ひつじ草の挑戦状

色んな思いを綴ってます。

母からのメッセージ

2017-05-31 | ~ 育児 ~
「ばぶぅ、ばぶぅ」
二月頃から赤ちゃんに返った二歳9カ月。
引き出しに仕舞ってある哺乳瓶を持ち出し、
「ママ、ミルク入れてェ」と言ってくる。
コップで飲めや!
哺乳瓶にミルクを入れて、
「チュー、チュー」
美味そうに吸う。
ただ、出にくいので、
哺乳瓶の口を、
フォークで刺し、
飲み口を広げた。

賢いな。
ただ、次使えんくなった…。

因みに娘は、
二歳2、3カ月まで母乳だったので、
あまり哺乳瓶を使用していない。

更に、
私、再び乳が出るようになった。
薄っすら水っぽい私の乳を
「チュー、チュー。美味しいィ」
と言って吸う。
まだ美味くないだろ?

次、
例の便秘症の件だが、
酷くなってしまった。

うんちの主治医に訊ねたところ、
「腸って、ストレスに弱いんですよ」と。
なるほど、
つまりは、
娘の腸内環境は、
私と直結している訳だ。

確かに、
断乳直後の便秘、
妊娠発覚直後の赤ちゃん返り。
納得だ。

納得は、した。
しかし、問題解決にはならない。
娘は便秘のままだ。
「うんちィ、ママぁ〜、お腹マッサージしてェ」
エンドレスマッサージ。
そして、うんちが出るまで愚図る。
ジジババも「house !!!」と締め出し、
パパに関しては「パパ、イビキ臭いッ」
追い出しにかかり、
ママと2人っきりのうんちタイムを作る。
しかし、
意味がわからん。
イビキは臭くないッ。
しかし、
「臭いッ」と言う言葉に反応した主人44歳、
「なぁ〜、俺、臭い?」
と、しつこく聞く。
もう〜〜
「臭いし、うざいんじゃッ」

長女の出産の時、
生命誕生の喜びを
ゆっくり、ゆっくりと味わっていたように思う。
ただ、出産時はかなりspeedy だった。

しかし、
今はそんな〝ゆとり〟がない。

あ、動いた。

膝の上に乗って寛ぐ長女に
押しつぶされ、
「さ…さぁちゃん、く、苦しい…って」
胎盤と姉に押し潰される次女。

妹の宿命か。
きっと、
産まれてから、
もっと、過酷だぞ。
(21歳の愛猫…蹴られ、
プラスチック製の愛刀で刺され、もう散々だ
)

妹よ。
姉に負けず、
逞しく生きよ。

母からは、
こう言うしか無い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しかった〜 | トップ | タブレットデビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

~ 育児 ~」カテゴリの最新記事