中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

年末シリーズ 「ツーリング」

2013-12-30 20:47:10 | ツーリング2013
2013年もあと二日で終わる、この一年は褒められたものでは無かったが
恥じるほどの醜態は晒していないと思う。

来年度もそう変わりはしないと思うが、希望を捨てずにやって行こうと
思っている。


年末シリーズというわけで今年の思い出深い記事をピックアップします。


今年のツーリングで思い出深いのはなんといっても道東・道北5泊6日の
旅だ、テント生活の放浪旅は自分のことを見つめ直すいい機会だった。

ただ・・・見つめ直したところで何も変わらないのが現実だけどね。

生きる活力にはなったと思っている。


冷めた書き方になってしまったけどそのへんのご指摘は勘弁して下さい、
少々酔ってます。


2013 北海道キャンプツーリング①~⑧のリンクです。


① 札幌~国設然別湖北岸野営場

② 国設然別湖北岸野営場~おんねゆ温泉 山の水族館

③ おんねゆ温泉 山の水族館~多和平キャンプ場

④ 多和平キャンプ場~標津サーモン科学館

⑤ 標津サーモン科学館~国設知床野営場

⑥ 国設知床野営場~クッチャロ湖畔キャンプ場

⑦ クッチャロ湖畔キャンプ場~兜沼公園キャンプ場

⑧ 兜沼公園キャンプ場~札幌



人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今期最後のツーリング 「朝里峠」

2013-11-04 20:59:59 | ツーリング2013
朝から晴れている、一週間後に雪が降るとの情報もちらほら、今日を
逃すと次は無いと思われる。

これはもう・・・行くしかありません。

3週間ぶりのエンジン始動だがキック2回ですんなり始動しました。

朝の気温は10度くらいか、これ以下だとバイクに乗ろうという気分に
なれない。


まずは定山渓です、錦橋より上流方向。


こちらは下流方向。


ここまでは特に寒いということは無かった。


札幌湖です、釣り人が2名見えました。


ここまでは良い天気でした。


パーキングを出て5分もしないうちにポツリと来た・・・でもたいした
ことは無さそう、そのうち止むだろうと思っていた。


峠に近づくにつれ気温もグングン下がる、雨も小降りではあるが止む
気配は無い。

うーむ・・・いけませんね。

ついに覆道の出口付近でカッパを着こんだ、しかし、雨が降る予報
だったっけ?

なんか、ついてないですね・・・

勢いよく再スタート、不思議と調子のよいXLR250Rです。

峠の気温表示が4度となっていた、寒いわけだわ。


小樽に寄ってシャコを購入、ついでに豪華な昼飯。(950円です)




最後を飾るツーリングにしてはイマイチだったがしょうがないですね。

本日の走行距離、115キロくらい。


RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV 175720
リコー
リコー



人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青山~浜益~雄冬

2013-10-15 20:18:28 | ツーリング2013
昨日の体育の日は青山~浜益~雄冬をツーリングしてきました。


天気予報どおり朝から快晴です、残り少ないツーリング日和を
無駄にはできませんよね?

キック2発で始動完了、ここのところ調子がいいです。

数年来、調子が・・・とポヤいておりましたがキャブのジェットを
交換したり、タペット調整、カーボン除去の添加剤投入などで
新車時の調子の9割以上は取り戻したと思っております。

お金があればオーバーホールといきたいところですが今は我慢。


札幌の最高気温は17度だったらしいがこの時期としては暖かい
かもしれない、薄着で出たがわりと平気だ。

当別から青山に向かいます。

残り少ないツーリング日和を楽しむライダーと何度もすれ違う。

当別ダム、山に入ると少々冷えてきました。


ダムの下流


走行中は少々寒いが止まると日差しが暖かいのだ。


ライトダウンと冬用グローブを装着して再出発です、以後寒いと
いうことは無かった。


青山ダム


暑寒別岳だろうか? 冠雪しております。


青山ダムの横から。


浜益川だけどサケは見られない、今年は少ないのだろうか。

(本日、海産物関係の業者と話をしていたら、漁獲が一時期好調だった
けど後半伸び悩むであろうという話を聞いた、最終的には4年ごとの
豊漁年に当たるにもかかわらず低迷するだろうとのことでした)

