(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

マキタ・日立・パナソニックで充電式インパクト他新機種ラッシュです。

2015年08月28日 08時28分20秒 | ブログ

建築工事を行う際にもはや無くては仕事ができなくなってしまっているのが

電動工具です。昔の造作大工さんたちは鋸(のこぎり)や鉋(かんな)、鑿(のみ)等で

すべての造作工事を施工していた時代もありましたが

今や電動工具(電動マルノコ、スライドマルノコ、インパクトドライバー、電気がんな等)が

無くては仕事が成り立たない時代になりました。

ここ数年、インパクトドライバーはより強力なトルクを求めて力強く、そして小型化を

各社進めています。

最近ではマキタがその先を走っていましたが、ついに日立が発表しました。

 

新打撃方式を開発し、トリプルハンマを搭載した機種を発表しました。

今までの他社も含めて、インパクトドライバは2つのハンマーヘッドが対になって

いるのが普通でしたが、これによってインパクトの強力化を進めた弊害となっていた

カムアウト現象(ねじ頭から+ビットが外れてねじ山をなめてしまう現象)が減るとのこと。

実機を試した人が周りにまだいませんので、その辺のフィールはまだわかりません。

また、リチウムイオン電池も進化を続けています。

ついに6.0Ahまで容量が増えました。

ちなみにパナソニックは日立の発表前に既に新バッテリーが出来ていました。

18Vなのに電池の体積が大幅に小型軽量化が進みました。

やっぱりリチウムイオン電池に関してはパナソニックがいつの時代も先頭です。

悲しいかなパナソニックはいつも技術で一歩も2歩もマキタや日立より進んでいるのに

発売されている機種が少なく、販売網が少ないのが難点です。

パナソニックもインパクトドライバーの新型が出たばかりです。

こちらもやはりカムアウト対策や、ヘッド寸法の小型化を進めました。

パナソニックはDUALとして14.4Vと18Vのバッテリーどちらも使える機種に

主力を移しつつあります。

マキタや日立はDUALはまだありません。

大工さんによっては今まで14.4Vだったけど18Vにすべて替えるという方も

多いと思います。パナソニックなら今まで使っていた14.4Vバッテリーも

そのまま使えるのでこれは本当にうれしい。

マキタは今年だったかな?新型のオイルパルスインパクトドライバーを出しました。

大工さんによってはマキタのオイルパルスインパクトが欲しかったのにヘッド(旧型ですね)

