ひよぷーこ ちゅみちゅみ日記

ちょっと思いついた事を何となく書き記したいと思います。

ひよブロ (ラジオを熱く語るウザいにーちゃん その②)

2016-10-31 08:37:33 | 日記
~16/10/31 (月) 曇り/晴れ 22.7℃ ~

前回からの続き... (間違いがあったら _(._.)_)

そもそも内村と伊集院との最初の接点は
ニッポン放送のオールナイトニッポン
(ANN)のはず... (1989年頃の話) 以下敬称略...

ウンナンのANNが金曜日深夜1時、伊集院のANNが
水曜日深夜3時から(1部が1時から、2部が3時から)

開始から1年半経った伊集院のANNが、突如金曜日の
2部へと移動する。

金曜日のウンナンのANN終了後3時から
伊集院のANNが始まることになる。

伊集院にとってはリスナー倍増、知名度アップ
へと繋がる配置転換だった。


[この後の伊集院くんのオールナイトもよろしく] と
内村お決まりの締めくくりでバトンタッチ。

ウンナンさんに一生ついて行く、
ある意味師匠と弟子の関係 とも言っていた伊集院...
(ネタ気味に)


金曜日に移動して半年後、突然伊集院のANNが
終了をむかえる。

自身がプロデュースしたアイドル [芳賀ゆい]との密会が
フライデー誌面に掲載され、
責任をとっての降板ということらしい。
(フライデーを巻き込んでのネタ)


ほぼ無名時代の伊集院がプロデュースをして
社会現象にもなった架空のアイドル[芳賀ゆい]。

サイン会が行われ、ポニーテールにサングラスといった
出で立ちの3人が長テーブルに付かされ、
ファンが [自分自身がこれだと思う芳賀ゆい]を選んで
サインを貰うというシステム。

架空のアイドルに決まった顔はなく
ファンの想像に委ねられていたが、
伊集院のアイドル像は固定されていたので 
3人の風貌に大した違いはなかった。


ちなみにポニーテールは伊集院のアイドル像の
絶対条件とのこと。
実際には二十歳を越えていると思われる3人に
こちらが[歯がゆさ]を覚えることはなく、
サングラス姿ということもあり正直言って怖かった。
(TV画面より)

このイベントをNHKが21時台のニュースで取り上げた。
(録画したような...?
始めて伊集院の姿を見る、かなりデカイ)

[芳賀ゆい現象とは?]と問われ、[お祭り]と答える伊集院



話をラジオに戻す...

(NHKはラジオ最終回も密着取材)

最終回生放送中にウンナンが訪問する。(26年前)
じょう舌でご機嫌な南原と比較的冷静な内村 
(テープに録音した)

YouTubeにあった→ 1990.9.28 伊集院光のオール
ナイトニッポン最終回 (2) (オススメではない)

聴いてみた...

[月~金の22時台(ラジオのゴールデンタイム)を
狙っているんじゃないの?] (鋭い南原)
[とっ とんでもない!!!] (3回繰り返す伊集院...)

偶然ここでラジオの受信電波の混信が強まる。
混信がひどくなった時 渾身の完全否定。


僕は[ANN1部]に移動のための降板と思っていた。


こうして伊集院はしばらくの間 表舞台から
姿を消すことになるのである。

それは華々しい幕開けの為の充電期間であった。
(本人は後に放電しっぱなしの半年間と言っている)

この頃までは伊集院とウンナンの関係は
一定のバランスが保たれていた..のだが...


まだ続きがあるけど、
ここまでで何か質問はあるかな?

それじゃ 次回は気分を変えて ひよぷーこの日常話を
(自転車パンク編)。

ラジオ話の続きはまた今度... と思ったが、
大筋は→ 伊集院が半年後に月~金の冠番組をスタート!
ウンナンがその中の箱番組(10分間)を担当。

それじゃ おもしろくなくて当然か?
伊集院の移動も終了も新番組開始の為に
周到に計画されたもので、

伊集院が大々的に世に出ることに
図らずもウンナンが一役買っていたのだから...

(そう考えると伊集院も[内村プロデュース]と
言えたりして?)

結局1年余りでウンナン降板、南原の方が常に
不満げだった。



長々書かずに数行で その③が完結した...


[はい、にーちゃんどうも...]


また次回(月曜日)だッピ...


おまけ...伊集院の手のひらで転がされる?ウンナン
















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよブロ (ラジオを熱く語る... | トップ | ひよブロ (ひよぷーこと パン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。