赤木飛輪 Hiwa Akagi Pianist

ピアニスト赤木飛輪のブログです。
A blog of Hiwa Akagi

大島莉紗さんと

2017-06-30 13:54:01 | スケジュール
紫陽花が花を咲かせる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。このたび、大島莉紗さんのCD発売記念演奏ツアー、福岡公演を開催する運びとなりました。
莉紗さんはイギリス繋がりの友人です。ユダヤ人ピアニスト、ショパンコンクール二位という輝かしい功績の私の恩師、故イリーナ・ザリツカヤ教授は、ロシアよりイスラエルへ亡命、その後メニューイン氏に推薦され、晩年を過ごされた国がイギリスです。ここで私がイリーナに師事しておりました。そのご主人様が同じくしてユダヤ人のヴァイオリニスト。彼に師事していたのが莉紗さんでした。
はじめて莉紗さんの演奏を拝聴しましたのは、スペインの音楽祭、私は桐朋の高校一年生、莉紗さんは桐朋を卒業されて留学中でした。演奏には衝撃を受けました。無伴奏のバッハの演奏でしたが、ヴァイオリン一つ、人間一人でこんなにも会場を異空間にできるのか、と圧倒されたのを今でも強烈に覚えております。
あの頃は、将来の音楽界の卵たちに囲まれ、私にとっては楽しくも、同時に刺激が多く自分の演奏はなんて貧弱なのだろう、と苦しい時間でもありました。めくらになりひたすら練習を繰り返しておりました。当時は日々自分の発する音に嘆いていましたが、今思うと最高に幸せな恵まれた時期であったように思います。あれから、もう20年ほど経ったいま、子育てのさなか、莉紗さんからのお声かけがあり、夢のようで!即、歓喜とともにお引き受けした次第です。莉紗さんが今回持って来た曲は、まるで、親愛なる故イリーナ・ザリツカヤ教授へ思いを忍ばせるようなロシアのものばかり。高校生当時、桐朋の図書館であさるようにバレエリュスの映像資料を探し、プーシキン詩集をいつも鞄に忍ばせて歩き回った女子高生でありました身、とても深い神様からいただいたご縁と思い、熱くなるものがありました。
さて、莉紗さんのニューリリースのCDは、名雑誌ザ・ストラッドより絶賛され、先日も領事館などでCDにちなんだ公演の依頼を受けています。BBCのクラシックラジオの放送を拝聴いたしましたが、莉紗さんは、サムライといわれていて、え???あの刀を振り回すサムライ?エレガンスの極みの莉紗さんがなぜ?? と耳を疑いましたが、どうやら、英国の彼らには信じがたいほどの清らかな、精神的な芸術を生み出す莉紗さんを、武士道となぞらえた模様でした。たしかに、ヴァイオリン一筋の魂が聞こえてくるような演奏をする莉紗さん・・・このような崇高な音楽は稀であると思います。そんな友人と一緒に今回舞台を作り上げますのは、私自身とても楽しみでなりません。
長くなりましたが、曲目についても少し述べたいと思います。ロミオとジュリエットのバイチ編は、有名なバレエシーンをふんだんに取り入れた華やかな作品になっております。プロコフィエフの捉えた独自のシンデレラの世界は、時に女性の見苦しい世界がユーモラスでありますが、曲はいつもヴェール越しに見るような、現実とはかけ離れた物語の世界です。イタリア組曲は、ペルゴレシ等の原作の良さを損なうことなく手がけられた美しい作品です。それに加え、ウィーンのワルツなども盛り込んだプログラムとなっております。
皆様にご清聴頂けましたら、そして会場でお目にかかれましたら幸いに存じます。            


大島莉紗ヴァイオリンリサイタル  大島莉紗(ヴァイオリン)  赤木飛輪(ピアノ)
2017年7月29日(土)  19:00開演(18:30開場) 全席自由3000円 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール
~チケットお問い合わせ先~
hiwaakagi.music☆gmail.com
 uikoakagi☆gmail.com (☆を@に変える)  
カンフェティチケットセンター 0120-240-540

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大島莉紗 Lisa Oshima, Violi... | トップ | リハ終了♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スケジュール」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。