風と月のつれづれ綴り

ルーンメッセンジャー風月の、ルーン占いや日々のアレコレ綴ってます。

バースリーディングしてみました1

2017-06-15 17:21:15 | ルーンの読み解き例
バースリーディングとは、自分とは何なのか、何を為すのか、長所や短所は、などなど、自分について占います。
風と月ではノルンの神託を使って占います。

出たルーンの正位置と逆位置の両方の意味を読むので、正逆は気にしません。
出てきた順番は、ちょっと気にします。


で、私の結果は、こうなりました。



もう苦笑しちゃいました。ルーンて意地悪ですね(笑)

せっかくなので一つ一つ見てみましょう。

「オセルです。意味は、故郷、土地、古いものです」

いいところは
「伝統を重んじる」
「家族、一族を大切にする」
「地に根付いている。浮ついていない」
「確かな財産」

悪いところは
「頑固」
「新しいことを受け入れられない」
「お局様的存在」
「しがらみから抜けられない」


自分、違うのになぁと思うところと、ああ、なるほど。と思うところとあります。
自分違うってところは、気が付いていない部分です。
ルーンを客観的に見ることが一番大事です。


実は私、宅地建物取引主任者試験を受けて、合格したことがあります。
土地に関係する何か、ですね。オセルの領域です。
仕事の都合で受験したのですが、合格した後にいろいろあって職場を退職してしまったので
免許にしませんでしたが、これを免許にしなさいよ、と言われてるみたいですね。
オセルさんは腰が重いので、なかなか行動に移せません。

私は家族の用事を優先します。
特に親の用事が最優先です。
これもオセルです。
親孝行と言えば聞こえがいいですが、親のしがらみから解放されない、というのも困ったものです。
基本的に、親から「あなたには無理」と言われたことには挑戦しないようにしてきました。
言いつけを無視してやってみると、不思議と失敗するのです。
「こうしないと失敗する、ああしないと失敗する」と言われまくった挙句に
「ほら見なさいだから失敗したでしょう」と言われてしまうので、やる気も失せちゃうってところもあったのですが、
早い話が面倒くさがりなんですよね。面倒ごとに巻き込まれるのが嫌で、何もやらなくなってしまう。
悪いところですね。
もちろん、親を大事にするのは良いことだと思いますよ。でも、それは親にもよるものだと私は思うのです。

私はとっても頑固です。
一度ダメだとなってしまったら、もう受け入れられません。
だから離婚になってしまったわけですが。
この結婚も、親の反対を押し切っての結婚だったわけで、それが失敗したわけですから、まあ、親の呪縛ってすごいものだと思います。
この呪縛もオセルのお仕事ですね。

普通にOLさんしてたとき、普通にお局様でしたね。
若い子が苦手で、できるだけ関わり合いになりたくなくて、仕事はほとんど教えませんでした。
自分でやった方が早いわ。って感じで。もちろん、相手が聞いて来たら教えるし、できなくてもイヤミを言ったりしませんでしたが、
とにかく、自分のペースを乱されるのが苦手で、もう、近寄らないでって感じでした。
古くからいる権力者、オセルを人に例えるとこんな人です。

さて今回はオセルでした。
次回はソーンさんですね。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のルーン | トップ | 今日のルーン »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。