ひよぷーこ ちゅみちゅみ日記

ちょっと思いついた事を何となく書き記したいと思います。

5月26日の日記 (東京周辺をグルリとまわる)

2017-05-26 08:56:58 | 日記
17/5/26(金) 雨 29.3℃

先日、文鳥のヒナを迎えにいった。

バス、西武線を乗り継いで高田馬場駅へ。

JR乗り換え時に一旦退出しないとスッキリしない、Suicaの完璧なシステムがよく分かっていない二度手間にーちゃん。

久々の山手線。(比較的好きなのは地味な総武線)
車椅子等スペース近くの、邪魔にならない所で立っていたら、中国系の二人組の旅行者が、大型旅行バックをスペースに積み上げた。

無問題(もーまんたい)な気もするけど。


僕は景色目当てで運転席の方へと移動する。
正面にはスカイツリーが見え続ける。

途中で電車がしばらく停止する事態に。 ホームに出て上を通る新幹線を眺める。 目的の駅は目の前で、目視できる。

遅刻は確実と思われたが、早めに動き出した。

西日暮里駅の地下鉄ホームで、スマホ片手の日本語が上手な台湾人留学生(?)に、次の列車は##駅に行くかと尋ねられた。

湯あたり気味だった僕が懸命に路線図で確認をして伝えると、

やや滑稽に映ったのか?、ニコニコと笑いながら一礼される。

同じドアから乗車したが気を使い離れることに。

間違った案内だと国際問題になりかねないので?(スマホで即拡散?)、車内の掲示で再度確認する。多分大丈夫o(^o^)o


北千住に到着。丸井がデカイ!

裏通りから鳥屋さんへ向かう。お寺や古い建物が並ぶ静かな街並み。

途中、吊るされているカゴの中にいるオウムに何か言われたが、聞こえない振りをして先を急ぐことに。

今回はプラ容器にワラではなく、フゴ巣にキッチンペーパー(バックの中には匂いのよいワラをちりばめる)


店内での様子は割愛する。


帰り際に「インコちゃんいますか」とのお客とすれ違う。
なくてはならないお店だ(ほぼ聖地)

丸井の裏通りをヨイショヨイショとバックを抱えてちょこちょこ歩いている不審人物が防犯カメラに映っていると思うが、それが僕である。(保存期間が過ぎたら消してほしい)
ヨイショは僕お得意の、鳥に対する合いの手である。


常磐線直通地下鉄千代田線に乗る。
簡単な乗り継ぎで東北方面まで行けるらしい。

このまま二羽の鳥に運んでもらってロシアまで出掛けたい気分でもあったがヒナなので断念。

茨城にも程近い千葉方面へと突入。

途中駅でドアが開くと、「世界卓球×全仏テニス」の大きな駅広告が目に入る。
粋な計らいだと感謝する。

眺めているとそのドアから jk 4人組が現れる。

前の車椅子スペースに陣取り、やや緊張するにーちゃん。洗濯ばさみの付いた変なバック抱えてるし、湯あたり気味だし...


赤面してしまうきわどい会話も聞こえてきたりして...

僕が変なバックを抱えているのに、席をつめると隣に座ってきた心優しいjk達であった?(常に自意識過剰ぎみ)

新松戸に到着。ここからは貨物路線でもある武蔵野線。
地味な路線なので小鳥の運搬には最適なのだ。

水田を通過すると田んぼの甘い香りが車内に入ってくる。

冷風を気にして端に座ってしまったので、前には必ず人が座る。
前の女子大生が興味深そうに洗濯ばさみの付いたバックを眺めていた。

最終的には7年ぶりとなるタクシーでの堂々たるご帰還となりましたが、やや高揚感に欠けるにーちゃんと複数の周辺人物達でした。


また次回(月曜日)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月22日の日記 (文鳥) | トップ | 5月29日の日記 (今日は洗濯日和) »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。