中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

自転車に始まって自転車で終わった1年

2014-12-30 18:05:49 | サイクリング2014
2014年も終わろうとしている、思い返せば自転車に始まって自転車で
終わった1年だった。

自転車で旅をすること・・・30数年ぶりのことだった。

きっかけは些細なことだった。

旧型MTBをドロップハンドルにしたら楽しいかもしれないと思ったのが
始まり、舗装道路向きに改造すればサイクリングにも使える。

自転車の改造やメンテナンスは学生時代に飽きるだけ経験している、
その気になればゼロから1台組み上げることもできる。

冬場に自転車を部屋に持ち込み作業を開始する・・・

イメージがどんどん膨らみ、本格的なサイクリング車に作り替えてしまった。


ものは仕上がったが体はどうなのよ? という問題。

自転車通勤をしていたこともあり体は大丈夫だと思っていたが、幻想に過ぎ
ない事実に突き当たる。

幌見峠タイムアタックに挑戦したが休み休みじゃないと上れないという現実。

春先最初のタイムは26分だった。


目標は大きく、ということで「宗谷岬に立つ」と宣言していた。

前哨戦のつもりで支笏湖キャンプを決行、札幌の住民にとって支笏湖は日帰り
コースである、慣れないキャンプ装備だが問題は無いと思っていた。

膝痛に悩まされボロボロになった。(1)(2)


積載バランスやクランク長など考えられる問題点を改善し、膝に負担がかから
ないペダリングを習得するなど「宗谷岬に立つ」ためにやれることはやった。

大きな不安の中、道北に旅立ったのだ。

体調不良などのトラブルもあったが無事宗谷岬に立つことができた


春先に26分もかかった幌見峠だったが秋には15分で上がれるようになっていた。

小樽の「励ましの坂」は2度目のチャレンジである。

ノンストップで上れるとしたら今しかない・・・

本当に苦しかったが達成できた、自分の中でも大きな自信となりました。


手稲山を自転車で登るのは26年ぶりだろうか? たしか4度目だったはず、
今回が一番苦しかったと思う、歳をとるとはそういうことだと悟りました。


来年度に向けて自転車のメンテナンスをしました、今年度走ってみて分かった
問題点や消耗した部品をリニューアルしています。


2014年度の総走行距離は3337キロでした。

それでは皆さん良いお年をお迎えください。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

藻岩山周辺散策

2014-11-08 20:56:38 | サイクリング2014
寒くて遠出をする気分にありませんので昼から市内をぶらーり・・・

とりあえず「ONO」に寄ってみたがお休みでございました、シーズンオフだから
しょうがないですね。

さて、どうするか・・・

市内で行っていない所って?

そうそう・・・「藻岩山ロープウェー」の奥ってどうなっているんだろう?

と、 いうことで向かいます。

環状通の南19西15を右に曲がり藻岩山麓通に入ると上りが始まる、ロープウェイ駅
方向に左折したとたん激坂が始まった。

「励ましの坂」ほどではないが、自転車乗りかつそれなりのギア比を持った自転車
じゃないと登りきれないのではないでしょうか、なかなかハードな上りでした。


「東本願寺会館北海御廟」(工事中)がありました、展望がよい訳でもないので
すぐに下ります。


次に来たのは「札幌伏見稲荷神社」

改めて見るのは初めてですね・・・なんか新しくなっているみたいだが。


自転車をおっぽって入るのも心配なので、迂回して上から入りました。

100円で無病息災をお願いしたが安かったでしょうかね?




旭山公園」が近いので向かいます。

旭山公園に上がる坂もハードではあるがこちらもノンストップで攻略した。

藻岩山


札幌の街が見渡せる。


円山


奥に見えるのは手稲山。


西区方向、黒い点はカラスです。


坂のビスケットを買って帰宅しました。

なんとも言えない雰囲気が漂っておりますね。(見学自由です)


本日の走行距離、15キロくらい。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小樽 ぶらーり・・・

2014-11-03 13:35:18 | サイクリング2014
励ましの坂 再チャレンジ」の続きです。


坂を下った後に外食したんですよ、自分にお祝いしようと思ってね。

しかーし・・・駄目よ~・・・に該当するレベルでガックし・・・ラーメン屋にでも
入っていた方が100倍満足しただろう。


まだ昼過ぎなので祝津まで行ってみます。

特に見どころも無いけれど漁村を眺めながら走るのもいいものだ。

焼きニシンの香を楽しんでから戻ります。(香だけよ)