橋の横で。


浜益で昼食、ラーメンが恋しい季節になりました。




とりあえず雄冬まで行きます。

雄冬の展望台より。






紅葉はまだ早いみたい。




駐車場は墓地の横なのです。




ザッブーンと波が来る、白銀の滝の下流は海に直結です。


白銀の滝


厚田パーキングより。


本日の走行距離218キロ、燃費は37.8キロでした。


RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV 175720
リコー
リコー



人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニセコ・洞爺湖ツーリング 後編

2013-10-07 20:36:34 | ツーリング2013
前編はこちら


ニセコを後にして洞爺湖へ向かいます。

道の駅「ニセコビュープラザ」を過ぎたら三の原方面へ右折、少し
行くとダチョウ牧場があります。

羊蹄山とダチョウの組み合わせ。




頭のうぶ毛がかわいいね。


ニセコ~洞爺間の裏道として使っているこの道はのんびりマイペース
走行をするのに適している、パワー控えめな250CCの単気筒にはぴっ
たりだ、とは言っても70キロ前後で走っているけど。

自分にはハイパワーな中・大型クラスは必要無いとつくづく思う。

洞爺湖に来たのは米を買うためでもある、ここの「財田」(たからだ米」はとても
おいしいのである、秘密にしたかったが書いちゃいます。

ツーリングで米10キロ買う人はそうそういないでしょうね。


少々後ろが重いがダンパーを4ノッチ締めたら安定した、スプリング
を調整するならノーマルから1回転半増しで丁度良さそうだ。






昭和新山の下で給油、181.7キロ走って4.58リットル消費、燃費は39.7キロ。

ハイオクとレギュラー半々だがハイオクオンリーより燃費が良い。


「そうべつ公園」に上がりました。




左、昭和新山 右、有珠山






壮瞥ではブドウとプルーンを購入した、荷物の総重量が15キロくらいに
なったかもしれない、キャンプと変わらないです。

支笏湖






天気が良くて最高でした、ライトダウンを着たのは五色温泉に上がった
時のみです、それ以外は下着とトレーナーとジャケットでOKでした、グロ
ーブも夏用で通した。






洞爺湖から自宅まで130.2キロ走って3.2リットル給油、燃費は40.7キロ、
初めて40キロを超えました。

トータル走行距離は312キロ。

来週は連休である、最後の遠征も考えている。

カメラはいつものリコーGRⅣ、私が買ったときより7000円近く
値上がりしています。
RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV 175720
リコー
リコー



人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニセコ・洞爺湖ツーリング 前編

2013-10-06 20:43:16 | ツーリング2013
先週に引き続き今週も晴れの日曜日です。

ツーリングシーズンも残りわずか、行ける時に行っておかないと
後悔します。

今日はニセコ方面を見てきます。

毛無峠・稲穂峠を越えて裏パノラマに進入、五色温泉への近道に
入ったところで初めての休憩。

すっかり秋になりました。


この道は交通量も少なくて快適です。




少々霞んでいるがそれも又良し。




五色温泉に上がる道は狭くて急だ、バイクでも気を使います。

エンジンは快調である。


ウツボグサ




駐車場が満杯なのだ。


遊歩道に入ります。


紅葉は一週間ほど早いかな。


そろそろお腹が空きました。

ツバメオモトの実は食えるかどうかは分からない。


シラタマノキの実は食えます、サロンパス臭で面白いですよ。




ガンコウランの実はブルーベリーみたいな味だがざらつくのでイマイチ。

昼飯の替わりにはならないですね。





五色温泉




ニセコに下りて飯でも食います。

簡単なものが食える店は意外と少ない、一人だとこ洒落た店は入りにくい、
どうしたものかと思って走っていたらヤキソバと書いてあったような・・・

Uターンして入りました。

お好み焼きがメインの店のようです、ヤキソバにしましたけど。

馴染が無い食べ方ですけど美味しかったです、値段も良心的である。

「お好み焼 じゅう」です。


お客さんも途切れず入ってました。


後編に続く


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚田~浜益~当別

2013-09-29 19:48:12 | ツーリング2013
まあまあの天気なので近場をツーリングです。

出発前にリアサスを調整しました、キャンプ装備対応としてノーマル
から3回転増しだったところを1回転増しにまで戻しました、ダンパー
はノーマル位置です。

ツーリング装備で1回転増し、キャンプ装備で2回転増しが無難な線
だと思います。(私の場合)

