中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

阿寒湖キャンプ 2 釣り偏

2009-06-30 21:17:16 | 阿寒湖の釣り
釣りを始めたのは夕方4時くらいだったかな、大島前に入りました。

ホテル泊では無いので時間は気にしなくていいです、コンビニ弁当食べて
寝るだけですから。


さすが人気ポイント、一等地は人だかりでしたね。


ちょっと条件の悪そうなところに入りましたが、とりあえず釣れました。
定番のモンカゲロウニンフの引っ張りです。


釣れた直後の写真です、ここで釣りました。


その後は時間だけが過ぎていきます、妻はルアーで一回バラシありました。

周囲もたまに釣れる程度でライズもそこそこ、モンカゲロウもあまり多くは
飛んでませんでした。


気合入りまくりのフライマン達です、釣りをしない人から見ると異様な世界
ですかね。


駄目かと思った時にドカンと来ました、ウグイさんです。
モンカゲロウニンフで釣りました。


そして日が暮れる。

隣の釣り人は最後まで釣れてなかったようでした。


いきなり朝です、5時頃だったかな、別の場所に入りました。

えらい天気がいいですね、ライズはそこそこありましたがウグイも多そうでした。

目の前を鯉が行ったり来たりしています、鯉もライズするので騙されては
いけません。


歩いている周辺は産卵期の鯉がうろついています、鯉は葦の中で産卵します、
時折葦の中で大騒ぎです。


忘れた頃に来ました、ウグイさんです、釣れないよりかマシでしょう。


ライズもたまにありますが、何をどうすればいいか絞りこめません。

ビーズヘッドにピーコックを巻いた、管理釣場用フライで来ました。
ウグイと思いきやまあまあの型のアメマスでした。


たいして釣れなかったけど楽しめました、なんにせよ天気が良いのは気分が良い。

明日はオンネトー湯の滝の予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿寒湖キャンプ 1

2009-06-29 20:59:44 | 阿寒湖の釣り
今季初キャンプは阿寒湖でありました。

カテゴリー的にキャンプにしてますが、釣りはもちろん滝や花もチェック
入れてます。

国道274号を走ると夕張の滝之上を通ります、今回始めて滝之上公園に
寄ってみました。

夕張川はいつも濁ってます、景観はいいのですが水の色でマイナスです。
ここは紅葉の時期が一番ですね、秋に又来たいと思います。


公園内の旧滝之上発電所です。


昼食は鹿追の「しかめん」で済ませ、淡々と阿寒湖へ走ります。

足寄湖道の駅でルピナスが満開でした。

D70Sと18-70㎜です。


建物内で松山千春さんと記念撮影、すっかり元気になられて良かったです。

て・・・書いたけど、これは写真です。


阿寒湖キャンプ場に到着したのは3時過ぎだったかな、今回は日の入りまで
釣りをする予定なのでこれでいいのです。

ここで「杉坂隆久」氏にお会いしました、昨日まで朱鞠内湖に居たようでしたが
イトウはかなりの本数を上げたようです、いつもはシーズン3本のところ11本
も上げたとか、凄いですね。

今回はキャンプ場内別居ということで・・・

ツーリングテント2張りです、食料はコンビニで調達です、
シンプルに寝るだけのキャンプです。

足湯が有名なキャンプ場ですが、入りに行ったら水でしたよ、阿寒観光協会に
苦情を入れておきましょうかね。


明日は釣り偏になります、写真多めで行きます。(魚の写真は少なめです)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

