goo

五軒小屋谷登山道


▲ 足場をつくる地下足袋王子

今日も「地下足袋王子杯つるぎトレイルランニングレースin那賀2011」のコース整備と、コースの目印となる樹木テープを取り付けに行っていました。

当初のコース案は川の中を遡行するように考えていましたが、明日の雨で水量が少し増えると思いますので、川の右岸(上流に向かって左側)の少し上にある「五軒小屋谷登山道」を使用します。
この「五軒小屋谷登山道」は、以前に林業の人が使っていた道(車でも走っていたそうです)。
今や使われなくなり、それに加え土砂崩れなどでひどい状況になっていました。
現状だと滑落事故は必至ですので、今日は大会実行委員長の地下足袋王子自らがコース整備をしてくれました。
クワで足場を作っていってくれましたが、それでもやはり道は細いので、要注意で通行してください。


▲ いちばん足が濡れる場所

この登山道では2ケ所、沢を横切ります。
辺に靴を濡らさないように石の上を渡っていこうとすると、滑って転倒する可能性が高いので、その場所を安全に通過するのは、沢の中を歩くことです。
今日の雨が降っている最中で、片足を足首ぐらいまでの深さまでつければ渡れました。

最後の五軒小屋谷では、木沢の自然を満喫できる、ドラマチックなラストシーンになると思います。
このような場所に二度と行くことがない方もいらっしゃると思いますので、存分に楽しんでください!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« コース整備 準備も終盤 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。