車で来た時は気が付かなかったが古い倉庫があちらこちらにあります。


このまま朽ち果てるのでしょうか? 何かに利用できればいいけどね。


保存されている家屋もあります、今期の公開は終了しているようでした。




曇天に変わりました、空気もどよんとしております。




小樽港の北側になるのかな? 釣り人と猫。


飼い猫なのでしょうか? 人慣れしております、釣り人から小魚をもらったりおやつを
もらったりしながら時間をつぶしているようです。




見通しが悪いですね・・・曇っているだけでは無いような。


フェリー乗り場付近の公園にあります。


なんとなく分かるけど・・・これでは駄目でしょう。




さて帰ります。

張碓峠を越える前にエネルギー補給をしておきます。


自分専用に組み上げた自転車は快調そのものです。

元々付いていたパーツはホイール・カセットスプロケット・ディレイラー・ブレーキ本体
となっています、この冬これらを交換しちゃうのでMTB時代のものはフレームだけに
なってしまいますね。


晩秋のサイクリングを堪能しました。


本日の走行距離75.7キロ、平均時速17.8キロ。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

励ましの坂 再チャレンジ

2014-11-02 09:42:05 | サイクリング2014
11月1日、昨日の記事です。

10月12日に「励ましの坂 チャレンジ」をしておりましたが見事に撃墜されておりました。

今回はそれのリベンジでございます。

「励ましの坂」については「NHKニュースおはよう日本」の「励ましの坂に挑む」の記事
やその他検索をかけるといろいろ出てきます。


3連休とのことだが雨が降らなさそうなのは今日だけのようでした、今日を逃すと
次は無いかもしれないという微妙なタイミングです。

風もほとんど無く、それほど寒くも無く、絶好の挑戦日和です。


張碓峠で栄養補給をしておきます、前回は挑戦直前に食べたのが敗因の一つだった
と思っております、今回は万全の態勢で挑みます。


家から小樽の手宮まで30キロちょっとでしょうかね。


体力を温存しつつ手宮に到着しました。

手宮公園方向に入り道なりに進みます、途中から住宅街の狭い道になりますがここ
からが本番となります。

ルールは一つ “足を着かずに上りきる” となっています。

自分の中のルールとしては、絶対に蛇行しないこと、一直線を貫くことだ。

スタートは信号を渡った地点からとします、ゴールは「民宿とまや」へ向かうT字路を
左に曲がったところです。


作戦としては、住宅街に入るまでノーダメージで行くことかな? 後は無茶なペース
で進まない、これに尽きる。

緊張のスタート・・・


前回同様、道が狭くなる地点で余裕がほとんど無いという状況。

目いっぱいローギアのフロント26Tリア30Tで上るが「苦しい」の一文字しか浮かばない、
「駄目くさいな」と思い始めたその時だった、『無着陸チャレンジしているのですか?』と
中年の女性に声をかけられた、「はあ~い」と答えるのが精いっぱい、『頑張ってください』
・・・励まされました・・・

はっきり嬉しい・・・これは頑張らねばならない。

上を見ると挫けそうになる、既にスタンディングで踏みこむ走行に変えている、余裕は
皆無・・・心が折れたらそこで終わる。

前回不時着した地点を通過した・・・苦しいを通り越して死にそうに変わっている。

あと少しが遠い・・・

最後は気力だった、正に 励まされなければ登れない 坂だった。

無着陸で到達しました、成功です。


次はできないかもしれない・・・そう思える厳しさだった。


NHKにっぽん紀行「励ましの坂を上りきれ」の舞台は「とまや」という小さな民宿だ
それが左端の古民家である、こちらのブログの「おいでよチャリダー!」カテゴリー
を見ると面白いですよ。

今度、泊ってみようかと思っています。


とまやの上に素敵な消火栓があった。


こちらは励ましの坂の上にある神社。




22%でございます。


これだもの・・・道なりに自転車を立て掛けることができません。


よく上れたものだ。


小樽観光編につづく。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

円山公園と幌見峠ノンストップチャレンジ

2014-10-26 19:57:43 | サイクリング2014
中途半端な時間に起きたものだからどうしたものかと思案していた、だけども
強い風の音を聞いた瞬間遠出は諦めた。

