goo

人生でいちばん石を投げた日


▲ オープンウォータースイム、スタート&ゴール地点。当日はこれくらいの潮位です

今日も竹ケ島でオープンウォータースイムの準備作業。
実行委員会のメンバーも、テントの設置等いろいろと作業をしてくれていました。
ライフガードも神奈川から、こちらに向かってくれており、いよいよといった感じです。

その準備作業が終わった後は、実行委員会の徳島県南部総合県民局のお二人と、レースのスタート&ゴール地点周辺の石を取り除くというシュールな作業。
選手の皆さんが、海の中にある石で足を切ったりしないように、また足が痛くないように、海の底に落ちている石を、みなさんが歩きそうなところから取り除きました。
潮が大きくひいているときであれば作業がしやすいのですが、時間の都合などもあり、今日は腰くらいの深さ。
3人で1時間30分、海の底の石を拾っては端のほうに投げ続けました。
だいぶん取り除きましたが、なんせ終わりがないような作業なので、砂浜にするのは難しいようです。
石には貝もほとんどついていないようですし、海水の透明度が高いので、レースの時は足元をよく確認しながら歩いてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「とくしま宍... 明日の「とく... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。