身体感覚の目覚め。

スポーツと武術の身体はどう違う?武術を9年やってきて分かった、身体感覚の秘密。

息と呼吸

2016-12-16 19:32:45 | ■呼吸力
●息と呼吸

呼吸法と息をすることは、同じようで違う。

呼吸法は、ある意図を持って意識的に呼吸を操作する。

だから、生き物としてのいのちの動きとは異なってくる。

息は、皮膚呼吸も含めた無自覚な呼吸であって、身体の外と内を繋ぐ役割をしている。

そして、いのちの動きには絶対的に必要なものでもある。

呼吸法で身につけたいのは、主に身体の操作法とその感覚であり、目的に沿ったモノでないと身体を毀してしまう。

息は吸ったり吐いたり自然に出来てしまう事であり、浅くしか出来ていなかったり深くなっていたりする。

息の状態を確認するために、整体では特殊な呼吸法で息の状態を確かめたりもする。

まずは、自然にしている息が何処でしている息か?に気が付き自覚することが大切だと思う。




整体のメニュー料金

今日の記事にピンと来た方は、ご質問だけでも構いません。
お気軽に問い合わせてみてください。

お問合わせ(メールフォームをご活用ください)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

★仙台 優しく身体を癒やす掌の整体
ホームページ http://suina.tejas.co.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整体の効果は背骨の触れ方で決まる!?

2016-12-13 12:05:17 |   ∟背骨の意識
●整体の効果は背骨の触れ方で決まる!?

久々の投稿デス。

背骨の意識は武術でも重要だけど、それ以上に大事な意味を持つ。

それは身体や心や社会との関係性や人間関係まで、全てが背骨に現れていると言っても良いくらいに。

だから整体では、背骨を必ず観ます。

必ず一度は触れます。

決して、ズレテいるからと言ってそれをボキっと直したりはしません。

なぜか?

背骨が動くのには、いのちの活動として大切な意味があるからです。

右に背骨のある骨がズレテいたとします。

右にズレる(転位する)のは、外側に存在する要因で動いています。

言い換えれば、外側の環境に対応するための身体の動きを現わしているのです。

それは、身体といういのちの働きです。

それを、ボキっと直すことはどういう事になるのか?

身体は、外的な環境に対応するために取ろうとした必要な動きを、止められるのです。

ボキっと直しても、見事に元に戻るのが身体。

行きたい方向に行かせることも大切なのです。

だから、手助けする触れ方が出来ると、身体はチカラを得て行きます。



整体のメニュー料金

今日の記事にピンと来た方は、ご質問だけでも構いません。
お気軽に問い合わせてみてください。

お問合わせ(メールフォームをご活用ください)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

★仙台 優しく身体を癒やす掌の整体
ホームページ http://suina.tejas.co.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつから書いていないのか

2016-10-26 16:27:15 | その他
●いつから書いていないのか

とても久しぶりなこのブログ。

久々に書き込みです。

武術の稽古も続けていましたが、道場にはなかなか足を運べず。

その分、整体なの活動にチカラを入れていました。

当ブログは、閉鎖も考えていました。

放置しているブログは、過去の産物だし、アクセス数もだいぶ減っていたので。

それでも今日、投稿したのは、整体活動に関連してワークショップの企画をお知らせするためです。

題して、「身体感覚の目覚めワークショップ」

文字通り、身体感覚をテーマにしたワークショップです。

武術的な要素もありますが、どちらかというと整体的な身体の感覚を伝えながら、日々の健康やあらゆる場面での身体の使い方を見つけていくためのワークショップです。

整体は、押したり揉んだりするものではありません。

筋骨そのものだけでなく、身体の無自覚な感覚を見つけて伝え、身体と心の扱い方を自分で知っていくためのもの。

そのような感覚は誰でも持っているが、気が付かないし現代生活では養うのが難しい。

そんなか細き感覚を見つけて養えるようにしていきたいのです。

現在、TSS(掌の整体セッション)のホームページを作成中です。

この中で、身体感覚の目覚めワークショップを準備していきます。



作成中ですが、ホームページを公開しています。
仙台市 身体と心の調和で活き活きと生きるチカラを得る
「掌の整体セッション」




整体のメニュー料金

今日の記事にピンと来た方は、ご質問だけでも構いません。
お気軽に問い合わせてみてください。

お問合わせ(メールフォームをご活用ください)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

★仙台 優しく身体を癒やす掌の整体
ホームページ http://suina.tejas.co.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武器を扱うにも後ろの手

2016-08-01 17:00:25 |   ∟武術
●武器を扱うにも後ろの手

久々に棒術の型稽古をやった。

その型は、もしかしたら数年ぶり?位にご無沙汰ですっかり忘れかけていたけど。

やっているうちに、少しずつ思い出してきた。

棒って長さがあると有利に感じるけど、実際には強烈な木刀打ちに弾かれたり、懐に入られると弱点になる。

でもそれは、身体の使い様で対処出来る。

木刀で、強く当たられても弾かれない強さは、後ろ手に秘密が。

説明を受けると、素手の稽古でなぜそういう場所に手があるのか?

その意味が分かってくる。

本当に、武術ってよくできているなぁ!とあらためて感心。

武器術の難点は、練習場所の確保が難しいこと。

公園で、長モノ持って稽古するわけにも行かないですからね・・・(^^;



整体ホームページです。興味あればどうぞ。
掌の整体 仙台整体処

Facebookページです。整体や手当てを通じて想う事を投稿してます。
掌の整体師フェイスブックページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

套路の向き、角度と身体感覚

2016-07-28 16:27:30 |   ∟稽古記録
●套路の向き、角度と身体感覚

武術の套路って、なぜ方向動くが決まっていたり、踏み出す位置や手の位置を細かく指導されるのか??

何となくは分かっていたつもりだったけど、先日の審査会ではその認識がまだまだと言うことをハッキリと自覚した。

今日の稽古では、動く方向、角度、手の位置・・・を覚えている限り思い出しながら、動いてみた。

陳式の老架一路ではその体感の差は歴然。

狭い場所で、壁に当たらないように稽古を続けるうちに、套路が狂ってきたんだなぁと気がつく。

少し身体の向きや踏み出す位置が変わっただけで、身体感覚が別物になる。

套路には武術の叡智が込められて居るんだなぁと、改めて関心した。



整体ホームページです。興味あればどうぞ。
掌の整体 仙台整体処

Facebookページです。整体や手当てを通じて想う事を投稿してます。
掌の整体師フェイスブックページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加