北信に舞う蝶たち

「信越自然郷」長野県北部を中心に撮影した蝶を紹介します。
(その他、冬は野鳥、星あり) ※写真の無断使用禁止

アカタテハなどの越冬蝶

2017年04月19日 | チョウ類

かなり暖かくなってきましたが、昨年の今頃のようにギフチョウは飛びません。

なんせ、発生地にはまだ1m超の積雪があり、入っていけません。

当然まだ発生していないと思われますが、ここにきて異常なほどの気温の高い日が続きましたので、週末あたりでももしかしたら・・・とチェックはしたほうがよさそうです。

と、いうわけでまだまだ越冬蝶が多いです。

◇アカタテハ

これは、越冬したとは思えない新鮮さです。

翅の欠けも色あせも見当たりません。羽化直に越冬したものかもしれません。

 

あまりすぐに遠くに行かなかったので飛翔も撮ってみましたが、望遠レンズの飛翔は慣れないと難しいです。

 

◇キタテハ

やっぱり数は一番です。

 

◇テングチョウ

他には新生蝶が数種出ていましたが、それは、次回に。

まだまだ昨年に比べれば相当遅く、例年に比べても遅れているようです。

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4/2 コチドリ | トップ | 近所で猛禽 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。