後はどうでしたか?


天気は良くなったけどね・・・もう一日欲しいです。



次回こそはいい釣りがしたいですね。


阿寒湖を後にしました。


明日から帰り道編が始まりますよ。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

阿寒湖 2011.6.18 ①

2011-06-21 21:58:23 | 阿寒湖の釣り
今期2度目の阿寒湖釣行となりました。

なんせ遠いので気軽にホイホイ行けないところがアレですね、
近いなら毎週行ってもいいくらいなんだけど。


そして今回も天気が悪いのです。


しかも不安定な天気の中キャンプなんですね。

昼飯はささやかながらシノ氏を招待して焼き肉です、焼き肉セットは
荷物になるけど持ってきて良かったですよ。

シノ氏は前日から入っていたけどパッとしない状況だったとかです、
それでもニジマスが出たと言っていた。


たまに雨が降ってたけど3人までなら大丈夫でした、手前シノ氏、奥は私です。


旧式のテントは撥水機能が駄目になっておりました、水滴が伸びるん
だよね。

そこそこ大きいので二人だと余裕でしたよ。



どよんとした阿寒湖・・・




たまに巨大な魚が飛び上がるがそれは鯉、騙されてはいけません。




センダイハギかねえ・・・今年はやたら見かけます。


コンロンソウだと思う、丁度満開の時期のようでした。



移動しました。


こちらもなんかシャキッとしない雰囲気なんだよね。


カモの家族が遊んでるしね。



それでもモンカゲがチラホラ出てきました、期待度がアップして来た時に
花粉が押し寄せる。

さらに釣れない雰囲気が盛り上がります・・・?


シノ氏はここで一匹上げました、やはりフライが有利なのかな。


一番いい時間帯にマトモに雨が降ってきた、今日はこれまでとします。

結局初日はゼロでございます、カスリもせなんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加