北信に舞う蝶たち

「信越自然郷」長野県北部を中心に撮影した蝶を紹介します。
(その他、冬は野鳥、星あり) ※写真の無断使用禁止

メジロ

2017年02月20日 | 鳥類

前回のブログの続き。

メジロは次の日もやってきました。

◇メジロ

しかし、昨日のエサは、大群で押し寄せたヒヨドリに綺麗に食べられてました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自宅前で野鳥

2017年02月17日 | 鳥類

前の記事にも書いたように、河川敷のように雪で一面覆われてしまった場所では、野鳥に会うことが難しくなってます。

自宅から15分くらいの場所に広く水田がある地域があるのですが、雪が解けて土が見えていると、ダイサギやコサギなど(たまには北帰行中のコハクチョウも)見ることができますが、ここにも何もいませんでした。

自宅前の木にはやはり土手の草の芽だか、種を啄みに来る野鳥もいつもより少ないですが、天気がいいといくつか飛んできてくれます。

◇イカル

毎年よく来てくれてます。

◇シロハラ

こちらは初です。

 

屋根の上に、近くの柿の木からヒヨドリかカラスあたりが、持ってきて落としたのでしょうか?

干し柿も混ざっているような・・・

そこにメジロやスズメが寄ってきました。

◇メジロ

 

メジロが来てくれたのは初めてです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1/29 雪が多すぎたのか、河川敷の野鳥はさっぱり

2017年02月06日 | 鳥類

1月中旬に降った雪は、気温が寒い時期もあり、しっかり残ってしまった。

一度に降ったせいか、草や藪を一切消してしまった。

野鳥がいないのもそのせいなのか。餌が雪に閉ざされていつもは土手で見るような種類も見ません。

 

積雪量も多かったので、スノーシューをはいて、Sさんと野鳥狙いにいったものの、やはり寂しい結果でした。

◇ホオジロ

 

◇ジョウビタキ

 

◇モズ(前日に撮影)

 

あまり、成果があがらないので、帰ろうとしたときに、近くの草(ススキ?)にコゲラが飛んできました。

結構寄っても逃げないので、この際だからとシャッターを切りました。

◇コゲラ

コゲラを撮ることができたのでまあまあの成果だった。

とにかく天気が良く、人が入っていないところを歩くのは気持ちいいです。

高社山の稜線もきれいでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第13回 チョウ類の保全を考える集い」

2017年01月26日 | チョウ類

 チョウや生物多様性の現状と保全に関するイベント、「チョウ類の保全を考える集い」を、今年も下記の要領で開催します。
 どなたでも参加できますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2017年2月11日(土) 10:30~17:45
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木)
         研修室416(センター棟4階)
プログラム:
10:00~    チョウ類の保全を考える集い 受付開始
10:30~10:45 開会 代表理事あいさつ 諸注意
10:45~11:50 外来種はなぜ悪いのか
          ~昆虫の世界に見る外来種の影響~
      「昆虫の世界で起こっている外来種問題」
        岸本年郎氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
      「アルゼンチンアリは何を起こしているのか」
        砂村栄力氏(アリ研究家)
11:50~13:00 昼食 (会員総会 11:50~12:30)
13:00~14:30 韓国におけるチョウの現状と保全
        金 聖秀(Kim, Sung-Soo)氏
  (Research Institute for East Asian Environment and Biology)
14:30~15:10  かつての自然の「豊かさ」
           ~チョウから描く環境の変化~
         高橋 昭氏(名古屋昆虫同好会)
15:10~15:40 休憩 30分 (協会ボランティア説明会)
15:40~16:30 チョウ類の保全活動報告
       「長野県飯山のオオルリシジミ」   
         福本匡志氏(北信濃の里山を保全活用する会)
       「オガサワラシジミの生息域外保全の取り組み」 
         石島明美・古川紗織氏(多摩動物公園)
16:30~17:45 保全協会の保全活動の状況と今後の方向性
        絶滅危惧種の保全
   (ツシマウラボシシジミ、ウスイロヒョウモンモドキほか)
        庭のチョウ類調査 ほか
17:45      閉会
18:00~20:00  懇親会
       ※懇親会場 カフェ・フレンズ センター棟2F 
                 TEL:03-3467-7203
参加申し込み:
 参加費:1,000円 
 関心のある方は、どなたでもご参加できます。
 事前の申込みは必要ありません。当日会場にお越しください。
 また、終了後、18:00から同施設内のレストランにて懇親会を開催します(会費3,500円)。
 懇親会に参加を希望される方は、必ず2月5日までに事前の申し込みをお願いいたします。
   申込み先:事務局 井上宛 
          Email: jbutterflyconservation@gmail.com

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北信濃の大雪はひと段落

2017年01月25日 | 鳥類

何年かに一度は、一気に豪雪となることがあります。

3年ほど前でしたか、同じように一気に積もったことがあり、交通が完全麻痺しました。

しかし、今年は「カミユキ」ではなかったようで、そこまで広範囲に影響はなかったです。

それでも、4日ほど連続で降られたせいで、写真撮影にも行けず、新しい写真がありません。

今回は豪雪前の写真になります。

行った場所はいつもの河川敷。

◇カワセミ

遠いですが、こういう場所にとまるとよくわかります。

 

◇コミミズク?

らしいのですが、そこそこピントがあったのはこれだけです。

朝、比較的早めに行った写真だったので、次も早めに行こうと思っていたら、豪雪でまだ行けてません。

 

いっしょにいた、Sさんが真剣に何かがいると撮ってました。

草の陰でほとんど見えなくて、同定すらできません。

しばらくすると、少し見えるところに姿を現した鳥がいます。

◇クイナ

どうも珍しいようです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加