人材開発・組織開発コンサルタント「ZOFFY」の日記

人材開発・組織開発に関すること、個人的関心ごと(映画、空手など)についてコメントしています。

今年のベスト10冊

2007-11-03 16:22:25 | ご紹介(本、映画、セミナー等)
今年も残すところ後2ヶ月となったが、ここで今年読んだ本の上位10冊をご紹介してみたい。ビジネス書が中心。読みやすかった、いいヒントが貰えた、共感した、これは手元に置いておきたい、というものを順位関係なく10冊取り上げてみた。

<チーム・マネジメント関係>
小泉官邸秘録
飯島 勲
日本経済新聞社

このアイテムの詳細を見る

椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!
酒巻 久
祥伝社

このアイテムの詳細を見る

野村ノート
野村 克也
小学館

このアイテムの詳細を見る


<モチベーション・脳関係>
働くみんなのモティベーション論 (NTT出版ライブラリーレゾナント)
金井 壽宏
NTT出版

このアイテムの詳細を見る

やる気はどこから来るのか―意欲の心理学理論 (心理学ジュニアライブラリ)
奈須 正裕
北大路書房

このアイテムの詳細を見る

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)
池谷 裕二
講談社

このアイテムの詳細を見る


<マーケティング関係>
口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム
神田 昌典
フォレスト出版

このアイテムの詳細を見る


<問題解決スキル関係>
なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方
枝廣 淳子,小田 理一郎
東洋経済新報社

このアイテムの詳細を見る


<自己変革関係>
自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート,金森 重樹,冨永 星
大和書房

このアイテムの詳細を見る


<人材育成関係>
企業内人材育成入門
中原 淳,荒木 淳子,北村 士朗,長岡 健,橋本 諭
ダイヤモンド社

このアイテムの詳細を見る


ということで、これは私個人としての上位10冊。

もし、同じ本を読まれた方がいらっしゃれば、是非、ご意見を聞かせていただきたい。「小泉官邸秘録」については、小泉前首相と官邸スタッフの一体感が印象的であったため、政治関係というより、あえてチーム・マネジメント関係に分類してみた。また、「椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!」については、アマゾン・カスタマー・レビューでは善し悪しがはっきりしているようなので、是非、皆様のご感想を聞かせていただきたい。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竜、日本一。中村紀MVP! | トップ | 社員に言わせてはいけない言葉 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年のベスト (野口和裕)
2007-11-04 21:39:37
ZOFFYさん

こんにちは
私はこの10冊の中で
「やる気はどこから来るのか」
「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?」
「企業内人材育成入門」
を読みました。
池谷さん、金井さんは別の著書を読みました。
私も、どれも良書と感じました。
どれも堅苦しくなく、読みやすくて、それでいて為になりました。

ZOFFYさんの書評は私にとって、はずれなしですね。
まだ読んでいない本も、購入してみます。

今年のベスト10冊という企画。おもしろいですね。
私も近々ブログでやらせて頂こうと思います。

ありがとうございました。
野口さんへ (ZOFFY)
2007-11-04 22:21:37
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。

是非、野口さんのベスト10冊聞かせてください。
あと、映画のベスト10本なんてのも面白いかもしれませんね。

野口さんの視点でいろいろ聞かせてください。よろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL