北信に舞う蝶たち

「信越自然郷」長野県北部を中心に撮影した蝶を紹介します。
(その他、冬は野鳥、星あり) ※写真の無断使用禁止

ウスバシロチョウの飛翔とサカハチチョウ(春)

2017年06月14日 | チョウ類

ウスバシロチョウは、近年本当にエリアを広げていることがはっきりわかります。

そのせいか、低地で発生し、そこそこの高地でも発生するため、新鮮な個体を見つけるのも苦ではありません。

しかしここまで長く見られると本当のところ飽きが来ます。

◇ウスバシロチョウ

飛翔をメインで撮りました。

 

ほとんどの飛翔写真は追っかけることが多く後ろからのアングルになってしまいます。

 

 

と、いうことで今回はなるべく横から撮るべく飛んでくるコースに待ち伏せする感じです。

ウスバシロはそれほど速く通り過ぎないのでピントさえ合えばこっちのものです。

 

この2枚は出来過ぎのアングルでした。

 

◇サカハチチョウ

これも多くなりました。

春型は明るくていいですね。

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クモマツマキチョウ | トップ | 6月第一週(1) アオバセセリ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。