午前中は廃人のように過ごしていたが、これでは若さが腐れると思い午後から
家を出た。

季節外れのポカポカ陽気、20度越えとは9月の気温だろう。


スローペースで円山公園にとうちゃこ。


暖かいせいかカメムシも元気バリバリです。


紅葉を見ながら遊歩道を進みます。




円山、登山口です。







さて、今日は気合いを入れて幌見峠チャレンジです。

前回のチャレンジは5月2日のことでした、その時のタイムは20分、春先の最初の
チャレンジの時は26分でした。

ちょっと向かい風で条件としてはあまり良いとは言えない。

「真如苑北海道本部」前のバス停をスタート地点とします。


幌見峠は「円山西町神社」前から最初のS字を越えるまでがキツイのだ、それをクリア
すれば後はたいしたことは無い。

じりじりと進む、前回よりギア比に余裕があるせいか力尽きる事も無く「札幌西円山
病院」の入口を通り過ぎる、だけどもここから一段と傾斜が増すのだ。

S字カーブが見える頃には呼吸も脚も限界近しと叫んでいるようだ。

S字カーブの内側は20%を越える傾斜だと思われる、ここで初めてスタンディングに
切り替える、蛇行して進むといくらか楽だろうがそれをやるのは自分の中では負けだ
と決めている。

S字をクリアした・・・しかし苦しい、ゲロしそう。

よっぽど足をつこうと考えたが堪える。

傾斜が少し緩くなったので徐々に呼吸と鼓動が収まってきた。

どうやらノンストップでクリアできそうである、しかし苦しいことには変わりは無い。

カーブをいくつか越えたら頂上が見えてきた。

苦しみながらもついに到着しました・・・幌見峠をノンストップで攻略しましたよ。

タイムは15分くらいです、春先の26分から劇的にタイムアップしました。



気を良くして平和の滝を見てきました、平福トンネルも滝への登りももちろん
ノンストップですよ。


まったりと家路につく。


ナナカマドが真っ赤っか。


エゾノコリンゴでしょうか?



人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

札幌市内~前田森林公園

2014-10-25 20:43:54 | サイクリング2014
本日は所用があり札幌市中心部へ。

寒いのを想定していろいろ着込んで行ったが20度を超えたとかなんとか、
暑くてまいりましたとさ。

自転車で20~30分も走れば中心部に来れるのです。


道庁前です。


札幌駅


ここまで来たら北大に行かねばなるまい。

市内も紅葉が綺麗です。


北海道大学総合博物館」に入りました。


撮影禁止とは書いてなかったけど問題無さそうなのをいくつか撮影しました。








北大構内は観光地化されてるみたいに大勢の人が訪れております。






謎の集団が・・・




ポプラ並木


イチョウ並木





時間があまったので前田森林公園まで足を伸ばした。

風と雲が微妙だったので途中で止めようかと思ったが運動だと言い聞かせ
走り続けた。






友人の喫茶店でまったりしてから帰宅する。

寂しがり屋の看板犬。



人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

定山渓ダム(札幌湖)

2014-10-19 20:15:25 | サイクリング2014
なんせ天気が良すぎです、ここのところ休日と快晴が重なるパターンが続い
ています。

昨日の手稲山アタックの疲労もあるけどシーズンは残りわずか、行ける時に
行っておかないと後悔します。

本日は定山渓ダム(札幌湖)を見てきましょう。

小林峠は越えずに下道を選択。

石山から裏道に進入し、最初の橋から。


画像ではいまいちだが素晴らしい紅葉です、結局のところ定山渓よりも簾舞あたり
から下流域の方が今は見頃のようでした。


十五島公園に寄って小休止&栄養補給。


濁っていると景観的にマイナスですよね、この濁りは豊平峡ダムの影響です。


こちらは白川浄水場付近の橋からです。


簾舞の新しい橋です。


砥山発電所付近の橋から。


昨日の疲れのせいかアップダウンが少々こたえます、だけども筋肉痛や膝痛などの
ダメージはありません。

国道230号線に出ると予想通りの渋滞でした。


定山渓の錦橋です、ここまで来ると紅葉は終盤のようでした。


ダムに上がる道の険しさを思い出し少々不安である。

低いギアでタラタラ進む・・・「テントウムシやらカメムシやらが凄いなぁ」とか
「キリギリスが鳴いている」とか呆けているうちに着いてしまった。


ダム下です。




葉っぱはほとんど無いですね。




パーキングに到着です。








トイレのあるパーキングはここだけだったと思う、ベンチもあるし休憩には最適
である、ただし今時期はカメムシが多いので注意せねばならない、オニギリに
張りついたカメムシを知らずに食べるところだった。


今日はここから戻ります、さすがに峠越えする元気はありません。

一気に走って八剣山。


円山公園です。






本日の走行距離74.37キロ、平均速度18.19キロ。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手稲山チャレンジ

