日月神示の研究と実践

ユダヤ・キリスト・イスラム・仏教・儒教を包含する啓示「日月神示」を、中矢伸一氏の著書に基づき研究し、実践するブログです。

ご飯を食べると痩せる不思議

2012-07-13 05:31:47 | 日月神示の実践

<米と糖尿病より>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

誤解の多い食事の内容


炭水化物は糖質とも呼ばれる。そのためであろうか、一般人
だけでなく糖尿病の専門家ですら、甘いもの(炭水化物)が糖
尿病の原因であると誤解している。炭水化物が増えると大量の
インスリンが必要になる、と思い違いをしているからである。
事実は逆で、炭水化物の多い食事を続けていると、インスリン
の効き目が高まるため、インスリンの分泌が少なくてすむ。高
炭水化物食はインスリンの分泌能の低い日本人には最適の食
事で、肥満を抑え、糖尿病を予防する。


×肉・牛乳や乳製品・卵を大量に摂取→インスリンの働き低下
○米などの穀物(炭水化物) →インスリンの働き上昇

日本人に糖尿病が増えたのは、肉・牛乳や乳製品・卵などか
らタンパク質や脂肪を大量に摂るようになったために、炭水化
物の摂取量が少なくなってしまったことに原因がある。炭水化物の摂取量が減ると、身体
のインスリン感受性が低下する。そのため、もっとインスリンを分泌せよと、身体は膵臓の
ランゲルハンス島にあるβ細胞に指令をだす。インスリンは体内に脂肪を貯めこむホルモン
のため、インスリンの分泌が増えると、内臓に脂肪が貯まって身体は肥満する。内臓脂肪に
よってインスリンの働きはさらに悪くなる(インスリン抵抗性)。身体はさらなるインスリ
ン分泌を要求する。β細胞はこの要求に応えようと必死に努力するが、やがて疲れ果ててダ
ウンしてしまう。これが糖尿病である。

日本人はもともとインスリンの分泌が少ない。日本人の膵臓のランゲルハンス島は小さ
く、さらにその数も少ない。日本人のインスリン分泌量は欧米人の1/2〜2/3 と言われてい
る。これは日本人が古来、インスリンをあまり必要としない穀物中心の食生活を送ってきた
生理的適応の結果である。だから、私たち日本人は,米と雑穀を中心とする食生活で生き延
びて来られたのだ。「ごはん(炭水化物)をたくさん食べればインスリンがたくさん要るの
ではないか」と誤解している人もいるだろう。真実はその反対で、炭水化物中心の食生活
ならインスリンは少量で足りるのだ。炭水化物をたくさん食べるとインスリンの働きがよ
くなるからである。だからこそ、日本人は1000年以上の長きにわたって、インスリン分泌
が少なくてもなんの不都合もなく過ごしてきたのだ。肉や脂肪をたくさん食べるようになる
と、必然的に炭水化物の摂取量が減少してインスリンの働きが悪くなる。そのため、インス
リンの必要量が増える。もともとインスリン分泌能の低い日本人が、多量の肉や脂肪を食べ
ていると、β細胞が身体のインスリン分泌要求に応じられなくなり、インスリンが相対的に
不足して、やがて糖尿病になってしまうのである。

現在の欧米人は基本的に肉食で炭水化物の摂取量が少ない。したがってインスリン分泌の
要求が高い。彼らのインスリン分泌能力は高いから、膵臓ランゲルハンス島はどんどんイン
スリンを分泌する。インスリンは脂肪を貯めこむ働きがあるので、インスリンが多くなると
肥る。腹まわりが180cmを肥えるかと思われる男女がアメリカにたくさんいるのは彼らが
肉や乳製品をたくさん食べるからだ。お腹に脂肪が貯まるとインスリンの働きがさらに悪く
なる。そこで膵臓のランゲルハンス島が頑張ってもっとインスリンを分泌するようになる。
これが高インスリン血症である。こうなると、インスリンは内臓脂肪を蓄積する性質がある
ため、ますます肥る。欧米の糖尿病患者の多くは肥満と高インスリン血症を経験している。
ところが、インスリン分泌能の低い日本人・アジア人は、肥満と高インスリン血症を経験す
ることなく簡単に糖尿病になってしまうのだ。