いつも工具や予備のパーツを積んで走っております。


ちょーーっと風が強いかな、でも暖かいです。




浜益川のサケ釣り風景。


青山経由で帰ります。

腹が減ったけど山の中に食堂はありません。

そう言えばあそこ・・・何か食えるかと思って入ってみました。

店内に蝶・・・エルタテハでしょうか。


暖房が入っておりました。


店内は予想外に小奇麗である。


残念ながら食事は出来なかったけどコーヒーで一息つけました


食事メニューは一応ありますが都合によりけりなんでしょう。




ここです・・・地元の人なら見覚えがあるはず。

年配の紳士がやっておられました。

ユウゼンギクかな? 野菊が満開でした。


青山付近でトウキビを買いました。


当別ダム




太美でラーメン店に入りました。

期待してなかったけどレベルが高いです、どこぞの道の駅とは比べ物に
なりません。




ひまわり畑がありました。




本日の走行距離は172.7キロ、燃費は36.1キロ。

ハイオクを入れているが燃費は変わらないかむしろ悪いくらい、ノッキン
グが出ないこととアクセル満開時に調子が良いことくらいがメリットです、
トータルではレギュラーの方が優れていると思います。
(XLR250Rはレギュラー仕様です)



人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大沼キャンプ ③

2013-09-25 20:54:53 | ツーリング2013
2013.9.23


爽やかな朝です・・・

昨晩の冷え込みでテントは結露でぐっしょりだ、まるで雨に降られた
みたい。

昨晩、泣き喚いていた子供は機嫌よく遊んでいる、なんだったのだ。

ゆっくりと撤収の準備を始める。




日が照ると急激に気温が上がり始める、今日もいい天気だ。

前回の大沼キャンプと同じこと書いてるような・・・

さて・・・出発しますか。

キック3回ほどで始動完了。


昨日ハイオクを給油した、タンクは8割ほどハイオクになったようだ。

平地をあまり引っ張らずに加速するとレギュラーと比べてパワーダウン
していると感じる、トルク感が薄いような、だけども回転が滑らかで
静かである。

「きじひき高原」に上がります。

高めのギヤで無理して上がってもノッキングの兆候は一切出ない、6速
70キロでアクセル全開にすると加速しないにもかかわらず異音は一切
出ない、5速全開に切り替えたら怒涛の加速が始まりパワーバンドに
入った時の排気音はレーサーのXR250R(ME06)を彷彿とするものだった。

短時間で○○○キロに達する・・・6速に切り替えても加速を続ける。

しかし、平地をタラタラ走っているとシャキッとしないんだよね。

「きじひき高原」から見る大沼公園。


函館方向


真ん中あたりが昨日の「城岱しろたい牧場」だと思われる。


秋ですね・・・高原は少々寒いです。

フリースや防寒グローブが必要なほどではありませんけど。










中山峠を越えて江差に向かいます。

平地を走る分にはシャキッとしないが、ここ一発ではパワーが出る
ようです。

エンジンがヤレ気味なのでそういう結果(感じ)になったが、新車なら
レギュラーの方が全てにおいて優れていると思う、レギュラー仕様な
訳だしね。

道の駅「あっさぶ」にて。


道の駅「ルート229元和台」にて。






やっぱり重心が高いと思う。


前回も寄った「親子熊岩」のパーキングから奥尻島です。


こちらが「親子熊岩」、海に落ちた子熊を助ける親熊。


天気はいいけど風が強いです。


寝不足の影響が出てきた、なんかホゲー・・・な気分。

少し早めに給油した、161.9キロ走って4.24リットル入る、燃費は38.2キロ。

山も多かったし全開加速したりで悪いと思ったが意外といいようだ。
(写り込みは私ではありません)

今回もハイオクを入れた。

瀬棚の三本杉岩です。


茂津多トンネルに入る直前に「日本一の灯台・・・」の看板が目に入った、
そのままトンネルに突入したがUターンして進入します。


細い舗装道路が砂利道に変わって心細くなったころに到着。

灯台としてはトンガリ気味ですよね。


なるほどっ・・・よく分かりました。








オフロードバイクで良かったです。


黒松内から倶知安~小樽とひたすら走り帰着です。

前回給油から237.1キロ走り6.26リットル給油、燃費は37.9キロでした。

本日の走行距離は399キロ、やっぱり日本海回りは距離がありますね。


なかなか充実した二日間でした。

カメラはいつもの「リコーGRⅣ」です。
RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV 175720
リコー
リコー


