(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

S様邸 浴室改修工事に着手しました。

2017年11月25日 14時32分21秒 | 介護保険適用工事

こんにちは。田中です。

今回はいつもお世話になっているクライアント様からのご依頼で、お風呂の改修工事の報告です。

S様はご高齢で、ひざが思うように動かせないことから、自宅のお風呂の入浴時の出入りが大変で

困っているとのこと。

介護保険適用案件として工事のご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

現地確認してみますと、昔ながらの現作バスタブ納まりでして

たしかにこれですと、入浴する際に洗い場から浴槽へ降りる際に力も要りますし

浴槽内ですべって転倒のおそれもあります。

今回の工事を計画するに当たって他にもいくつか要チェックの納まりポイントがありそうです。

既存のバスタブのヘリが壁の仕上げ鉄平石にのみ込まれて納まっている。

追い炊き循環口が変更したバスタブ高さに納まるか。高さを変えた場合、外壁側にコア削孔できるか。

バス水栓の高さを、バスタブ高さ変更に伴い、配管の切り回しが実際にできるのか。

既存のバスタブを撤去した際に、下地の構造・防水・排水配管を切り回し等施工可能かどうか。

 

等々、一目見ただけで色々思いつきますね。

一般的に高齢者の浴槽へのアプローチは以下のような資料で示されています。

福祉住環境コーディネーターは上記のような資料を参考に、各部の納まりを検討して

実際に高齢者の方が安全ですべりにくく、自力で入浴できるような仕様がもっともよいですが

介護する方もされる方もお互いに負担がかかりにくい、そういったことを検討して

実際の施工方法を決定していきます。

QOL(クオリティオブライフ)の向上が寝たきり生活の防止になるってことは

さんざんお勉強したので、高齢者の方が自分で動いて自活できればこれは最も

ストレスの少ない生活かと思います。

 

今回は既存のバスタブを撤去し、下地をかさ上げして新たな浴槽を設置しなおしますが

撤去した際の下地状況が、解体してみないとわからないので

そういう部分をどう見込むかが重要になりますね。

S様、長らくお待たせしました。ようやく工事着工です。

全ての資機材発注を済ませましたので、あとは施工するだけです。

計画通りにすべてが完成するまで、もうしばらくお待ちください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パナソニックのガスコンベック・・・交換可能でした。

2017年11月14日 14時26分13秒 | リフォーム現場

こんにちは、田中です。

今回は、伊豆高原のS様邸のキッチンリフォームの報告です。

S様宅のキッチンは新築時は結構なコストのかかったであろう立派なアイランド型キッチンです。

TOTOなのですが、ガスコンベックはナショナル製。(現パナソニック)

但し、その大きさが一般品の大きさW900よりもずいぶん大きい1240㎜程度もあります。また高さも

天板高さで720㎜しかありません。

よくよく見ると五徳が非常にごっつくて、火力もすごいです。

S様が中華料理を作る時等は中華鍋を振っても、天板が低いので作業性が良く

またハイカロリーで強火力だそうです。

でも、火口の1つが壊れてしまい現状のユニットを交換して欲しいが

同じ商品はもちろん廃盤で、新品は存在しません。

それでもなるべく既存のキッチンカウンターを傷めないように納めてほしいし、安くしてほしいとのこと。

色々検討しました。

家具屋さんにフィラー材を作ってもらって、ストールを作って納めることも検討しましたが

なんせ天板のコーリアンを交換になってしまうので、いずれにせよ高価になります。

あちこち探してもらったら、なんと、パナに今回の機種の専用の交換ユニットがあるとのこと

今まで色々苦労して、アイランド全体の交換やら、家具で製作やら色々検討してたのが

いっぺんに吹っ飛んじゃいましたけどね。

お客様にお見積り提案し、了解をもらえましたので早速工事に着手。

まずはきっちり養生を行いまして~

そんでもって、既存の非常に重いガスコンベックを撤去します。

階段を通って荷卸しだけでも大変でした。傷つけないように注意~

幸い下地はそのままで大丈夫そうです。これが一番怖かったですね。

既存のサイドユニットの高さを調整します。台輪を加工して、巾木も新規になります。

左右対称に加工し、高さと出入りを調整して、壁のタイルで天板が飲み込まれてしまっていたので

コーリアンを家具屋さんの工場で若干カットし、再取付。

既存のコーリアンに合うように、SUS天板のフィラー材がセットになっていまして

それを上手にはめ込み、受枠を設置します。

途中、写真撮ってなかったのでいきなり完成。

ぴったりジャストサイズで納まりました。

一般品のコンベックはW600㎜ですので、既存の両袖収納をかさ上げして、台輪と新規の巾木をセット。

さらにその内側に新規の収納ユニットが納まって、ちょうどWサイズが1240㎜!!

高さも現況よりも80㎜程度高くなりましたので、使い勝手は良いと思います。

収納ユニットがW重ねになってしまって、いまいちかな~っと思っていましたが

それほどの違和感はありません。今回、既存のユニット扉の握り手等の交換をしませんでしたが

既存の扉も新規扉に合わせて交換すればさらにすっきりしますね。

 

S様、今回は色々ありましたがようやくお気に入りのユニットに巡り合えて

本当に良かったです。

長きにわたり、メールでのやりとりだけでここまでうまく納まりまして、本当に皆様に感謝致します。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソテツ 植えました。 I様邸外構工事完成です。

2017年11月08日 15時32分27秒 | エクステリア現場

田中です。このところ、なんだかこまごまとせわしないのです。

社内もバタバタしてます。

さて今回はエクステリアの現場の報告です。

I様邸は今年の夏に開始しまして、ようやく完成になりました。

お庭のシンボルとなる樹木を何にするか、お施主様と探して決定したのがソテツです。

ソテツは成長が非常に遅く、1年で3~5㎝程度しか伸びません。

そんな中、今回はやや大きめの4m程度のソテツをシンボルツリーに選定しました。

幹高さで3.5mもあるのですが、これでも30年程度の樹齢にはなりますから成長が非常に遅いです。

その昔はソテツを食用にするために、加工をしたそうですが適切に加工しないと食中毒を起こした事例もあるそうで

なんとも不思議な植物です。

ソテツという名前の由来で「蘇鉄」が漢字表記ですから、知識の無い昔の植木屋さんが

根っこに鉄くぎを多数打ち込んで、元気になるという由来から植栽を行った事例もあったそうで

詳しくはhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%86%E3%83%84WIKI参照。

ソテツは根に土を被せすぎると良くないということで、あまり深く根鉢を掘りすぎないのがポイントだそう。

植えこんだら、幹のまわりの赤ちゃんのようなこぶ枝を払って支柱で固定します。

倒れないように4方から支柱で支えました。

他に子供ソテツも植栽して~

完成しました。

ソテツと建物の色やバランスもあって、意外とマッチしてますね。

I様、この度は工事のご依頼誠にありがとうございました。

今後もメンテナンス等で様々ご要望にお応え致しますので

末永くよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加