<転載終わり>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 この記事を読んだとき、やはりそうか!と膝を打ちました。2008年に日月神示に出合ってから、すぐに完全に肉食を止め(肉は元々嫌いなのでハムくらいしか食べませんでしたが)、五穀・野菜の食に変えました。7分づきの玄米を週に2回くらいで、あとは白米です。おかずは野菜の煮物や温野菜、サラダ、野菜炒め、鍋など。魚は食べていましたが、最近は魚もあまり美味しく感じない場合があります。なので、寿司も稲荷寿司が中心になってきました。嗜好が変わるのですね。あれだけ魚が好きで、伊豆に魚を食べに200回くらい東京から行ってたほどですが、今は食べに行く気になりません。ひふみ野菜が一番美味しいと感じています。こう言うと、原理主義っぽく聞こえるかも知れませんが、無理しているわけでもなく、自然とそうなるのです。努力とか根性など一切要りません。ひふみ邸のみんなも同じです。みんな痩せてきますね。同一の法則が働いているのだと思います。

 日月神示にあるような五穀・野菜の食生活を続け、3ヶ月くらい経つと、7Kg体重が落ちていました。完全に肉食は止めましたが、天ぷらや野菜フライは普通に食べてましたから、何故痩せるのかと自分でも不思議に思っていました。確かに肉食を止めたのと同時に、一時的にお酒も止めました。年間360日以上は飲んでましたから、夕飯はビールとつまみだけがほとんどで、ご飯は食べませんでした。ところが、日月神示以降は今まで夕飯にご飯など食べなかったのが、大盛りで2杯も食べるようになりました。ですからご飯の量が2倍以上増えたのに、体重は7Kg落ちました。その後お酒は復活したので、夕飯時にはビールの後、ご飯を普通盛りで2杯は今でも食べています。

 この体験から、炭水化物は痩せると直感しました。ですので、痩せたいならご飯を食べた方がいいと色々な人に言っていました。「ご飯ダイエット」と命名して、みんなに親切に教えてあげたのに、何逆のこと言ってんの?と、誰もがヘンな顔をしてました。誰でもご飯は太るを思っていますから、私の体験を話しても、誰も信じた人は居ませんでした。家内もそんなことあるはずないと言ってました。(家内はご飯もロクに食べないですが、体重は40kgもないので、そういう人も中にはいるのだと思いました。)

 痩せたい人は一度ご飯ダイエットをやったらいいと思います。これには2点注意が必要です。一つは肉食は止めること。もう1点はパンをあまり食べないことです。小麦粉なのでパンは良さそうなのですが、結構太ります。それだけです。あとは、ビールやワインを飲もうと、ご飯を3杯食べようと大丈夫です。天ぷらやフライもOkです。もちろん、限度はありますが(笑)。それと、1日2食です。私は元々年間360日飲んでたので、毎日朝は抜いていました。なので、若いころから1日2食でした(笑)。結果論ですが。

 若いころのズボンをはけるのはいいですよ。体型があまり変わらないのは衣服にコストがかからないので、経済的です。お腹まわりもすっきりするので、動き易いですし。4年前の最初の3ヶ月で7Kg減ってから、今までほとんど体重は変わりません。この体重が私にとってベストなのかも知れません。これは別に難しくないので、やってみるのもいいと思います。

 

 

・米と糖尿病

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
高インスリン血症 1000年 インスリン抵抗性
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« アメリカ全土にわたる鳥と蜂の減... | トップ | 旱魃と熱波で全米のトウモロコシ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む