(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

浮山 S様邸 屋根改修工事 着手しました。

2017年06月26日 16時47分05秒 | リフォーム現場

梅雨まっさかりですね。田中です。

当社は作業員の方が1名、訳があって戦線を離脱してしまい

自分も作業員として緊急で出動したり、先週は大変でした。

それでブログの更新もずるずると・・・。言い訳ですネ。

さて、今回は浮山のS様邸です。

天井から雨漏りがするとのことで調査・ご依頼を受けまして早速確認です。

平屋の切妻屋根なのですが、母屋の屋根から見るとそれほどでもなさそう。

ただ、室内から確認しますと、野地天井が表しになっており、垂木部分付近には雨染みが見られます。

屋根のスレート自体は割れや欠けもありません。

但し塗装を部分的にかけてあり、素人のような塗装の仕方。スレートの隙間にプラパッキンも入っていない。

棟板金の一部に曲りがあって、隙間がやや大きくなっています。

軒裏天井は断熱材が貼られていて、これだとルーフィングからの雨漏りもスタイロフォームの隙間から出てくるまで

やや時間差があるかも。

まずは水掛け試験を行ってみます。

曲がっている棟板金周囲を重点的に水をかけてみました。

25分程度すると室内の天井から雨だれが・・。

やはり、棟板金部分からの差し込み水がルーフィングの下へまわっているようです。

長い雨降りだと、この水が棟木から左右に広がり、近辺の雨漏りに繋がっている模様。

そういえば他の箇所にも雨だれの跡が見えました。

工事の方針が決まりましたので、まずは棟板金と下地の交換です。

下地の杉板も水を吸って、強度が落ちています。一部腐りもありました。

新たに杉の下地を垂木めがけて固定します。

新たに棟板金を釘ピッチもいつもよりも細かく@250程度で固定してもらいました。

ついでに雨どいの掃除もしてもらって・・・

板金屋さん、いつもありがとうございます。

このあと、妻面の破風板の交換作業などを行い、屋根の全面塗装をヤネフレッシュにて

行います。これでしばらくは安心ですね。

S様、このたびは工事のご依頼、誠にありがとうございます。

完成までどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お庭の雑草対策について | トップ | キャッシュバックキャンペー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リフォーム現場」カテゴリの最新記事