(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

年末年始営業のご案内

2014年12月27日 11時50分08秒 | ブログ

今年の最後のブログとなりました。

当社は今年も様々な出来事がありました。多数の工事も施工させて頂きました。

来年引き続き施工させて頂く現場もございますし、この年末で

完成引き渡しの現場もたくさんありました。

様々なご縁でお仕事を下さりましたお客様、また新たにお客様をご紹介してくださったお客様

何度も工事をご指名下さるお客様、本当にありがとうございました

どのようなお客様でも素早く対応をと心がけて1年やってきましたが

今年は例年に無く、工事作業量の多い年でして、作業員不足で悩まされたこともあり

対応が遅くなったりお待たせしてしまうことが多々ありました。

 

「困難な時こそ、その人の本当の実力がわかる。」

 

そういった気持ちで、どんなに忙しくても厳しくても困ってても

あたりまえなことをきちっとできる技術者として

全社一丸となって来年からも心がけていきたいと考えております。

 

今年もあと4日、平成27年(2015)も皆様にとって良い年でありますように。

良いお年をお迎え下さい。

本当にありがとうございました。

 

*営業業務案内です。

 12月28日~1月5日までお休みとさせて頂きます。

 1月6日(火)より通常営業開始となります。ご了承下さい。

*緊急連絡や緊急のお問い合わせは当社までお電話頂けますと

 担当まで転送されます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

樹齢400年の松の木・松食虫被害で伐採しました。

2014年12月25日 09時37分43秒 | 地域貢献

伊東市の赤沢区 港前に大きなクロマツがあります。

樹齢400年とも言われておりますが・・・

(googleストリートビューから、小っちゃい画像ですが

松登苑さんの目の前のクロマツです。樹齢は400年と言われてますが伐採すると・・・

(スタッフ持ちは当社社長です。久々の出演

年輪を順番に数えていったら、200前後で分からなくなりましてん、多分その程度

と思われます。残念ながらこのクロマツは松くい虫(マツノザイセンチュウ)によって

枯れてしまったようですが、切断面はこのように穴ぼこだらけです。枝の切り口を養生

していないとそこから腐り、このようになった模様。

樹高およそ20m、幹周4,15m程度でした。

すっかり見事に空洞です。

切られた残りの株もこんなにでかい

建物の角にぎりぎりでしたね。外壁の仕上げができなかったので

トタンで仕上げてあります。

それにしてもこのチェーンソーの刃渡り、長いですね。

幹の根元を切ったチェーンソーは刃渡り2m近くもあったそうな。

憧れのハスクバーナ3120かっこいい。

目立ても完璧

松枯れの原因はマツノマダラカミキリ成虫がマツノマダラカミキリの幼虫

の時にマツノザイセンチュウを媒介していて連れてきてしまうのが原因なので

カミキリムシが根元に卵等を産み付けないように防御することと

枯れている松の木の中に住み着いているカミキリムシの幼虫を殺すことが

必要と言われています。

来年は当社の物件でも、この対策を行います。

詳しくは来年の当ブログで報告しますね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当社HPにリンクしたいとのお問い合わせを頂きました。

2014年12月22日 15時26分23秒 | ブログ

お寒うございます。田中です。

今回は当社のごひいきの不動産屋さんからのお話です。

まずはこちらがその不動産屋さん、(株)エビナ石油不動産です

エビナさんは当社とのお付き合いも古く、分譲地の開発や

引込道路・外構工事・伐採等多数施工させて頂いておりました。

それで、先日伊東市役所でばったりとお会いしたらなんと

 「日吉建設さんではマンションリフォームとかの改修はどこに頼んでいるの?」

  

  なんということ今まで多数工事をさせて頂いていましたが

当社が建築全般を施工していることを知らなかった

そういうことが理解されていなかったことが逆にびっくりしました

それでその日に当社のホームページとかブログとかのアドレスを

すぐに送りました。ようやく理解してもらった模様。

新築はやってるの知ってたけどリフォームもやってたの的な

感覚だったようです。

こういうのって、当社のPR不足ですよね。

考えなきゃいけません。

早速ですがお互いの仕事の内容を確認し、直リンクを乗せました。

私の方は間違いなくリンクさせましたよー。当社のHPもリンクさせて

くださいよーーー。エビナさんお願いしますよ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当社ホームページの更新を行いました。

2014年12月17日 10時48分00秒 | ブログ

いやー、昨日夜から急激に気温が下がり太平洋岸冬特有のからっ風が

激烈に冷たいです----それでも空は雲一つない快晴。田中です。

北海道や日本海側では大変な雪だそうで。そちらの土木業者さんは

除雪で大変なことと思います。ご苦労様です。

さて表題の通り、先日久しぶりに当社のホームページの更新を行いました。

http://hiyoshikensetsu-hp.jimdo.com/

新規現場着手情報や最新現場情報を大幅に更新しました。

ついでですが、当社のリフォームサイトは以下です。

http://hiyoshikensetsu.jimdo.com/

 

まめに更新するようにしていますが、いつも遅れ気味です。

それでも当社の顔となるホームページですのでなるべく新鮮

との思いで更新をしております。

当ブログも更新毎に多くの皆さんが見てくれてます。ブログランキングの

1クリックもよろしくお願いします。

来週はクリスマス。素敵なイブをお過ごし下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塗装工事の現場管理について(官公庁発注現場から)

2014年12月13日 07時55分45秒 | ブログ

今年も残すところあと半月ですね。次回が今年最後の更新に

なってしまうかもしれません。寒くなってきました。田中です。

表題の通り、当社で建築・土木工事の改修工事で躯体の補修や塗装

塗替を行う物件を続けて施工させて頂いております。

現在施工している建築の改修物件では外壁の補修および塗り替えが主となっています。

建築現場ですと塗装工事の施工計画書作成→材料承認願い→材料検収→段階確認→

空缶数量検査となるのが大まかな流れです。

(材料検収状況)

