お母さんとの想い出箱

OCNブログ人から引越ししました。
書きたいことはたくさんあるけど、時間がない…
でも、お母さんとの想い出は永遠

クラシックを聴いている今日この頃

2016-10-16 03:12:15 | 日記
お母さんは

クラシックが好きでしたね

ドボルザークやサラサーテやウェーバーが

お気に入りでしたね

その影響もあるのかな?

私も

今はK-POPが好きではまっている傍ら

癒される時間が欲しい時や

眠りに就く前は

好きなクラシックを編集したリストを再生しています

そして

お母さんとの想い出の曲を聴くと

スーッと心に沁みて

やっぱり泣いてしまいます

私が一番をお母さんを思い出すのは

『シューベルトのセレナーデ』です

この曲は私を小学生時代まで連れ戻し

まだ若かったお母さんと

お母さんなしでは生きていけないと思っていた気持ちを

思い出させてくれて

心だけ羽が生えて飛んで行けそうな気がします

私の原風景でもある直別の線路向こうの海へと続く野地

薄らと海霧がかかっている初秋の夕暮れ

家で飼っていた十姉妹や鳩たちを亡くし

命のはかなさやかけがえのなさを知っていた私が

大切なものを失いたくなくて

でも自然の前で人間も含めた生物が

いかに弱いものなのかと不安に思っていた頃です

私はシューベルトよりショパンが好きですが

それはお母さんが初めて買ってくれたレコードが

『少女のためのクラシック』という

色んな作曲家の曲を収録したもので

その中に『ショパンの幻想即興曲』が含まれていて

『仔犬のワルツ』とともに

レコードが擦り切れるほど繰り返し聞いた記憶があり

以来他のショパンの曲も愛しています

また

『フォーレのシチリアーノ』

『フランシスコ・タレガのアルハンブラの想い出』

これらもお母さんと聴いた記憶があり

お母さんを偲び私を癒してくれる曲のリストのなかに含まれています

リストを作った最初の頃は

聴きながら目尻から涙を流して眠ったものです

今は本当に心が癒され

お母さんにも生きているうちに

このリストをプレゼントしたかったと思います

あと書き添えないと叱られそうなので

パパが私に聴かせたがっていた曲は

『バラノフスカの乙女の祈り』で

オルゴールを買ってくれました

たぶん

この曲のイメージするような乙女になってほしかったのかな?

今はこの件に関しては「ごめんなさい」としか言えないですね…

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十五夜さん | トップ | ひら or たいら ?? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む