(株)日吉建設de毎日現場

伊東市八幡野・伊豆高原・赤沢の建築・土木工事ならお任せ下さい!
(株)日吉建設社員の日常を書き込みます。

パナソニックのガスコンベック・・・交換可能でした。

2017年11月14日 14時26分13秒 | リフォーム現場

こんにちは、田中です。

今回は、伊豆高原のS様邸のキッチンリフォームの報告です。

S様宅のキッチンは新築時は結構なコストのかかったであろう立派なアイランド型キッチンです。

TOTOなのですが、ガスコンベックはナショナル製。(現パナソニック)

但し、その大きさが一般品の大きさW900よりもずいぶん大きい1240㎜程度もあります。また高さも

天板高さで720㎜しかありません。

よくよく見ると五徳が非常にごっつくて、火力もすごいです。

S様が中華料理を作る時等は中華鍋を振っても、天板が低いので作業性が良く

またハイカロリーで強火力だそうです。

でも、火口の1つが壊れてしまい現状のユニットを交換して欲しいが

同じ商品はもちろん廃盤で、新品は存在しません。

それでもなるべく既存のキッチンカウンターを傷めないように納めてほしいし、安くしてほしいとのこと。

色々検討しました。

家具屋さんにフィラー材を作ってもらって、ストールを作って納めることも検討しましたが

なんせ天板のコーリアンを交換になってしまうので、いずれにせよ高価になります。

あちこち探してもらったら、なんと、パナに今回の機種の専用の交換ユニットがあるとのこと

今まで色々苦労して、アイランド全体の交換やら、家具で製作やら色々検討してたのが

いっぺんに吹っ飛んじゃいましたけどね。

お客様にお見積り提案し、了解をもらえましたので早速工事に着手。

まずはきっちり養生を行いまして~

そんでもって、既存の非常に重いガスコンベックを撤去します。

階段を通って荷卸しだけでも大変でした。傷つけないように注意~

幸い下地はそのままで大丈夫そうです。これが一番怖かったですね。

既存のサイドユニットの高さを調整します。台輪を加工して、巾木も新規になります。

左右対称に加工し、高さと出入りを調整して、壁のタイルで天板が飲み込まれてしまっていたので

コーリアンを家具屋さんの工場で若干カットし、再取付。

既存のコーリアンに合うように、SUS天板のフィラー材がセットになっていまして

それを上手にはめ込み、受枠を設置します。

途中、写真撮ってなかったのでいきなり完成。

ぴったりジャストサイズで納まりました。

一般品のコンベックはW600㎜ですので、既存の両袖収納をかさ上げして、台輪と新規の巾木をセット。

さらにその内側に新規の収納ユニットが納まって、ちょうどWサイズが1240㎜!!

高さも現況よりも80㎜程度高くなりましたので、使い勝手は良いと思います。

収納ユニットがW重ねになってしまって、いまいちかな~っと思っていましたが

それほどの違和感はありません。今回、既存のユニット扉の握り手等の交換をしませんでしたが

既存の扉も新規扉に合わせて交換すればさらにすっきりしますね。

 

S様、今回は色々ありましたがようやくお気に入りのユニットに巡り合えて

本当に良かったです。

長きにわたり、メールでのやりとりだけでここまでうまく納まりまして、本当に皆様に感謝致します。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソテツ 植えました。 I様... | トップ | S様邸 浴室改修工事に着手し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

リフォーム現場」カテゴリの最新記事