材料検収で材料が間違いなく検査されましたよという材料検収簿と

その数量の根拠となる数量換算表を合わせて添付します。

(材料検収簿)

 

(数量換算表)

その後間違いなくその塗装材料が使用されたかどうか確認するために

塗装材料の空缶の数量を検査します。

(空缶数量確認検査)

 

 

 

建築工事の場合ですと上記のような流れになります。

土木工事における橋梁塗装等の場合はこれとは全く別の管理方法になりまして

塗装の厚みで塗装の出来栄えを管理します。

(塗装膜厚検査位置図)

上記のような図面を平面と立面図等に起こして、測定場所を決めます。

塗装の面積により25か所とか50か所等変動します。

そして、ケレン後から各作業ごとに決められた部位を全箇所測定し

写真を撮影します。

まずはケレンします。

 

ケレン、その他すべての各作業ごとに測点毎5か所の平均値を記録していきます。

(以下は下塗り1回目の膜厚検査測点No,4)

その数字を前の層の厚みから差引し、標準偏差・平均値・測点最小値から判断。

(塗装膜厚測定検査表)

塗り厚さの判定を行います。合格しない場合はもう一度塗り直しを行います。

これをケレン後、下塗り2回、中塗り1回、上塗1回と合計5回ほど繰り返します。

今回は600㎡を超えていて、50か所を5点の平均値*5工程ですので

膜厚計は1250回も測定したということになります。また、膜厚計は押さえる場所に

よっては数字が出にくかったりするので、本当は5000回以上は「ピッ」っと

測定していたと思います。

(当現場のRC-Ⅲ工法の場合です)

このような塗装の場合、前塗装と次塗装の乾燥時間と塗り重ねまでの許容時間が

限られてきますのでその間の時間管理も重要になります。

膜厚検査は非常に手間がかかりますが、確実に塗装施工の品質管理ができるので

こういった現場に於いては必要となります。

もちろん、その下地の躯体補修に関しては建築も土木も同じです。

(補修工出来形管理)

上記のように塗装前に、段階確認として補修部位の検査を行います。

橋梁塗装を行った現場では、既存の塗装に有害物質が含まれているかどうか

検査を行いました。鉛が含まれており、そういった場合はケレン片を集積して

専門の処分場所まで運搬処分することになります。この時は名古屋へ

運搬しました。(静岡県内にはこのケレン片鉛含有物の処分場がありませんでした。)

・・・・

以上塗装に関してでした。くれぐれも監督員とご相談の上、管理してください。

間違ってたら大変ですので。

塗装工事の施工管理は管理方法により大変さがずいぶん違います

でも一度行えば要領はつかめます。専門の下請けさんに

管理まですべてお任せしてしまうのではなく、自社できちんと勉強することが

経費も確保出来、今後のためにも良いですよね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

既製品浴槽バスタブヘリ厚みわずか20ミリ!なのに美しい!

2014年12月05日 10時40分14秒 | リフォーム現場

田中です。

伊豆高原M様邸の露天風呂改修工事完了しました。

工期4日という短い間でしたが、初日と最終日は雨という中

職人さんたちのチームワークも良く流れ作業で完璧に作業をこなして

くれまして感謝してます。

<着工前>

<完成>

このバスタブ、薄くてすっきりのいいデザインですよね。浴槽ヘリの

厚みがなんと20ミリしかないM様に教えて頂きましたが

今後は当社でもどんどん使っていきたいです。(安いですしね)

<着工前>

<完成>

個人的にはTV台の下がつかわれていなかったのでもったいないと思い

提案した工事でしたが、すっきり上手く納まり一安心です。

おトイレのリフォームもきれいに仕上がりました。

仕上がりを喜んで頂き誠にうれしいです

今回で3回目の工事ご依頼まことにありがとうございます。

建物の困ったことは何でも素早く対応します

M様これからも長いお付き合いをよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんで浮山地区はこんなにシロアリがいるの?

2014年12月01日 17時41分48秒 | ブログ

田中です。

まったく雨がよく降りますね。伊東市の公共建築改修工事の現場は

塗装がメインだというのにこう雨が降ると工期に影響しないかとひやひや

してまして、塗装業者さんは昨日で3週連続で日曜仕事してもらってます。

貴重な晴れ間。大事にしていきたいですね。

さて、表題のシロアリの件です。今年もシロアリ駆除工事相当件数やりましたねー。

今週もリフォーム現場でシロアリ被害の現場があります。

どうですか?わかりますか?付土台にがっぽりと穴が開いています

ここまでになってしまうと、もはや手遅れかという感じが否めません。

あきらめてしまったのかもしれませんね。

床下の束を確認してみたらありましたありました。

シロアリの道、蟻道です。これがありますと、確実にシロアリが

いる証拠ですね。他の部位も調査しましたが、被害は北面の

この周囲に集中していました。日当たりがわるく、いつもジメジメしている

ようなところは要注意です

木部に穴を発見した時に早めに対応していればここまでにはならなかったでしょう。

今回は土台の被害のひどいところは、建物をジャッキアップさせて

土台の入れ替え等を行います。それに伴い外壁の補修やら

仕上げを撤去してみないとわからないところもありやや不安です。

早め早めの補修なら、こんなに大規模にやらなくて済んだはずです。

皆様もたまには建物の周囲をよーく注意して見てみましょう。

 

*今日は午前中結構なまとまった雨でしたね。伊東市役所を出たら雨が上がって

久しぶりのきれいな虹が出ていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加