がでかいから仕方なくMAXの機種を購入した方もいらっしゃると思います。

そしたら今年にヘッドが小さな新型を出しまして、MAXを買った大工さんはがっくり。

マキタは今、18Vを2台付けの電動工具が面白いです。

早速こんなのを発表しました。

いいですね。これ。充電式掃除機で力のある機種はなかったので

面白いと思います。

100Vの時と充電池の時とでは仕事率が4倍近く違いますがそれでも今までのハンディクリーナー

と比べると倍以上のパワーになっていますのでこれはいいと思います。

マキタは開発ペースが早く、様々な機種を発表してきました。

今回の日立に対抗してどんな機種を出してくるのか様子見ですね。

また、日立のWH DDL2型はもうしばらくしていろんな大工さんの使い心地を

確認してから購入した方が良さそうですな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

床の間の地板に1~2㎜の穴が多数?もしかして・・・

2015年08月24日 11時39分23秒 | ブログ

田中です。

表記の意味深な表現でなんとなくわかると思いますが、ちなみにこういう写真でした。

なんのことやらさっぱり~という方のために、さらにズームアップ

ようやく見えてきました。この白いぷつぷつは何だ

さらにズームアップ

きれーに直径2㎜くらいの穴があいています。

まるでキリで穴をあけたかのようになっており「だれがやったんじゃ!こら!」と最初は

思っていましたがこんなことをするはずもなく

調べてみると・・・

キクイムシが原因でして。早速、キクイムシコロリを購入し

早速薬剤噴霧。

ノズルの先端を穴にガッチリ穴に挿入し噴霧しまして

この時薬剤が噴き出すので体にかからないように注意しましょう。

私は思いっきり顔にかかってしまいましたが。

噴霧すると薬剤が浸透してこういう黒っぽい色に変わりました。

これにてひとまず様子を見ることとしました。

キクイムシとはこんな形状していますが体長1~2㎜しかありません。

その昔は外材のラワン材を相当量使用した時代が日本にあり、その時には

このキクイムシにやられた被害も多くあります。

キクイムシにもさまざまな種類がいるようですよ。

シロアリやら黒あり、アメイロオオアリなどいやな虫がたくさんいますが

見つけたらすぐに対応することが大事ですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10年後勝ち残るのは強み持ち社員満足度高い工務店

2015年08月19日 09時12分34秒 | ブログ

お久しぶりでございます。田中です。

皆様お盆休みはゆっくり休養ができたでしょうか?

お盆休みもかなりの暑さで参ってしまいましたが、昨日今日は久しぶりに

朝晩涼しく感じますね。

さて当社のブログ、前回更新してからお休みを挟んで10日も更新を

さぼってしまいました。すいません。

今回は現場ネタではなく、ケンプラッツさんの面白そうな記事から。

建設業界も新築住宅の物件はどんどん減って、全住宅の新設住宅着工戸数は

平成25年度は平成14年度の頃から悪くて33%程度まで落ち込む模様です。

こんな中、各工務店は中期経営計画をどのようにしているかっていう記事でしたが

「10年後も強い工務店」ていいますと、やはり何らかの「強み」をもっているかどうか

ということになります。

ローコスト住宅や二世帯住宅、ハイエンド住宅等に特化した工務店が

生き残っていくのはわかりますが、自分の会社の強みがわからなければ

過去に家を建てた顧客にどこが良かったのかを聞いてみるのがいいという。

「自社の強みは絞り込むほど良い」そうで、顧客に分かりやすく

営業や施工を標準化しやすくなり、粗利率の向上にもつながる。

また、会社の成長には若手社員の採用と育成が欠かせない。

結論として以下のようになってます。

当方地元では継続的に若手社員を採用してる会社なんてそうそうありませんし

大体若い人がやってきませんしね。

今いる社員たちでやっていくしかないでしょうし、どこも人手不足に悩んでおります。

職人さんならより条件の良い仕事を選ぶように

施工管理者だったらそういう良い条件の会社へ転職あるいは

ヘッドハンティングされるという方も増えてくると思われます。

社員満足度を高める仕組みを設け、みんなでがんばってやる気を出させるような

そういう仕組みを作っていく会社がこんな田舎では生き残っていくのでしょう。

さてさて私や皆さんの会社はそういう会社になれるのでしょうか?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏季休業のお知らせ

2015年08月08日 16時21分26秒 | ブログ

8月の当社の夏季休業のお知らせです。

誠に勝手ながら下記期間を休業とさせて頂きます。

 

 8月13日(木)、14(金)、15(土)、16(日)

休業期間中のお問い合わせ・緊急連絡は当社日吉建設まで

ご連絡下さい。自動転送電話になります。

 

  (株)日吉建設 代表電話 0557-53-0773

         fax  0557-53-1093

   営業再開は8月17日(月)から通常営業致します。

   何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

*ようやく本日が暦の上では立秋になります。まだまだ暑いが続くようです。

 今年は格別に残暑が厳しいようですが体調には十分ご留意の上お気を付け下さい。

 前々回のブログでも取り上げましたが今年も8月14日(金)にやんもの里花火大会が

 行われます。八幡野港での迫力ある花火をぜひご覧ください。

 (現地へは伊豆高原駅から徒歩で八幡野港へ向かうのがベストですよ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RCの建物に外部木製建具は色々不具合が生じますので注意。

