北信に舞う蝶たち

「信越自然郷」長野県北部を中心に撮影した蝶を紹介します。
(その他、冬は野鳥、星あり) ※写真の無断使用禁止

夏のタテハチョウのつづき

2017年07月11日 | チョウ類

夏のタテハチョウの続きです。

ヒョウモン類もここまでは順調に発生してきています。

◇メスグロヒョウモン

オスだけですが、一番多く見るでしょうか。

これは、毎年同じ感じです。

 

◇ミドリヒョウモン

 

◇ウラギンヒョウモン

先月オオルリシジミを撮影に行った東信地区ではすでに出ていましたが、北信では、クモガタヒョウモン、ミドリヒョウモンの次くらいに見ることができます。

 

 

そろそろ、ウラギンスジヒョウモンの出現を待っています。

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏のタテハチョウ | トップ | 7月初旬 ゼフィルス類 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウラギンヒョウモンの白銀点! (ヒメオオ)
2017-07-15 07:16:41
白銀色に輝く「ウラギンヒョウモン」の
裏翅の白点綺麗ですね!
こちら埼玉県南部では見かけないチョウ
なのでウットリ眺めました。
Unknown (H.A.)
2017-07-19 08:57:12
ヒメオオさん
ありがとうございます。
ウラギンヒョウモン、これから高原では、定番となるチョウですね。
「ヤマ」「サト」違いもあり面白い種類だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。