阿寒湖行ってきました

2009-06-28 21:21:21 | 阿寒湖の釣り
帰ってきました。

今回は天気も良くて、釣りする分には快適でしたが結果の方は良いとは
いえませんでした。
巡り合わせが悪いのか、ホイホイ釣れる状況には至りませんでした。

詳細は後日、いや・・・後後日、あるいは・・・

今回はフライオンリーで頑張りましたよ、画像は気合入りマクリの
フライマン達です。

それでは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然キャンプ

2009-06-26 21:34:23 | 阿寒湖の釣り
明日、阿寒湖にキャンプに行ってきます。

前回雨で面白くなかったので仕切り直しです、さすがにホテルに泊まるのは
贅沢なのでキャンプにしました。

荷物があまり入らない車なので釣り道具はフライのみとしました、問題は
毛針の在庫が乏しいことです、やれることは限られているのです。

それではっっ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マクロでGO

2009-06-25 21:34:15 | カメラ
ついにマクロレンズを購入しました、Micro Nikkor60㎜F2.8D
です。

デジタル時代に突入したので旧タイプのレンズですが性能は特に劣りません、
というより私には性能差は分かりません。

早速会社で試し撮りです。

オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)
この、やばい名前の花がなぜか会社にあります、1枚目は普通のレンズでも
同じに撮れます。

咲いているのは朝です、昼だと見れませんよ。


この花は凄い小さいのです、編集なしでこの大きさで撮れます。


ツインズ


目いっぱい寄るとこの大きさです、ピントが難しくなりますよ。
直径1センチあるのかなあ?


初めての花発見です、チゴユリのようです。


下向いているので撮りにくいです。


ミミナグサです、会社のは凄い小さいです。


これは超小さいです、ノハラムラサキだと思います、直径3ミリ程度かな。


使用感は上々です、等倍撮影はAFを使わない方がいいようですね、本などで
書いてあった通りでした。

これからが楽しみですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オオイヌノ・・・

2009-06-24 20:35:13 | 草花・自然等
今日は暑かったですね、札幌で27度だったかな。
11日前、阿寒で3度を経験しているので、はっきり言って灼熱地獄です。

暑い中、昼休みに場内一周してきましたが、700メートルくらいあるんじゃ
なかろうか、埃っぽいし特に珍しいものはないし、面白くないです。

天気が良いのにエゾハルゼミが鳴いていません、この蝉が終わると初夏ですね、
そのうち夏蝉が鳴き始めることでしょう。


立派な花壇があるのですが、ツツジやらシャクナゲやらの下に「オオイヌノフグリ」
があります。

この花は朝は咲いているのですが、昼は閉じてます、これは朝に撮った写真です。

原産地は西アジアとなってます。


撮るものが無いので会社の裏の景色です、ジャングルですねぇ・・・


キタキツネとかはいるみたいですね、事務所の前に糞がありましたから。


ワラビとかタラの芽とか採れますよ、奥に行くと竹の子とかもありそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平岡公園の探索

2009-06-23 21:20:42 | 草花・自然等
今回の腰痛は軽いみたいで昼過ぎには大体良くなってきました、それでも
叩くとビンビンきますね、筋肉が緊張しっぱなしなんでしょうか。

昨日は雨で今日は朝だけ雨でした、昼前から久し振りに晴れて暖かくなりました、
しばらく続いた週末の悪天候も今回は回避しそうです。

夕方は真っ黒い雲がどんより垂れ込めてましたが、平岡公園の探索に行きました。

いつもはランニングに使う平岡公園ですが、今は走るのは無理です。


ヒレハリソウがありました、この花意外と目にしますね。


林の中にギンリョウソウがありました、これは花なのかなんなのか。
ここでこれにめぐり合えるとは思ってなかったです。


暗いうえに携帯電話のカメラなので不鮮明ですが絶対ギンリョウソウです。


湿地帯もあります。


湿地帯の中にはワタスゲがありました、細かい種類は不明です。


身近な公園でも発見がありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マクロレンズ

2009-06-22 19:57:58 | カメラ
AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D

ついにマクロレンズを買うことに決めました、新品ではあるけど旧タイプです、
最新型はお値段高すぎ。

今まで花のアップや昆虫のアップで歯がゆい思いをしておりました、野花は
凄い小さいのが多いですから、フデリンドウとかね、これらを切取編集無しで
撮りたいのです、しかも高画質でね。

マクロレンズとは簡単にいいますと、接写に強く大きく写せるということです、
そもそもマイクロフイルムの複写が目的だったとかですから。

このレンズは等倍撮影ができます、マクロ機能の付いた標準ズームレンズでは
等倍撮影が出来るものは無かったと思います。
等倍とはフイルム面(CCD面)に1センチのものが1センチに写し込めると
いうことです、マクロに強い標準ズームでも半分程度、普通のは4分の一程度
だと思います。
しかもですね、近接撮影に最適化しているので歪みが少ないです、普通のレンズ
だと真四角が真四角に写りませんから。