2015年08月04日 16時58分15秒 | リフォーム現場

いつまでたっても暑いですね早く秋がこないかなあ

さて表題の「RCの建物に外部木製建具~」の件です。まずは着工前の写真です。

<着工前>

RCの躯体に一本引きとFIX・内倒しの窓を木製建具で設計されています。

木製建具で外倒しならまだマシなのですが、そのさらに外側に防犯用の木製格子窓もついていて

一本引きともかち合うので仕方なくという複雑な納まりになっています。

この現場の新築施工時に木製建具の施工図を数十枚作成したことを思い出しますが

設計者のこだわりで、建物の建具はすべて木製建具で設計されていました。

今回お客様のリクエストで、現在の納まりだとすっきりしていないし、使い勝手もあまり良くないので

大きなFIXガラス窓に変えたいとのことで工事を行いました。

<まずはFIXガラスをはずして~>

<それから内倒し建具を撤去し~>

完全なオープンになりました。

やはり内倒し窓の内側の縦枠が一部腐っており、ジュクジュクしていました。

今度はそんな風にならないように雨水の進入口を止める対策をしまして

<まずは大判のFIXガラスをはめて~>

幸い下枠はSUSの形材がガラスの受枠にうまく納まりそうです。

周囲をガラスの押し縁を付ける前に内外にガッチリコーキングしてしまいます。

これで雨水の進入ルートがなくなりましたのでほぼ完全になりました。

それから内外に押し縁を取付し、取り合いも変性シリコンできっちり納めました。

そして塗装で仕上げて完成です。

<完成>

すっきり~プールがくっきりきれいに広く見えます。

O様、色々お仕事のご依頼を頂き誠にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

*今回の記事はRC物件に外部木製建具の計画を否定するものでは決してありません。

ただ、新築中に木製建具が完全に吊り込まれるまでの期間の養生やそれに伴う配慮等は

アルミサッシを取り付けること以上に何十倍もの神経を使いますし

施工図の段階での検討が非常に手間がかかります。

メンテナンス上でも維持にコストがかかりますしお施主様にも十分に丁寧な説明が必要です。

意匠という見た目を重視するだけでは無く、その後のコストも見越して計画してほしいと思います。

<目の前に広がる美しい景色と伊豆大島です。>

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑さ対策に新兵器!空調服ってのがありますね。

2015年08月01日 08時21分24秒 | ブログ

毎年のことですが「今年の夏は異常だね!」なんて声がちらほらと。

ほんとに暑いですね。田中です。

大手ゼネコンさんでは空調服なるものを現場作業着に採用したようです。

そこで、今最も売れているメーカーの空調服はこんな感じです。

ファンが薄くて、動作の邪魔にならなさそうです。バッテリーが専用品なのでコストがどうか?

1着2万4592円だそうです。

5年前は1万着程度の売上げだったが、去年が24万着を売上げ、今年は35万着の販売を見込むそうです。

ちなみにマキタブランドではこんな商品を出しています。

マキタの電動工具用のバッテリーがそのまま転用できます。ただし、腰の部分のファンの大きさが

ちょっと気になります。マキタはバッテリーが急速充電ができますし、工具のバッテリーの中でも

最も使い勝手の良い14.4Vと18Vのバッテリーが使えますがこれも10.8Vとかのシリーズが

使えればもっとコンパクトでいいと思うのですが・・・。価格はバッテリー別で1万円程度。

ちなみに各メーカーとも冬場の寒さ対策ジャケットはもっと前から発売されていて

たとえばリョービだと・・・

普通のフリースのようなデザインで発売されています。ほかにベストタイプなんかもあります。

マキタだと・・・

 

こういうデザインです。どちらも電動工具用のバッテリーが使用できますし

USB端子が付いていてスマホなどの充電機能があるものもあります。

色々ありますが現場作業着は鉄筋に引っかかって破れたり墨汁がついて汚れたり

しますので、とにかく耐久性が高いタフな商品になってくれれば

さらに売れるんじゃないかと思いますが・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加