北信に舞う蝶たち

「信越自然郷」長野県北部を中心に撮影した蝶を紹介します。
(その他、冬は野鳥、星あり) ※写真の無断使用禁止

ソバ畑にて

2016年09月19日 | チョウ類

毎年、蕎麦の花のお祭りが行われている場所で、チョウの観察をしてみた。

 

やはり、タテハ類が少ない。

ヒョウモンも数が少ないので、全体的にチョウが少ないようです。

◆イチモンジセセリ

 

◆ミドリヒョウモン

 

そばの花は写ってませんが・・・

ヒョウモンも他には、ウラギンヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンだけしか見ることができなかった。

 

唯一見たタテハは、

◆アカタテハ

 

数が多かったのはモンキチョウ。

周りがシロツメクサが多いので、そのせいだと思います。

◆モンキチョウ

 

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウラギンシジミとキタテハ | トップ | 8/31 台風(10号)一過で素... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ツマグロヒョウモンくらい (ヒメオオ)
2016-09-22 18:37:51
こちら埼玉県南部の低地では、
ヒョウモンチョウの仲間というと
ツマグロヒョウモンくらいで、
時々ミドリヒョウモンに逢えるくらいです。
ウラギンヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモン
にも出逢えるとは素晴らしい場所ですね!
Unknown (H.A.)
2016-09-26 12:29:54
ヒメオオさん
ありがとうございます。
ツマグロヒョウモンは最近当地では見かけなくなりました。
ただ、隣の市までは毎年見られるので、偶然あと200~300mほどの標高を上がってきてないだけだと思います。
いずれにしても、今年もヒョウモン類は少ないですね。
タテハ全般に、ここ数年不作が続いています。

コメントを投稿