2014-10-18 21:09:11 | サイクリング2014
札幌の自転車乗りのトレーニングコースとして有名な手稲山。

1990年に上ったきりご無沙汰していた手稲山、自転車乗りを自負するなら
近いうちに行かねばならないと思っていた。

寒くなってきた昨今、もたもたしていると雪が降る、今日を逃すと次は無い
かもしれない。



寒いです・・・ライトダウンを着こみ国道5号線を走る。

少々風があったが山に入ればそれほど問題にはならないだろう、だって風が
影響するほどのスピードで走れないからね。

手稲山に上がる交差点でライトダウンを脱ぐ、ちょっと寒いが直ぐに暑くなる
のは間違いない。

(9:35) いきなりの急登なのです。


鼻水がたれるのでつまらないところで停車すること数度。


途中に見晴らしのいい橋がある、紅葉はこれからと言うよりか樹木の関係で
あまり綺麗ではない。




札幌オリンピックの建物だが放置はよろしくないですね。


少々きついところもあるけどMTB系のギアが付いているので傾斜に負ける
ようなことは無い、その気になればノンストップでも上がれるかもしれない。

ロードの人には大勢抜かれたが装備重量が倍なので仕方が無い・・・と空しい
言い訳。

(10:44) ロープウェイ駅まで1時間9分かかりました。


こんなに寒いのにキリギリスが鳴いていた、朝の気温は5度以下だと思うけど。


さて・・・ここからが本番。

ロードな人ではないので更に登ります。


女子大回転コースのど真ん中で栄養補給します、急ぐ理由はありません。

「熊撃退スプレー」も装備しております。


さすがに走り続けることは不可能で休み休み進むよりありません。


標高が上がってきました・・・空気が薄い・・・じゃなくて体力不足。


たいした距離ではないが短いゆえに急坂なのであろう。


景色を楽しみながら走れるような傾斜の緩いところは2~3カ所がいいところ。


数十メートル走って呼吸を整えて再び走り出すの繰り返しである。


きつい所は10メートルしか進めない、歩いた方が楽だと思われるが乗って上がった
という実績が欲しいのだ。


ここまで来たらあと少しである。


三角山が遥か下に見える、我が家もあの中にある。


苦しかった余韻を引きずりながら最後の坂を上がろう、ここから300メートルくらい
でしょうか。


(12:16) ついに登頂です、ロープウェイ駅から1時間半くらいかかったようです。














長年の体力減退や膝痛を克服してよくここまで来れたものだと思う。




ロープウェイ山頂駅。(現在廃止されております)


かつてスキーで何度訪れたことだろう、懐かしさと寂しさを感じます。


今回トゥクリップを新調しております、厚みのある靴でもOKのディープに替えました、
寒い時用のトレランシューズでも入ります、蹴り返し用のプレートも付けました。


ピッタリです、ところでストラップですがナイロンでは駄目です、ここはやっぱり
革に限りますね。


天気も最高・・・来て良かったですよ。


下りは楽だと思ったがブレーキが甘いので結構大変でしたね。


舗装道路に出てからは快調そのものでした。

ゴルフ場横にあるこの建物ですが、かつてプールだったことを知っている人は
少ないでしょうね。


途中から旧道(?)に入りました、意外と急なんだよね。


本日の走行距離38キロ、平均速度12.6キロ。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

励ましの坂 チャレンジ

2014-10-12 19:56:53 | サイクリング2014
絶好のサイクリング日和です、「こんな日に走らずしていつ走るのだ」といった
突き抜けた青空が広がっておりました。

しかし、体調は万全とは言い難い、風邪だか胃腸炎だか分からないが前日まで
ふにゃふにゃの体でありました。

本来ならば開通した支笏湖線を見てきたいところだが体に自信がありません、
ここは無理をしないで小樽あたりで手を打つべきだと考えました。

自転車はいつでもGOできるようにメンテしております。

本日はトンネルがあるのでテールランプをONにしときます、ところがかすかに
点灯しているようだが使いものにならない、なんと電池が消耗しておりました、
電池を食うのかそれとも最初に入っていたメーカー不明の○国製の電池が悪い
のか、なんともです。

自動点灯のテールランプです。
キャットアイ(CAT EYE) リフレックスオート TL-LD570R
クリエーター情報なし
キャットアイ(CAT EYE)


