北信に舞う蝶たち

「信越自然郷」長野県北部を中心に撮影した蝶を紹介します。
(その他、冬は野鳥、星あり) ※写真の無断使用禁止

樹液に集まるウラギンシジミ

2016年10月17日 | チョウ類

ウラギンシジミはクズの藪に多くいて、あまり花には来ないというように記憶していました。

少し山に入ると、意外にもウラギンシジミが多くなります。

ただしここで見るのは♀(メス)だけだった。

過去にも同じ場所でウラギンシジミを撮っていたが、確かに♂(オス)は撮影してませんでした。

◆ウラギンシジミ

翅の尖って低温期型のような感じです。

この木(ミズナラ?)にやたら執着していて、4頭ほどこの木の周りを飛んでます。

よく見ると。

樹液を吸ってるようです。

樹液に集まるシジミチョウは初めて見ました。

この2頭も♀(メス)でした。

 

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋のチョウ | トップ | 志賀高原 星景写真 一ノ瀬 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。