もちろん普通の撮影も出来ます、F2.8の明るいレンズなので使いやすい
ですしね。(数字が小さくなるほど明るいレンズです、普通のズームはF3.5
からF4.5とかですね)

これからは、ど迫力かつ繊細な写真が撮れると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空き地の花(オマケ付き)

2009-06-21 17:39:59 | 草花・自然等
今日は朝から腰痛でしてね、久し振りに湿布貼りました。
それでも洗車したり、バイクのエンジン掛けたり、やるべきことはやるのです、
適当に動いている方が調子いいしね。

一日中雨だと思ってましたが、パラリと来た程度で晴れ間も見えました、風は
少し強いですね。

5月後半から週末といえば雨なんでバイクツーリングもおあずけです、雨や寒い
中ツーリングをするのは嫌ですよ。


しばらく阿寒湖シリーズが続いていましたが、会社の横の空き地の花も地味に
チェックしておりました。
天気が悪い日が続いていて観察するチャンスは少なかったです、それと携帯電話の
カメラなので色がイマイチ悪いですね。

マーガレットだと思うけど本を見るとソックリな花がたくさんありました、葉っぱ
のアップが無いと断定できません。

今まで見かけたこの手の花は全部マーガレットだと思ってました。


ヒレハリソウだと思います、白から紫色になってますがここのは青紫ですね。
原産地ヨーロッパになってました、何故ここに?


ヒレハリソウのアップと当社の事務所です。


コウリンタンポポです、こちらも原産地ヨーロッパ。


ヒトフサニワゼキショウ、原産地北アメリカ。

会社の横の空き地は帰化植物が多いですね、帰化植物が無かったら花がほとんど
無いということになるのかな。


特徴的な茎を見て欲しかったのですが分かりづらいですね、細い葉っぱに花が
付いているような変なやつです。

直射日光だと色が飛んじゃって駄目ですね。




空き地の花とは関係ありませんが、阿寒湖に行く途中で見つけた花の名前が
分かりました。

白藤ノ滝で発見したこの謎の花はゴゼンタチバナ(御前橘)でした。

ブログ友達のみどりさんから教えてもらいました、彼女と同じ図鑑なんですが図鑑の
写真は集団なんです、てっきり単独で咲くものだと思っていたので見過ごしていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビッグファイト松本&花

2009-06-20 20:29:12 | 釣り
今日は仲間と3人で「ビッグファイト松本」へ行ってきました。

今週末も曇天・低温・雨模様なんでして、これじゃ魚もふてくされますよね、
それでも前回より活性が上がっていて、結構楽しめましたよ。

ここの気温は15度前後だったと思います、しっかり着込まないと冷えますね。

仲間のヒットシーンです、ドライフライの反応が良かったようです。


これは私が釣ったデカニジです、ルアーの「ブン」でヒットです。
ブンはカナブンかコガネムシを模したもので、水面に浮かべて誘う釣り方です、
ドライフライと同じ感覚です。


たぶんヤマメだと思いますけど12~13センチくらいでした、ニジマスの子もこんな
感じですが背ヒレと尾ヒレに黒点が入ってませんでした。
この写真だけ携帯カメラです、他のはD70Sと18-70㎜ F3.5-4.5Gです。


エゾノクサチゴでしょうか。


最近お馴染みのズダヤクシュだと思いますけど、花の下にベロがあるんですよね、
別種なのかなぁ・・・


たぶんコンロンソウ、たくさんありました。


コンロンソウと白蝶、バックの紫の点はエゾムラサキです。


オドリコソウだよね。


ユキザサだとおもうけど、前に見たやつよりもかなり小さいです。


クリンソウです、この花は目立ちますね。


これは何だろう?凄い小さい花で地面にベッタリです、草刈の後でもセーフ
でしたから。


季節が進むと違う花が現れますね、これからも楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加