大沼キャンプ①
大沼キャンプ②


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大沼キャンプ ②

2013-09-24 21:02:34 | ツーリング2013
2013.9.22 後編


大沼公園方面へ曲がると直ぐに日暮山ひぐらしやま展望台の入口がある、狭い
砂利道を2キロばかり走らなければならない。


荷物のせいだろうか、カーブで前輪から流れそうになること数度、
ビビリまくりながら走らざるをえず。

ここに来るのは3回目です。




頂上まで少し歩きます。


素晴らしい展望です、6月と比べると蚊が少なくて助かります。






道さえ良ければ文句は無しだけども。


時間があるので城岱牧場しろたいぼくじょうに上げってみました。

結構なワインディングロードを登りつめると展望台があります、イベント
なのか生演奏もやっており駐車場も満車でした。


バイクなので上の駐車場に入れましたが写真を撮るなら下の方がいいみたい。

牛乳で一服・・・


下の駐車場から撮影しました。

大沼公園を見下ろす展望台だと思っていたけど函館の街を見下ろす位置に
あるのです。




展望台方向。


天気もいいし最高でした。


大沼に戻って給油です、7.05リットル入りました、燃費は38.3キロでした。

試しにハイオクを入れてみた。


大沼公園を散策してみましょう。






ハマナスの実もすっかり赤くなった。


駒ケ岳はカッコいいです。


おやっ・・・これは?


えっ・・・そうだったのか。


似たような画像で申し訳ない。


奥に進むと釣り堀がありました、釣り堀の向こうは昔キャンプ場が
ありました。


今日のお宿は「流山7daysキャンプフィールド」です。


流山温泉の横にキャンプ場があります。


温泉にまったり浸かってテントでくつろぐ・・・これ最高。




オイルランプは暖かいです、さすがに光量は控えめですけど。



ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツニー社製 スズメッキ
NIER FeuerHand
NIER FeuerHand


夜は結構冷えたのだ、10度だったっけ? それなりの装備だったので
平気でしたが顔が冷たかったです。

それよりも、泣きわめく子供には参りましたね、街中なら間違い無く
通報されるレベルでした。


寝不足の二日目に続く。

大沼キャンプ①
大沼キャンプ③


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大沼キャンプ ①

2013-09-23 20:57:22 | ツーリング2013
2013.9.22 前編

出発前日まで道東にするか道南にするかで悩んでおりました、
さすがに道東は寒かろうということで道南に決定。

積載は当日の朝だったのでスタートが遅れた。

自宅を9時スタート・・・

中山峠で休憩、気温は15度くらいだろうか? 防寒グローブに
チェンジしてジャケットのベンチレーションを閉めた。


峠を下れば20度近くになります、夏用グローブにチェンジしたら
以後夏用で通せた。

喜茂別から羊蹄山、少々風が強いのが気になる。


リアサスを強めに調整しているが少々強すぎの感じもある、低速で
ふらつく感じがする、風のせい?荷物のせい?下手なだけ?

巡航中は荷物が無いかのように走れます。


「道の駅 くろまつない」

連休が晴れるのは久しぶりです、ライダーもたくさん走ってました。

年配のライダーから話しかけられた、「荷物一杯でどこ行くの?」
『大沼でキャンプなんです』なんて他愛の無い会話だったが、趣味を
同じとする者同士の交流は楽しいものです。


パンで昼食なのだ、出来たてのパンが食べられるのです。


最初の予定では黒松内から日本海に出て江差から大沼に向かうつもり
だったが時間が足らない雰囲気です。

最短コースで進むことにしました。

長万部に出ました、遥か遠くに駒ケ岳が見えます、目的地はそこです。


単調な道だけど目的地が見えるのがいいね。


少しずつ近づくのであります。


メロンとか・・・しかし快晴ですな。


もうちょいなのだがここでガス欠・・・リザーブに切り替えます。


ここまで227.8キロでした。


疲れているので小出しにします、すいません。

大沼キャンプ②
大沼キャンプ③


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
バイクツーリング日記 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

出発です

2013-09-22 08:19:54 | ツーリング2013

リフレッシュしてきます。



コメント欄は閉じておきますのでよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加