ウインドブレイカーと指あり手袋で走り出す。

風も弱く順調に距離を重ねる、体調も大丈夫そうである。

銭函の5号線と147号線の合流点より。


張碓付近のツタがいい色になっています。


そう言えばそろそろ3000キロに到達したのではないかと思い確認してみると
ドンピシャでした、直前まで忘れていたから危なかったですね。

今期の総走行距離は3300キロくらいになるでしょうか。


一車線が工事をしている関係で渋滞しておりました、自転車には関係ないですけど。


昼前に小樽市色内に到着しました、「旧日本郵船(株) 小樽支店」の前で昼食にします。


さて、「励ましの坂」に向かいます。

旧日本郵船から数分で坂の上り口に到着します、手宮公園沿いの上り坂が
「励ましの坂」となっています。

信号を渡ったところからスタートします。


この坂は上るにつれ斜度が増すという過酷なものです、最大斜度は24%と言われて
おります、砂が乗っているとスリップして上がれないほどの傾斜です。


作戦としては後半に体力を残しておくことだろうか、だけども「←手宮小学校」の
看板あたりで既に脚にきてますけど。

じりじりと距離を重ねていきますが心肺・脚共に余裕がありません、ギアはF26×R30
ギア比0.87でも足りない雰囲気。

見上げると坂は遥か上まで続いている・・・心が折れました。

誰か励ましてくれよぉ・・・

ここでダウンです・・・後で知ったのですが、道路に人が居るでしょそしてミラーも
あるでしょ・・・そこがゴールだったみたいです。


ここまで上ってきたけどね。


再スタート後はスタンディングオンリーで行きました、ちなみに一回目はダウンする
までシッティングで上ってた。

ゴール地点に到達です・・・この傾斜だもの。


おしかったですね、あまりにも悔しいので再チャレンジしましたが、体力が回復してる
訳も無く更に手前で撃沈しました。

励ましの坂で検索かけるといろいろ出てきます、NHKニュースの「励ましの坂に挑む
を見るとどんな所なのか分かると思います。

帰りは適当に観光しながら進みました。










あまり釣れてなかった様子でした。


しかし、なんという青空でしょうか。


どこを見ても雲が見えないですね。






国道5号線を朝里方向に進む。


朝里川河口ですがサケの遡上が見られました。




「励ましの坂」を経験すると他の坂なんて平地みたいなものだ。














パスコロのアイスで〆る。


本日の走行距離67.24キロ、平均時速17.81キロ。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

清田経由で滝野公園

2014-10-05 21:36:45 | サイクリング2014
9月10日前後の大雨災害の状況を見に、今回は厚別川上流域を見てきました。

前日まで雨だったが今日は良い天気、風も弱いので急変する可能性は低いと
思われる、朝の気温は10度ちょっとだろうか? 指ありの手袋をつけて走るこ
とにする。

円山公園~南22条大橋と進み、HTBの横を通って羊ヶ丘通りに合流する。


少々アップダウンがあるが追い風気味なので比較的いいペースでここまで来れた。


清田から「滝野すずらん丘陵公園」までは厚別川沿いに道が続いている。

増水の傷跡が残っております。


自転車走行可の歩道なので遠慮なく使わせてもらう、ちなみに歩行者には
合わなかった。


農家の茶屋 自然満喫倶楽部」で寒いけどアイスでも。


イチゴ味ですよ。


お店です、滝野公園に向かって左側。


上流域に向かうにつれ被害が大きいように見える、道が削られている。


釣り堀の「あいりん」に行く橋が崩落しておりました、釣り堀は休業して
おります。


崩落した橋の下流です。


橋からじゃないと川の状況が見えないのですが、崖の崩落も多かったと想像
できます。


突然、歩道が消滅しておりました。


マンホールだけが残っている。


「鱒見の滝」に行く橋も一部崩落しておりました、通行止めになっております。


荒れ果てた川に釣り人が見える。


滝野公園の渓流ゾーンは立入禁止になっています、川岸の崩落が見えます。


渓流ゾーンに入れないので中心ゾーンに上がりました、本日は無料とのことなの
で入ります。




コスモスが綺麗です。


ダリア


いろいろ咲いておりました。


カメムシの仲間なのかな?


展望台まで歩きます。


玉ころがし? 何が楽しいのか分からない・・・


無料ってこともあるだろうけど大勢の親子連れが訪れてました。






















アカタテハ


橋の上から渓流ゾーンです。


滝野霊園方向に向かうのですが歩道を選ぶと階段が3カ所ほどあります、押して
上がれるけど失敗ですかね。


滝野霊園の名物、モアイです。


ベンチの支柱ですけど、なんか落ち着かないんですよね。


さて、帰りますか。

真駒内公園に寄ったら札幌マラソンの集団と遭遇しました、たぶん後ろの方だと
思われます。


小林峠を越えて帰ります。


峠を越えると家までほぼ下りなのです。


本日の走行距離65.2キロ、平均速度17.5キロ。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
サイクリング ブログランキングへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加