My first diary

写真付きで日記やb趣味を書くならgooブログ

小鹿之死

2016-10-11 14:54:09 | 日記

小鹿之死

有個臨江人,打獵時意外地捉到一只小鹿,便抱回去喂養。一進大門,家裡的幾只狗就一擁而上,搖頭擺尾,流著涎水,恨不得把這只小鹿當即吃掉。小鹿嚇得緊緊把頭紮 有個臨江人,打獵時意外地捉到一只小鹿,便抱回去喂養。一進大門,家裡的幾只狗就一擁而上,搖頭擺尾,流著涎水,恨不得把這只小鹿當即吃掉。 小鹿嚇得緊緊把頭紮在主人懷裡,渾身不住地抖動。主人見勢不妙,趕緊把狗轟跑了。但這一來,卻引起主人的警惕。心想:如不想法讓它們彼此混熟、和睦相處,這小鹿非讓狗群吃Medilase Collagen 水光槍 賣盤推介掉不可! 從此以後,他每天抱著小鹿去和狗親近,暗示群狗:小鹿是主人的愛物,只可保護,不可妄生歹念。後來,逐漸放下鹿,眼瞅著讓它和群狗嬉戲。 開始,彼此還有些不大自然,沒幾天,就習慣了。又是相撲,又是追逐,小鹿玩得很是開心。這樣過了好多天,群狗一直小心謹慎地陪著小鹿玩耍,從沒敢欺侮它。 小鹿個子漸漸大了,它已經忘記自己是鹿,認為狗是自己的好朋友。於是它更加放肆地和狗打逗,甚至用後腿瑞狗的下巴、伸出舌頭舔狗的鼻子…… 狗聞到鹿肉的香氣,饞得舔嘴抹舌,很想嘗嘗鮮,因畏懼主人,只好把口水咽到肚裡。 小鹿有恃無恐,膽子越來越壯。一天,它一撒歡兒,竄到街上去了。見道旁有一群狗在搶骨頭,便連蹦帶跳地跑過去湊熱鬧,還故意撞了一條狗的後屁股。群狗一見,又惱又喜。心說:「看這獃頭獃腦的蠢貨,想是要作死了!」於是群狗蜂擁而上,連撕帶咬把個小鹿給吃了。 可憐糊塗的小鹿,直到斷氣,也不知自己怎麼會落到這個下場!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 背後中箭的死亡之謎  | トップ | 給自己一個懸崖 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。